2019/02/20

Galaxy、Xperia、AQUOS 最新スマホで初心者が「自撮り写真展」を開催してみた

  • 390
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
敷き詰められた花の前で自撮りをする地主恵亮

写真展というものがある。プロのカメラマンや、写真を趣味としている人が、テーマを決めて長い時間をかけて撮った写真を美術館やギャラリーに展示するものだ。多くは一眼レフカメラで撮影している。

そんな写真展をやってみたい。人生にレベルというものがあるとして、個人で写真展を開催したとなれば、間違いなくレベルアップするのだ。ただし、カメラの知識も長年撮っているテーマもない。だけど、写真展を開催することにした。

写真展への憧れ

写真展への憧れを大学時代から持っていた。私は美大を卒業していて、同級生は学生時代から写真展をやっていた。また、授業の一環で「写真界の芥川賞」とも称される「木村伊兵衛写真賞」の受賞作品展などにも行った。やはり写真展はカッコいいのだ。私もやりたくてたまらなかった。

大学の門の前でポーズをとるライターの地主恵亮 10年以上前に私が通っていた大学

ポイントは写真展をしたいということであり、繰り返しになるが、私に写真の知識はない。技術もない。長年撮りためている写真も当然なければ、テーマにしているものもあるわけない。ただただ写真展をしたいだけなのだ、カッコいいから。「こんな写真を撮りたい」とかないのだ。もっとも腕がないから撮れないけど。

という話をTIME&SPACEの担当者に相談したところ、「いいよ」と言われた。めちゃくちゃ理解がある。理解の塊だ。普通は怒ると思うの。「その写真展の動機はなんだ!」と。

しかし、そんなことはなく、「このスマホで撮れば、基本、誰でもうまく撮れるから」とスマホを貸してくれた。私に写真の知識はないので、むしろそういうカメラを求めていた。あざーす!

3つのスマートフォンを持ってこちらに見せてくる地主 ということで、このスマホたちで撮ります!!!
Galaxy Note9のWEBページのスクリーンショット お借りしたのは、(Galaxy Note9)
 Xperia XZ3のWEBページのスクリーンショット このスマホたち、(Xperia XZ3)
AQUOS sense2のWEBページのスクリーンショット 3台!(AQUOS sense2)

スマホまかせの撮影

たとえば、一眼レフにはシャッタースピード、絞り、ISO、ホワイトバランスなどがあり、状況にあったベストの設定が必要だ。さらにRAWデータで撮って、それをAdobeのLightroomなどのソフトで現像する必要があるらしいのだけれど、そんなことはわからない。そこでスマホなのだ

宇宙船を模したスタジオ内でハッピでポーズをとる地主 たとえばこの写真、
「素敵な宇宙船、そろってます」 撮影:Xperia XZ3
上記写真のXperia XZ3撮影画面のスクリーンショット 本当は、逆光なんです!

この状況はなんなんだ、というのは置いといて、これは逆光である。光を背負った人にカメラを向けると人物が暗くなるのだけれど、「Xperia XZ3」には「プレミアムおまかせオート」という機能があり、被写体や環境に応じて、最適な設定を自動で賢く選択してくれる。つまり、誰でもきれいに写せるのだ。

Xperia XZ3カメラ機能のシーン・コンディション一覧 逆光も問題なし! 便利よね!

今回は写真展のために、ある程度の枚数を撮影しなければならない。そこで、ひとつの建物にいくつものシチュエーションがあるスタジオで撮影している。ここでスマホを使って、写真展的な素晴らしい写真を撮るのだ。

ステージの前で、腕を組みながらスマホで自撮りをする地主 お次はこちら!

プロデューサーを意識した写真を「Galaxy Note9」で撮った。花や食事など、20種類にわたるシーンを自動で認識してくれる。さらに「ライブフォーカス」というものがあり、かなりきれいな背景ボケを与えてくれる

腕を組んでカメラ目線の地主 いい写真だよね!
「人生に正しい道はない」 撮影:Galaxy Note9

ライブフォーカスはボケを与えてくれる「接写」と「広角」を同時に撮ってくれる。これはかなり便利だ。広い画角の画もほしいときがあるので、一度に撮れちゃうのは便利。一眼ではたぶんできないことだ。両方を確認できるのもいい。

Galaxy Note9で、接写と広角を切り替える様子 この切り替えも面白いよね!

電車内を模したスタジオにて、次の写真を「AQUOS sense2」で撮った。料理や夕景など、撮影するシーンにぴったりのモードをAIが自動でセレクトしてくれる。やっぱり勝手にいい写真を撮ってくれるのだ。写真のハードルはどんどん下がっている

 AQUOS sense2カメラ機能内にあるガイド線選択画面のスクリーンショット しかも、ガイド線もあるの!

写真は画質なども大切だけど、構図も大切。それをさまざまなガイド線で補助してくれる。料理に適したガイド線や、複数の要素を安定的に配置できる黄金分割交点、黄金比を取り入れたバランスよい配置のフィボナッチなどを、選ぶことができる。

 フィナボッチのガイド線を使って実際に撮影しているスクリーンショット 便利!
 電車を模したスタジオにてカメラ目線で映る地主 ええ写真や!
「未来への通勤快速がまいります」 撮影:AQUOS sense2

このような感じで3台のスマホを駆使して撮影した。知ってはいたけどスマホ、優秀。勝手にやってくれるのが素晴らしい。私は写真展がしたいだけなので、写真がきれいでさえあればいい。ジャーナリズムを感じる写真とかを撮りたいわけではないのだ

 ベッドの上でワイシャツ1枚のみを着用した写真を自撮りする地主 その後も、
 井戸のセットから出てきて写真を自撮りするロンゲの地主 写真を、
 手を差し出すポーズをとりながら、扇風機を当てて写真を自撮りするロンゲの地主 撮り続けました!

10時から20時まで休憩なしでスマホで撮り続けた。写真は順調にきれいだ。3台とも暗部もきれいに写る。「Xperia XZ3」はスマイルシャッターがあったり、「Galaxy Note9」は「撮影」や「チーズ」と呼びかければシャッターを切ってくれたり、自撮りがスムーズだった

 時計を模した照明をバックにバスローブを着た地主 暗部も奇麗!
「タイムイズマネー〜時は金なり〜」 撮影:Galaxy Note9
 彼の家に泊まりにきて、彼の大きいYシャツを借りて着ている彼女風の地主 艶かしさがある!
「小さな喜び、大きなワイシャツ」 撮影:Xperia XZ3
 花壁の前に立ち、Yシャツのボタンを開けてこちらを見るセクシーな地主 色鮮やかだよね!
「働きざかりの君たちへ」 撮影:AQUOS sense2

「写真の世界観がよくわからない」という意見は、今回は無視だ。あくまできれいさだけを見ていただきたい。スマホの大きな画面ですぐに確認できて、それも便利だ。10時間も撮影したけれど、これで写真展ができるのなら効率が良すぎるくらいだ

 恋愛カウンセラー風の地主 いい写真だらけでした!
「愛することを恐れないで」 撮影:Galaxy Note9

フォトブックを作る

撮影を終えて、写真展へ向けての準備は次のステップへと進んだ。会場は渋谷のギャラリーを押さえたので、飾る写真と図録の準備だ。飾る写真は、撮った写真からモデル(私)の表情がいいものを選び、プリント会社にお願いした。A4より大きいA3でプリントしたいので、私の家のプリンターではできないのだ。

室内でスマートフォンをいじる地主 そして、図録です!

美術展などに行くと、展示されているものが一冊の本になった図録というものが売られている。それを作りたいと思う。ちょうどauのサービスにフォトブックを作れるものがあるので、今回はそれを使う。全部スマホで完結するので、簡単で楽ちんだ。

データお預かりサービスのアイコンをタップする様子 データお預かりサービスに、
データお預かりサービス画面のトップを表示させたスマートフォン 写真をアップしておくと、
アプリ上でフォトブックにて採用する写真が選択されている画面 フォトブックを、
フォトブックアプリのプレビュー画面 作ることができます!(1冊580円 税込・送料無料)

フォトブックはB6サイズの24ページ。タイトルや奥付もつけてくれるので本格的。1冊から頼めるのがいい。今回は自腹で50冊も作ったけど。1冊ずつ折れ曲がったりしないようにパッケージされていた。簡単に作れるけど、写真ごとのタイトルに3時間半も悩んだので、かなり時間がかかった力作だ

オレンジの包材で大量のフォトブックが到着した様子 高級感があるし、
封を開けてフォトブックを出した様子 印刷もきれい!
出来上がったフォトブックのページを開いている様子 かなりの出来よ!

緊張の当日です!

プリント会社から届いた写真をパネルに貼ったり、写真タイトルの名札を作ったりして、いよいよ当日を迎えた。プリントはきれいだった。スマホで撮ったとは思えない。A3というA4の倍の大きさにプリントしたのに、めちゃくちゃきれいなのだ

会場の広さに戸惑う地主 会場の、
写真パネルを張り付けて展示している地主 準備をして、
写真展の準備が完了し、光の当たらない場所に地主がぽつんといる様子 いよいよ写真展です!

会場はなかなかに広い。渋谷の駅から5分という好立地だけれど、センター街とは逆に位置しているので、人が来てくれるのか心配だ。写真展を開催できた時点で私の人生レベルはアップしたけれど、人は来てほしい。来てほしいじゃない!

写真展の告知をしている地主のTwitterのキャプチャ 告知はしたけど、人が来るか心配!
初日の写真展でお客さんがにぎわっている様子 その結果、
2日目の写真展でお客さんがにぎわっている様子 たくさんの人が来てくれました!!!

結果的に2日間で約150人のお客さんが来てくれた。目標が100人で、自分のなかでは30人くらいだと思っていたので、涙が出そうなほど嬉しかった。そして、写真が好評だったのも嬉しい。きれいと写真を褒めてくれるのだ。「展示されている写真の世界観は謎」と言われたけれど。

写真展で展示された作品「差し出される手は敵か味方か」 本当にきれいなのよ!
「差し出される手は敵か味方か」 撮影:AQUOS sense2

今回の写真はすべて撮って出しなので、撮った後に明るくしたりなど、一切写真をいじっていない。撮った写真をそのままプリントしただけなのに、この美しさ。お客さんも口々に「スマホなの?」と驚いていた。あと「世界観が謎」も同じくらい言っていた。私もそう思う。

写真展で展示された作品「人にはいくつかの分岐点がある」 こういう写真もあれば、
「人にはいくつかの分岐点がある」 撮影:Xperia XZ3
写真展で展示された作品「井の中の蛙」「喜びを知る」 こういう写真も!
「井の中の蛙、喜びを知る」 撮影:Xperia XZ3
写真展で展示された作品「心が歌いだしてる」 世界観、謎だよね!
「心が歌いだしてる」 撮影:Galaxy Note9

来てくれたお客さんに作ったフォトブックも配った。数が50冊しかなかったので全員には配れなかったけれど。それも好評で、「このフォトブックは別にほしくないけど、どこで作れるのか?」というサービスの詳細だけを聞かれたりもした。

写真展にて展示されたスマートフォン、フォトブック、書籍など 使ったスマホの展示も、
スマートフォンで自撮りを試す若い女性2名の後ろ姿 していました!
自撮りをした女性2人の写真 お客さんも撮っていました!

「Xperia XZ3」のモードに「ポートレートセルフィー」というものがあり、目を大きくしたり、輪郭を細くしたりできる機能がある。これが女性に人気だったようで、上記のような写真を撮っていた。あと7歳の男の子が私の写真を見て、腰から砕けて笑っていた。写真展は素晴らしい。

写真を見つめる親子3名 子供にも人気でした!

本当に大満足の2日間だった。アンケートも取っていたので、お客さんの満足度も高いことは間違いない。写真のきれいさのおかげだ。スマホの写真がどんどんきれいになっているのは知っていたけれど、それを裏付けるものなのではないだろうか

写真展の感想を書いている直筆アンケート アンケートにも同じような意見が多かった!

では、最後にアンケートでいちばん人気だった写真と、いちばん不人気だった写真をどうぞ。

写真展で展示されたいちばん人気の作品「小さな喜び、大きなワイシャツ」 いちばん人気「小さな喜び、大きなワイシャツ」 23票
写真展で展示されたいちばん不人気の作品「ノルマ&残業なし!年収1000万も可能です」 いちばん不人気「ノルマ&残業なし! 年収1000万も可能です」 0票

全員フォトグラファー

素晴らしい写真だらけだった。スマホでただ撮っただけなので、このようなスマホを持っている人は普段から撮っている写真が、写真展を開催できるレベルできれいに撮れているということだ。スマホを持っている人は全員フォトグラファーと言える。こうなると、より良い写真のためにはモデルのレベルを上げるしかないので、とりあえず今後はお風呂上がりに乳液とか使っていこうと思います。

この写真展のテーマをきいたアンケート2名分 アンケートでこの写真展のテーマをきいた結果! 私もまったく同じ意見です!

文:地主恵亮

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  • 390
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん