2020/06/02

今さら聞けない『Apple Pay』とは? 対応カードや設定、基本的な使い方を紹介

昨今、スマホを用いたさまざまな決済サービスが普及している。QRコードやバーコードを利用したモバイル決済のほか、スマホをかざすだけで支払いができる非接触決済のサービスも複数ある。iPhoneユーザーなら「Apple Pay」を利用している人も多いだろう。

 

本記事ではApple Payについて、基本的な使い方や設定方法、機種変更時に必要な操作などを紹介する。

Apple Payとは

Apple Payとは、iPhoneやApple Watchで使える決済サービスのこと。おサイフケータイ機能のiPhone版と思っていいだろう。あらかじめクレジットカードやSuicaを登録しておけば、専用リーダーにiPhoneやApple Watchをかざすだけで支払いが完了する。標準アプリの「Wallet」を利用するため、別途アプリなどをダウンロードすることなく無料で使うことができる。

Apple Payのロゴ

ただ、おサイフケータイとは違い、「QUICPay」や「iD」以外の「楽天Edy」や「nanaco」、「WAON」といった電子マネーサービスは利用できない。交通系ICカードサービスでは、例外的に「Suica」のみ対応しているが、そのほかの「PASMO」や「PiTaPa」といった交通系ICカードサービスは、現時点(2020年5月)では未対応だ。

Apple Payで使用できる決済サービス

つまり、現状、Apple Payで利用できる非接触決済手段は「QUICPay」「iD」、そして「Suica」の3つと、JCB / Mastercard / AmericanExpressのコンタクトレス決済(NFC決済)となっている。なお、VISAのタッチ決済はApple Payには非対応だ。

Apple Payの仕組み

Apple Payの設定方法

Apple Payにはクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、Suicaが登録できる。なお、Walletアプリでは、PontaカードやTポイントといった一部のポイントカードも管理が可能だが、カードを直接読み込む方法では登録できず、各サービスのアプリやWebサイトから、個別に登録する必要がある。

また、Apple Payはオンライン決済としてiPadやMacからも利用できるが、店舗での非接触決済として使えるのはiPhoneかApple Watchに限られる。いずれの場合でも、設定にはiPhoneが必要なので注意してほしい。

Apple Payを設定するには、以下のものが必要となる。

・Apple Pay対応のデバイス(iPhone 7以降のiPhone。なお、Apple Watchで利用する場合にも、初期設定にはiPhoneが必須となっている)
・Apple Payに対応しているクレジットカード
・最新バージョンのOS
・Apple ID

クレジットカードをiPhoneに追加する

Apple Payへのクレジットカード登録は、Walletアプリから行える。

1. Walletを開いて右上の[+]をタップ

Apple Payにクレジットカードを登録する方法

2. Apple Payの説明の後、[クレジット/プリペイドカード]と[Suica]、どちらを登録するか選択する画面になるので、[クレジットカード/プリペイドカード]を選択。

Apple Payにクレジットカードを登録する方法

3. 過去にApple Payにクレジットカードを登録したことがあれば、ここでそのカード情報が表示される。それとは違うカードを登録する、あるいはまったくの新規登録であればクレジットカードを撮影する画面が立ち上がる。ここで、クレジットカードの番号が映るように枠内に入れると、情報が自動で登録される。番号などの情報は、カメラを使わずに手動で登録することも可能だ。

Apple Payにクレジットカードを登録する方法

4. 続く画面で、有効期限やセキュリティコードの入力を行う。もし、登録しようとしているカードがApple Payで使えない場合には、ここでその旨が表示される。

対応していればApple Payの利用規約が表示されるので、同意するとApple Payにカードが追加される。その際、Apple Payで利用できる非接触決済の種類(QUICPayかiD)も表示される。

Apple Payにクレジットカードを登録する方法

Suicaの設定方法

Apple PayにはSuicaも登録できる。電車やバスに乗る際、いちいちカードを取り出す必要がなく、iPhoneやApple Watchをかざすだけで済むので手間がない。

Suicaを登録するには、Apple Pay上で新しいSuicaを作成する方法と、既存のカードをApple Payに移す方法の2通りあるが、ここでは既存のカードを移行する方法を中心に紹介する。

1. まず、Walletアプリを開いて右上の[+]をタップ。続く画面で[クレジットカード/プリペイドカード]ではなく、[Suica]を選択する。

Apple PayにSuicaを登録する方法

2. 次に、金額を入力する画面になり、ここで金額を入れるとSuicaの新規発行ができる。既存のカードのSuicaを移す場合は、画面中央の[お手持ちの交通系ICカードを追加]をタップする。

Apple PayにSuicaを登録する方法

3. 画面の案内に従い、Suicaカードの裏面に記載されているSuica ID番号下4桁を入力。記名式Suicaの場合には生年月日の入力も必要だ。

Apple PayにSuicaを登録する方法

4. その後、iPhoneでSuicaを読み取る。iPhoneのFelica(NFC)は背面上部にあるので、iPhoneの先端にSuicaを置く、もしくはSuicaにiPhoneをのせる形になる。

Apple PayにSuicaを登録する方法

5. 転送が完了すると、Apple PayでSuicaが利用可能になる。

Apple Payの使い方

Apple Payは、QUICPayやiD、Suicaに対応しているお店ならどこでも使える。コンビニやドラッグストア、ガソリンスタンドなど、多種多様なシーンで利用可能だ。

まず、カードがどの非接触型決済に対応しているか確認する

Apple Payで注意しなければいけないのは、「Apple Payという決済方法はない」ということだろう。そのため、決済時には「QUICPayで支払う」か「iDで支払う」、あるいは「Suicaで支払う」と伝える必要がある。

前述のように、クレジットカードを登録する際に、そのクレジットカードでどの決済方法が利用できるか表示されるので確認しておこう。なかには、オンラインでの決済用にクレジットカードは登録できるが、店舗での決済には利用できないクレジットカードもあるので注意したい。

ただし、例外中の例外として、ローソンでの支払時には「Apple Payで支払う」という方法が利用可能だ。これにより、対応したポイントサービスのポイントを一度の操作で貯めることができる。

なお、Apple Payには、iPhone 8やiPhone 8 Plus以降では12枚まで、それ以前のモデルでは8枚までクレジットカードを登録でき、そのなかの1枚をメインで使うカードとして設定できる。メインカードに設定しておくと、支払時の操作が少しだけラクになるので、よく使うカードを登録しておこう。

「設定」を開き[WalletとApple Pay]をタップし、[支払い設定]の[メインカード]から登録できる。

Apple Payのメインカードを登録する方法

Face ID搭載のiPhoneで支払う場合

1. メインカードで支払う場合には、サイドボタンをダブルクリックするとWalletアプリが立ち上がり、Face IDの認証が行われる。認証できない場合にはパスコードでの認証を行う。

Face ID搭載のiPhoneで支払う方法

2. 認証されたら、 iPhone本体の上部を非接触型リーダー (の数センチ以内) にかざす。[完了]という文字が出て決済音がしたら決済完了だ。

Face ID搭載のiPhoneで支払う方法

メインカード以外を利用する場合には、Walletアプリが起動したあと、決済に利用したいカードを選ぶとFace IDの認証が行われる。その後の手順はメインカードの場合と同じだ。

Touch ID搭載のiPhoneで支払う場合

iPhone 7やiPhone 8、iPhone SEなどTouch ID搭載のiPhoneの場合、メインカードで支払うなら、Touch ID(ホームボタン)に指をのせ、そのままiPhone本体の上部を非接触型リーダー (の数センチ以内) にかざすだけだ。[完了]という文字が出て決済音がしたら決済完了となる。

メインカード以外を利用する場合には、まずWalletアプリを起動し、決済に利用したいカードを選んだ状態でTouch IDに指をのせる。あとはメインカードの場合と同様だ。

Apple Payを使う時の注意点

・プリペイドカードは残高に注意

au PAY プリペイドカード(au WALLET プリペイドカード)など、事前チャージ式のプリペイドカードを設定して使う場合、使用前に残高を確認しておく必要がある。残高不足だとエラーになり、支払うことができない。

・使用するカードを確認する

先に書いたとおり、特にカードを指定しなければ、決済はメインカードで行われる。たとえば、メインカードがQUICPay対応、もう1枚のカードがiDに対応している場合、支払時に「iDで支払う」といっても、自動的にiD対応のカードが選ばれるわけではない。リーダーにかざず前に、カードを選択しておく必要がある。

機種変更時の注意点

登録したクレジットカードやSuicaを新機種に移行する際、iPhoneからiPhoneに機種変更した場合は、たいした手間をかけずに移行できる。というのも、そもそもApple Payの場合、複数機種で同じクレジットカードを登録できるのだ。また、Apple Payに登録した情報はiCloudにバックアップされており、同じApple IDでログインしたiPhoneなら、ほかのiPhoneで登録済みのクレジットカードを簡単に再登録できる。

新機種でWalletアプリを起動し、[クレジットカード/プリペイドカード]を選ぶと、登録済みのカードが最大4枚表示されるので、新機種に登録したいカードを選択しよう。カードの認証などは、新規登録の場合と同様に行われるが、1枚ずつ登録する手間が省ける。

なお、古いiPhoneのカード情報は残しておくこともできるが、今後使う予定がないならWalletアプリから削除しておこう。

削除したいカードを選び、右上の[メニューボタン]を選択。カードの詳細画面からいちばん下の[このカードを削除]を選ぶ。

Apple Payに登録されたカードを削除する方法

Suicaの場合はクレジットカードとは手順が異なり、あらかじめ旧機種からSuicaを削除しておく必要がある。詳細な手順は以下の記事を参考にしてほしい。

複数のクレジットカードやポイントカードなどを一括で管理できるApple Pay。おサイフケータイとは使い方が異なるので、慣れるまでは戸惑うことがあるかもしれないが、本記事を参考にして、その便利さをぜひ体験してみてほしい。

文:山本竜也

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 62

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん