2022/04/08

iPhone・iPadの便利なジェスチャー機能とは?3本指や3D Touch操作でできることなど紹介

iPhone・iPadには、スワイプなど指で決まった動きをすることで特定の操作ができる「ジェスチャー機能」が搭載されている。たとえばコピー&ペーストが決まった指の動きだけで行えるなど、一度覚えると非常に便利な機能だ。

今回はジェスチャー機能のなかから、知っておくと便利な3本指や4本指での操作方法と、役立つ3D Touch操作を紹介する。

iPhoneの3本指でのジェスチャー操作

なお、設定は不要だ。iPhoneではiOS 13以降、iPadではiPadOS 13.4以降のバージョンで使用でき、アップデートによってジェスチャーが追加・変更されることもある。

【目次】

iPhone・iPad共通で使用できるジェスチャー機能

ジェスチャー機能にはiPhone・iPadで共通のものと、iPadのみで使用できるものがある。iPhone・iPad共通なのは3本指での操作と3D Touchを用いた操作で、iPadのみで使用できるのは4本指での操作だ。

まずはiPhone・iPad共通の便利なジェスチャー機能から紹介しよう。

・コピー

コピーしたい箇所を選択し、3本指でピンチを行う。3本指でのピンチとは、親指、人差し指、中指でつまむような動作を指す。

コピー

・ペースト

コピーやカットしたデータを貼り付けたい場合は、3本指でピンチアウトを行う。ピンチアウトとは、親指、人差し指、中指で内側から広げるような動作だ。コピーのときとは反対に指を動かせばOK。

ペースト

・カット

カットしたい箇所を選択し、3本指でダブルピンチを行う。ダブルピンチとは文字通り、ピンチの動作を2回行うこと。コピーの動作を連続すると覚えておこう。

カット

・取り消し

メールやメモでテキストを入力したり、画像を挿入したりする際、入力ミスなどでひとつ前の状態に戻したい場面もあるだろう。そこで役立つのが、直近の動作を取り消す機能だ。ジェスチャー機能で取り消しを行うには、3本指で左にスライドする。

取り消し

ちなみに、取り消しは本体をシェイクする(振る)ことによっても可能。

・やり直し

取り消した画面をもう一度表示させたい場合は、やり直し機能の出番。ジェスチャー機能でやり直しを行うには、3本指で右にスライド。取り消しとやり直しはセットで覚えておくと便利。

やり直し

・メニューの呼び出し

ジェスチャー機能を使えばテキストの入力中、[取り消し][カット][コピー][ペースト][やり直し]を選択できるメニュー画面を呼び出すこともできる。方法は3本指でシングルタップするだけ。

メニューの呼び出し
ジェスチャーのまとめ表

・3D Touchによるトラックパッド化

表示中のキーボード上で画面を軽く押し込む(=3D Touchを利用)ことで、キーボードがトラックパッドへ変化し、キーボード上でカーソルを自在にコントロールできるようになる。うまく使いこなせば、タイプ中に素早くカーソル移動ができるのでおすすめだ。3D Touchには慣れが必要なので、使ったことのない人は何度か試してコツを掴んでほしい。

3D Touchによるトラックパッド化

トラックパッド状態になってから、指を離さずさらに押し込み続けると範囲選択も可能。最初にカーソルの箇所にある単語が選択され、そのままドラッグすることで複数段落の選択まで可能となる。

・LEDライトの明るさを調節

コントロールセンターからLEDライトを起動することで懐中電灯としても使用できる。だが、シチュエーションによっては明るすぎたり、逆に光量不足に感じたりする場面もあるだろう。そんなときは、コントロールセンターで懐中電灯のアイコンを軽く押し込もう。すると明るさを手軽に調節できる。

LEDライトの明るさを調節

<コントロールセンターの開き方>
・iPhone X 以降:画面の右上隅から下にスワイプ
・iPhone SE、iPhone 8 以前:画面の下端から上にスワイプ

iPadのみで使用できるジェスチャー機能

続いて、iPadのみで使用できる4本指のジェスチャー機能を紹介する。

・アプリ移動

2つ以上のアプリを別々に起動している場合、指4本で左右に画面スワイプを行うと、それらを素早く切り替えられる。タブ一覧を表示する手間が省けるため便利。

アプリ移動

・ホーム画面に戻る

アプリの利用中、4、5本指で画面をピンチインするとホーム画面に戻ることができる。机上にiPadを設置しているような場面でも便利。

ホーム画面に戻る

ジェスチャー機能を身につけてiPhone・iPadライフを快適に

iPhone・iPadの操作をより直感的にしてくれるジェスチャー機能。日々のネットサーフィンやアプリ操作、メールや書類作成時の作業効率化までさまざまなシーンで役立つので、ぜひ身につけてみてほしい。

文:TIME&SPACE編集部

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook