2020/03/12

特撮ヒーローっぽいau「TORQUE G04」で変身アイテムをつくってみよう

  • 639
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TORQUEの見た目や着信音が特撮ヒーローの変身アイテムっぽい——そんな噂がTwitterなどで流れている。

TORQUEといえば、落下や衝撃など米国国防総省が定める耐久試験に準拠した比類なき耐久性が特徴。スマホやケータイになによりも耐久性を求めるユーザーから熱烈な支持を受けている“最強スマホ”だ。

TORQUE G04

こちらはシリーズ最新の「TORQUE G04」。タフネスを象徴するかのような、ゴツくて無骨なデザインだ。特撮ヒーローっぽいと言われれば、たしかにそうかもしれない。

横にしてみると……

TORQUE G04

なるほど、横にしたほうが、特撮ヒーローっぽさが強調される気もする。腰のあたりに装着する変身アイテムのように見えなくもない。

ちなみに、着信音はというと……

なかなかの迫力。特撮ヒーローの変身シーンで流れそうなメロディである。

噂の真相を確かめに、TORQUEの開発拠点へ

では、実際のところはどうなのだろうか? TORQUEの開発拠点である京セラを訪れ、担当者に話を聞いてみることにした。

京セラのTORQUE開発陣 京セラのTORQUE開発陣。左から、森 孝裕さん/デザイン担当、深沢太郎さん/GUI担当、久世悦子さん/カラー・マテリアル担当、辻岡正典さん/商品企画担当

——「TORQUE G04や先代モデルTORQUE G03の見た目や音が特撮ヒーローの変身アイテムっぽい」という噂が流れています。

辻岡さん「そうなんですか?(笑)」

——むむ……では単刀直入に聞きますが、開発において特撮ヒーローを意識したのでしょうか? していますよね?

森さん「いやー、まったく意識していませんでした(キッパリ)。」

——そうですか……話を変えましょう。TORQUEの音やデザインがどうやってできあがったのか、詳しく教えてもらえますか。

辻岡さん「TORQUEは世界観をとても大切にしたスマホなんです。音やデザインに関しても、「躍動感」や「堅牢性」といったこのモデルの特徴を表現することを意識して制作しました。

まず音に関しては、TORQUE G02まではAndroidの既成音を使っていましたが、 TORQUE G03からTORQUE専用の音をつくりました。TORQUE G04でも同様の音を使用しています。

音の設定画面を見てみてください。大文字と小文字の組み合わせの音はAndroidの既成音ですが、 大文字のみの音はTORQUE専用につくった音です。

TORQUE G04の着信音設定
TORQUE G04のアラーム音設定

——すべて大文字がTORQUE専用の音だったとは、初めて知りました! ちなみに、音はどういうプロセスでつくられるんですか?

辻岡さん「社外のプロの方に制作をお願いしています。こちらのイメージを伝えて、それを着信音やアラーム音にしてもらいました。」

デザインコンセプトは「ダイナミズム」

——デザインに関してはいかがでしょうか?

森さん「TORQUE G03までは質実剛健さを突き詰めたデザインでしたが、TORQUE G04ではそこからさらに一歩踏み込みました。TORQUE G04のデザインのコンセプトは「ダイナミズム」。お使いいただくユーザーさんの気持ちを盛り上げることを意識して、躍動感のあるデザインに仕上げました。」

上がTORQUE G03、下がTORQUE G04 上がTORQUE G03、下がTORQUE G04

——TORQUE G03が丸みを帯びたデザインなのに対して、TORQUE G04は直線的なデザインですね。

森さん「直線を入れて多面的なデザインにすることで、表情に変化をつけました。光の当たり方によって見え方も変わります。」

——TORQUE G03が上下非対称であるのに対して、TORQUE G04は上下対称になっていますね。

森さん「TORQUE G04では新たにステレオスピーカーを搭載したのですが、キャンプなどのシーンでアウトドアスピーカーとしてお使いいただくことを想定して、横にしたときに映える左右対称のかたちにしました。」

TORQUE G04のステレオスピーカー

——カラーに関してはいかがですか?

久世さん「TORQUEが5周年ということで、初代のTORQUE G01から継続して展開している赤色には特にこだわりました。」

歴代TORQUEシリーズの赤色

——こうして歴代TORQUEの赤色を並べてみても、パッと見では違いがわからないのですが……。

久世さん「実はTORQUE G04の赤色に関しては、これまでとは違った見え方にしたいという思いから、下地に金色の塗装を吹いています。」

TORQUE G04の赤色のカラーサンプル TORQUE G04の赤色のカラーサンプル。下地に金色を吹いていることがわかる

——下地に金色? それはなんのためですか?

久世さん「下地に金色を吹くことで、より深みのある赤色に仕上がるんです。コンセプトは、マグマの力強さを表現すること。マグマって赤いですが、もっとも熱い中央部分は黄色ですよね。今回表現したかったのは、まさにそれです。」

——音やデザイン以外で特にこだわったポイントは?

深沢さん「TORQUE G04では英数字のフォントを一新しています。TORQUEのアイコンでもある四つ角のバンパーの形状から着想を得て、カドを落とした特別なフォントを新たに作成しました。

また、トップ画面やメニュー画面などのグラフィックも大幅に変更しています。TORQUE G03まではメタリックなテイストのデザインでしたが、TORQUE G04では昨今のトレンドを意識して、ストリート感のあるスポーティなデザインに仕上げました。」

TORQUE G04とTORQUE G03 左がTORQUE G04、右がTORQUE G03

フォントやグラフィックを変更することで、TORQUEの世界観をより強いものにするとともに、アウトドアフィールドにおける視認性の向上も図っています。

——なるほど。いろいろとお話を伺っていると、TORQUEは耐久性にとことんこだわった個性的なスマホであるとともに、音やデザインも含め、世界観をとても大切にしたスマホなんですね。

辻岡さん「まさしくそのとおりです。もしかしたらそういったコンセプトが特撮ヒーローの世界観と自然に一致しているのかもしれませんね。」

——自然に、ですか……。では最後に聞きます。辻岡さんは、特撮ヒーローものはお好きですか?

辻岡さん「もちろん、大好きですよ!(笑)」


京セラさん、ヒーローっぽいアレ、つくりませんか?

パワフルな着信音、こだわりのカラーリング、ダイナミックなデザイン、そしてちょっとやそっとではビクともしない堅牢なボディ……。開発に携わった当人たちが意識していたかどうかにかかわらず、TORQUE G04はやはりどこからどう見ても特撮ヒーローっぽい。このスマホをアレンジして、真のヒーローになれる変身アイテムをつくったら面白いのではないか? となると、やっぱり、腰に巻くベルトがいいかも……? そんな妄想がムクムクと浮かんでくる。

というわけで後日、京セラのTORQUE開発陣に「TORQUE G04で、ベルトつくってみようと思うんですがどうでしょうか?!」とダメ元で相談してみたところ、「いいですね!」まさかの二つ返事でOK。トントン拍子で話が進んでしまった。言ってみるものである。

早速、「こんな感じのベルトがあったらいいな」というラフ画を製作。

TORQUE G04用ベルトのラフ画

できあがったラフ画を持って、スマホのアクセサリーを手がける工房へ。職人さんと打ち合わせしながら、ラフ画をもとに試作品をつくってもらう。

TORQUE G04用ベルトの工房
TORQUE G04用ベルトの工房
TORQUE G04用ベルトの試作品

おお、妄想がどんどんかたちになってきた……!!

さてさて、いったいどんなものができあがるのか? 製作の過程などの続報は後日、TIME & SPACEにてレポート予定。乞うご期待!

文:TIME & SPACE編集部

撮影:有坂政晴(STUH)

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 639
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん