2022/10/20

KDDIが伝える「不確実な時代を生きる力」

KDDIは、教育や人材育成の支援といった観点で地方創生活動に取り組み、地域が抱える課題解決を進めてきた。

長野県上田高校の授業風景

その取り組みの1つとして、KDDI社員による授業を長野県上田高等学校で実施している。
講師として教壇に立つのはKDDI地方創生推進部の横幕秀明。2020年度は「デザイン思考」、2021年度は「課題研究」をテーマとして企業における課題解決の経験を踏まえた授業を実施。

長野県上田高校の授業風景

授業を受けた生徒は「ヒントをもとに自分で考えを導き出すことが大事だと思った」と感想を語った。それだけでなく、「新しい視点や考え方を、これからの学校教育に活かしていきたい」と生徒だけでなく教師のみなさんにとっても刺激になっているようだ。

探究型学習で得た学びを、不確実な時代を生きるための力に

一般の教科学習とは異なるアプローチで探究型の学びを提供する、KDDIと長野県上田高等学校上田高校による取り組み。講師を務めるKDDIの地方創生推進部 横幕秀明はどのような思いで子どもたちと向き合っているのか。

KDDI 地方創生推進部 横幕秀明

「KDDIはこれまでの企業活動のなかでさまざまな課題解決に取り組み続けてきました。私自身も30年におよぶ会社員生活で積み重ねてきた知見や経験があります。その考え方やプロセスを、高校生にもわかる文脈で伝えていきたい。そして生徒のみなさんには、課題研究という探究型学習で得た学びを、不確実な時代を生きるための力につなげてほしい。そう願っています」

KDDIは “人づくり”を通して、地域の持続的な発展に貢献

長野県上田高校の授業風景

地域の持続的発展のために重要なのは、一過性ではなく継続的に取り組むこと。そして、あくまでも地域が主役であること。そのためには地域に根差して活動する“人”が欠かせない。地域の課題解決を主体的にリードする“人づくり”を中長期的な視点でお手伝いしていきたい。
これからもKDDIは、地域の持続的な発展に貢献するため、人材育成の支援を各地で続けていく。

※この記事は2021年11月15日の記事(https://time-space.kddi.com/au-kddi/20211115/3208)を再編集したものです。

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。