2018/10/04

旧モデルのiPhoneをiOS 12にアップデートしても大丈夫? 変更点と注意点まとめ

  • 394
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2018年9月18日に正式リリースされたiOS 12が話題になっている。

iOS 12

なかでも注目したいのが、サポートの対象になっている端末であれば、「旧モデルでも以前のOSより動作が改善される」と謳っている点だ。過去の経験などから、最新OSへのアップデートを「動作が遅くなるのでは?」という理由で、積極的にアップデートしないという人もいるだろう。

そこで今回は、iPhone 5sやSEなどの旧モデルでもアップデートして動作が遅くならないか、また、iOS 10のままなど旧バージョンのままアップデートせずに使っている人がiOS 12にアップデートするとなにが使いやすくなるのか、注意点と共にアップデートする方法を解説する。

iPhone 6sとiPhone 7

最新OSでiPhone 5sやSEがさらに快適になる

今回リリースされたiOS 12は、サポートの対象となるモデル(iPhone 5s / iPhone SE以降)であれば、現在動作しているiOSのバージョンに関係なくアップデートできる

iOS 12対応モデル iOS 12対応モデル 出典:Apple

特殊な動作モードで処理されるので、iOS 10であってもダイレクトにiOS 12にアップデートが可能。加えてiOS12では、アップデートしても動きがもっさりするといったことがない。

また、以下の動画のようにiPhone 5sなどの旧モデルをiOS 12にアップデートしたうえで動作を確認した動画も多数公開されており、それまで使っていたOSと同じかそれ以上に操作が改善されていることが確認できる。

動画提供:Nick Ackerman

iOS12にすると、なにが、どう使いやすくなる?

iOS 12は安定性と高速化に重点が置かれ、これまでのOSより画面の操作性や動きが機敏に反応するよう改善。具体的にはiOS 11と比べてカメラの起動は70%、キーボード表示は50%高速化され、タイプ入力の反応も改善した。

iPhone カメラ

たとえば、画面をスワイプした場合にもっさりしていた次のページへの移動がキビキビと反応するようになり、キーボードのフリック入力も同様に、文字の表示にほんの少し間がある感じだったのがサクサク表示されるように。さらに、アプリの起動や動作が以前より速くなるよう改良され、デバイスに高負荷がかかっている場合でも、起動が最大で2倍にスピードアップするなどパフォーマンスが改善された。

※旧モデルをアップデートするとバッテリー消費が早くなるという報告もありますが、端末のバッテリーの消耗状態や使用環境により消費量は異なります。また、アップデート直後はさまざまなアプリがバックグラウンドで機能を更新しているため、バッテリーを消耗することがあります。

旧モデルでiOS 12にアップデートする際の注意点

アップデートの手順はこれまでのiOSの場合と同じだが、旧モデルで注意すべきは以下のとおりだ。

① ストレージに充分な空き容量があるかを確認
端末にもよるが2GB程度の空き容量が必要で、それ以上あるほうが安心だ。確認方法は以下のとおり。

【iOS 11の場合】
[設定]>[一般]>「iPhoneストレージ」で確認

iOS 11でのストレージ確認

【iOS 10の場合】
[設定]>[一般]>[ストレージとiCloudの使用状況]で確認

iOS 11でのストレージ確認

② 容量にかかわらずバックアップは必ずとる
十分な空き容量があってもバックアップは必ずとっておこう。PCを使ってバックアップをとる場合はiTunesを使うが、iTunesのバージョンが古い場合にiOS 12と連携できないこともあるので、できればPC側も最新のiTunesが使える環境にしておこう。

iPhone バックアップ

③ 使いたいアプリがiOS 12に対応しているか確認する
古いiOSで動いていたアプリのなかには、iOS 12に対応していないものもあるかもしれない。これだけは使い続けたいアプリがある場合、対応しているかどうかはApp Storeアプリで該当するアプリを検索し、画面の下にある「情報」の「互換性」で確認できる。もし対応していない場合は今後対応する可能性があるかを「デベロッパWebサイト」などで調べてみよう。

iOSアプリ 互換性

iOSアップデートは操作性・機能性アップやセキュリティ対策にも

iOSをアップデートするメリットは、操作性や機能性を高めるだけでなく、次々登場する新種のウィルスを防ぐなどセキュリティ対策のためでもある。多くの攻撃はバグと呼ばれるOSの不具合を突くものなので、最新OSのアップデート内容は常に把握しておきたい。

※auからのお知らせ
iPhone 5sをご利用のお客さまのiOS12へのアップデートについて

文:野々下裕子

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ記事

関連キーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん