2014/05/12

検索でのストレスを解消! いろいろなGoogle検索機能<入門編>

もう日常的に使っている人も多い「ググる」という言葉。「Google」を使って検索することを指すが、2006年に「ユーチューブ」「ミクシィ」などとともに、「流行語大賞」にノミネートされていた。それから8年、Google検索は常に進化を遂げている。今回はさらに効率良く、便利に使いこなすための「検索コマンド」の<入門編>を紹介しよう。


■ある一文をそのまま探したいときは「フレーズ検索」
例えば、今季、ニューヨークヤンキースでレギュラー争いをしているイチロー選手。彼への応援メッセージとして「頑張れイチロー」と書かれているサイトを見つけたいとする。このとき「頑張れイチロー」と普通に検索すると、検索結果1位は応援メッセージではなく、イチローの名言集に。「イチロー」「頑張れ」という2つのキーワードに関連しているページに行きつく。しかし、ダブルクォーテーション「""」で探したい一文をくくると、フレーズとして認識。「イチロー、がんばれ!見返してやれ」という個人のブログがヒットする。

■特定のサイト内のみで探したいときは「サイト指定検索」
一つのサイトに絞ってキーワードを検索したいときは、「site:URL キーワード」が便利。ページ内に「サイト内検索」が設けられているところもあるが、無くても心配ない。一例を挙げると、一度、「TIME&SPACE」のサイトで見た「剛力彩芽」の情報をもう一度知りたいとしよう。単に彼女の名前を入れると、膨大な数の検索結果が出るが、「site: http://time-space.kddi.com/ 剛力彩芽」で調べれば簡単。

■特定のキーワードを検索結果から外したいときは「マイナス検索」
たくさんの検索結果の中から、あるキーワードに関する結果については除外したい時もあるだろう。特に複数の意味をもつ語句、例えば、「サルサ」は料理、ダンス、音楽と別のものを意味する語。料理以外のものについて調べたい場合は「サルサ -料理」と入れ、除外したい語句の前に半角のマイナス(-)記号をつければよい。また、あるサイトの内容を除外したい場合は、半角マイナスのあとにサイトを指定すればOK。先ほどお伝えした「サイト指定検索」との併用だが、「東京タワー -site:wikipedia.org」とすれば、ウィキペディアの情報が除外される。

何かを検索したい時、自分の求めている結果になかなかたどりつかず、イライラすることもある。いくつかの検索コマンドを知っていると、そのストレスも軽減されるはず。ぜひ、便利なコマンドを使ってみよう。

文:大川竜弥

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook