2020/11/12

iPhone 12 miniとiPhone SEを比較!サイズや認証方式、カメラなど特長を解説

iPhone 12シリーズは全部で4機種発表されたが、2020年10月23日に発売された「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」に続き、11月13日には「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」も発売となった。なかでも、iPhone SEなどコンパクトなスマホが好きな人にとっては、iPhone 12 miniが気になるところだろう。

iPhone 12 mini

そこで、iPhone 12 miniと2020年5月に発売された「iPhone SE(第2世代)」を比較しつつ、その特長を紹介する。

iPhone SE(第2世代)
【目次】

スペック比較

まずiPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)の基本的なスペックを確認しておこう。

                 
モデル名 発売年月対応通信規格 画面サイズ ディスプレイ 本体サイズ 重量 カラー メインカメラ チップ バッテリー駆動時間 容量 ワイヤレス充電 生体認証 タッチ機能 防水/防塵
iPhone 12 mini2020年 11月5G/4G 5.4インチ Super Retina XDRディスプレイ 約64.2×131.5×7.4mm 約133g ブルー/グリーン/
(PRODUCT)レッド/
ホワイト/ブラック
デュアル12MP超広角/広角
より明るいTrue Toneフラッシュと
スローシンクロ
ポートレートモード
次世代の
Neural Engine搭載
A14 Bionicチップ
音楽:50時間
動画:15時間
64GB/128GB/256GB
(MagSafeおよびQi対応)
Face ID 触覚タッチ IP68相当
水深6mで30分
iPhone SE(第2世代)2020年 5月4G約4.7インチ Retina HDディスプレイ 約67.3×138.4×7.3mm 約148g ホワイト
ブラック
(PRODUCT)レッド
シングル12MP広角
True Toneフラッシュ
ポートレートモード
第3世代の
Neural Engine搭載
A13 Bionicチップ
音楽:40時間
動画:13時間
64GB/128GB/256GB 〇(Qi対応) Touch ID 触覚タッチ IP67相当
水深1mで30分
※Internet Explorer ブラウザでは、スクロールが機能しない場合がございます。

iPhone 12 miniは、iPhone SE(第2世代)と比べると本体サイズは小さいが、ホームボタンがないぶん画面サイズが大きい。また、生体認証はiPhone SE(第2世代)のTouch ID(指紋認証)に対し、iPhone 12 mini はFace ID(顔認証)だ。普段使いではロックを外す頻度も多いので、この認証方式でどちらを選ぶかを選択する人も多いだろう。

また、iPhone 12 miniはカメラが超広角と広角のデュアル仕様になり、iPhone SE(第2世代)のシングルカメラから大きく進化している。さらに、iPhone 12 miniは5G通信に対応しているのもポイントだ。

では、ひとつずつ詳細を見ていこう。

本体・画面サイズ比較

本体・画面サイズ比較
本体・画面サイズ比較

iPhone 12 miniの画面サイズは5.4インチで有機ELのSuper Retina XDRディスプレイを搭載。解像度は2,340×1,080ピクセルとなっている。この解像度、1インチあたりの画素数を表す画素密度(ppi)では476ppiとなり、iPhone 12シリーズ4機種のなかでは、もっとも高精細なディスプレイを搭載していることになる。

iPhone SE(第2世代)は4.7インチLCDのRetina HDディスプレイで、解像度は1,334×750ピクセルとひと回り小さい。画素密度は326ppiとなり、iPhone 12 miniよりもやや粗いが、人間の肉眼では違いがわからないほどに、どちらも写真や映像はもちろんのこと、細かな文字も見やすい高精細なディスプレイだといえる。

本体サイズはiPhone 12 miniのほうがコンパクトだが、ディスプレイサイズは大きい。これは、iPhone SE(第2世代)には上下に広いベゼルとホームボタンがあるのに対し、iPhone 12 miniはベゼルレスになっていることが大きい。重さもiPhone 12 miniが133gで、iPhone SE(第2世代)が148gと、iPhone 12 miniのほうが軽量だ。厚みは0.1mmの差なので、そこまでの違いはない。

また、iPhone SE(第2世代)では、エッジが湾曲した2.5Dディスプレイを採用していたが、iPhone 12 miniでは、前面のフレームがディスプレイと同じ高さのフラットデザインとなった。

iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代

iPhone 12 mini のデザインは、iPhone SE(第1世代)あるいはiPhone 6s以前に近く懐かしさを感じる人もいるかもしれない。だが、見た目とは裏腹に中身は着実に進化を遂げており、ディスプレイの保護ガラスに強靱なCeramic Shield(セラミックシールド)を採用したことで、落下耐性がiPhone 11と比較して4倍になっている。

iPhone 12 mini はFace ID、iPhone SE(第2世代)はTouch ID

生体認証比較

iPhone 12 miniはiPhone X以降のモデルと同じく、生体認証は顔認証のFace IDのみで、指紋認証のTouch IDには非対応。これに対してiPhone SE(第2世代)は、Face IDには非対応で前面下部にTouch IDを搭載する。

どちらが優れているということはなく、どちらが便利かは利用するシチュエーションや好みの問題であるので、利便性に応じて機種選択の判断のひとつとして知っておきたい。

カメラスペック比較

カメラスペック比較

iPhone SE(第2世代)は1,200万画素の広角カメラのみだが、iPhone 12 miniの背面カメラは、超広角と広角のデュアルカメラで、画素数はどちらも1,200万画素。これは、iPhone 12と同じものだ。最近のスマホカメラは性能が上がっているため、望遠はデジタルズームで処理し、代わりに超広角を採用するというスマホが増えており、iPhone 12 miniもこれにならったかたちだ。ちなみに、より上位のiPhone 12 Proシリーズは、超広角と広角に加え、光学の望遠レンズを備えている。

加えてiPhone 12 miniは、iPhone SE(第2世代)では非対応な「ナイトモード」や、機械学習により画質を高める「Deep Fusion(ディープ・フュージョン)」も利用できるなど、コンパクトな本体ながら高機能なカメラを搭載している。

iPhone 12 miniのナイトモード撮影

単純にカメラ性能だけを考えるなら、iPhone 12 miniがおすすめだ。

充電がより便利になる「MagSafe」

iPhone 12シリーズ共通の特徴として、MagSafe(マグセーフ)への対応が挙げられる。MagSafeは背面のマグネットによりMagSafe充電台と張り付く。これにより位置合わせに気を遣う必要がなくなると同時に、簡単に外れたりズレたりすることがなくなる。iPhone SE(第2世代)もワイヤレス充電だが、より充電しやすい環境を用意した形だ。

MagSafeアクセサリを装着したiPhone 12 mini

iPhone 12 miniは防水防塵性能も進化

iPhone SE(第2世代)の防水防塵性能はIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)だったが、iPhone 12 miniはIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)へとアップデートされた。

防水防塵性能がアップしたiPhone 12 mini

防水性能がアップしたとはいえ、海やプールでの利用はおすすめできないが、機能の向上は故障率の低減につながるためありがたい。

上位モデルと同じ最新のCPU「A14 Bionic」を搭載

iPhone 12 miniは同時に発売されたほかのiPhone 12シリーズと同じCPUのA14 Bionicを搭載する。小型モデルとはいえ、その性能は上位のProモデルと同等だ。

CPU比較

このA14 Bionicの性能について、AppleはiPhone SE(第2世代)が搭載するA13 Bionicとの比較データは現時点(2020年11月)では公開していないが、例年の性能アップを見ると、今回も処理能力が上がっていることが期待される。

あわせて、A14 Bionicは電力効率も改善されており、利用時間も伸びている。

「Neural Engine」対応でAI処理にも強いiPhone 12 mini

最近のスマホでは重要な機能のひとつとなっているAI処理に関しても、A14 bionicは専用のAIコアであるNeural Engine(ニューラルエンジン)を搭載。A14 bionicのコア数はiPhone 11シリーズのA13 Bionicが搭載する8コアから16コアに倍増し、性能が劇的に向上。負荷が高い機械学習タスクも最大80%速くこなせるようになった。

AIによる写真や動画編集、AR機能など、機械学習を多用するアプリを使うのであれば、iPhone SE(第2世代)よりもiPhone 12 miniのほうが快適に作業できるはずだ。

コンパクトでありながら大画面のiPhone 12 miniは、多くの面でiPhone SE(第2世代)よりも進化しており、コンパクトなスマホを探している人におすすめできる。画面の大きさで選ぶか、認証方式で選ぶか、カメラ性能で選ぶか。本体価格と合わせ、自分にあったiPhoneを選んでほしい。

文:山本竜也

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 43

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん