2018/07/25

夏の暑さや水濡れからスマホを守れ! 冷却・防水グッズ4選

  • 17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今年も夏がやってきた。海水浴や夏祭り、花火などイベント選びにはじまり、当日の待ち合わせ連絡や記念写真、会場周辺のリサーチにいたるまで、スマホが大活躍する季節。

しかし、夏はスマホの天敵でもある。海やプールでの水濡れはもちろん、炎天下の熱にも注意が必要だ。そこで今回は、夏のレジャーでの熱への対策方法と水濡れ対策、おすすめのアイテムを紹介する。

なぜスマホは夏に弱い? 注意したい水没と熱

なぜスマホにとって夏は天敵なのだろうか。

① 高温環境でのスマホ長時間利用は電池の劣化につながる
真夏の炎天下で、スマホの充電の減りが早いと感じたことはないだろうか。実は、「暑いことが原因で電池持ちが悪くなる」のではなく、スマホが高温になると電池そのものが劣化する原因となり、その結果、充電の減りが早くなってしまうことがあるのだ。スマホが熱いと感じたら、涼しいところで休ませてあげよう。

② 防水スマホでも海水はNG?
防水スマホでも油断は禁物。多くの防水スマホは真水への防水を前提につくられているため、塩分を含んだ海水に触れてしまうと金属のサビや腐食を引き起こす可能性があるのだ。防水だから大丈夫だと油断せず、対策はしっかり行おう。なお、耐海水の機能を持つスマホも存在する。タフネススマホのTORQUEは耐海水性能を誇り、海の中でも安心して使用できる。また、海辺などの水辺での充電は感電のおそれがあるので絶対にやめよう。

真夏の熱からスマホを守れ! 熱対策アイテム2点

夏場に屋外でスマホを使っていたらものすごく熱くなっていた、なんて経験はないだろうか。そんな時におすすめのアイテムと工夫を紹介する。

◎いわばスマホの扇風機! 屋外イベントに持って行きたい「縦持ちOK!ピタッとスマクール」

スマホの冷却グッズ ピタッとスマクール

スマホが熱くなったなら冷ませばいい、でもどうやって? こちらの商品、冷却ファンによって物理的にスマホを冷ますというのだ。

同じファン方式の冷却装置は昔からパソコンに採用されている。メーカーのテストでは、製品使用・未使用の2台のスマホを同じ条件下で使用したところ、30分後には約5.5℃の差が出たという。

スマホの冷却グッズ ピタッとスマクール 使用テスト

使い方は簡単で、本体裏の吸盤でスマホの裏面に貼り付けるだけ。本体は27mmと少々分厚いが、ホールドリングが付いているので装着しながらタッチパネル操作もできる。

スマホの冷却グッズ ピタッとスマクール

また、ホールドリングを立てて横向きのスマホスタンドとしても使えるほか、モバイルバッテリーとして使えるところも便利。容量は2,000mAhとスマホの充電約1回分だが、緊急時には十分だろう。屋外イベントなどに持参したいアイテムだ。

商品名/縦持ちOK!ピタッとスマクール
メーカー/サンコー株式会社
価格/1,980円(税込)

◎動画視聴時に便利! 充電時の熱を抑えるワイヤレス充電器「Anker PowerPort Wireless 5 Stand」

スマホのワイヤレス充電器 Anker PowerPort Wireless 5 Stand

スマホの熱を感じる機会として真っ先に挙がるのが充電時だろう。もはや日課とも言える充電だが、発熱を避けながら行いたいならば「Anker PowerPort Wireless 5 Stand」をおすすめしたい。

この商品は、Qi認証を取得しており、独自の設計により充電時に発生する熱を抑え、充電中の本体温度を一般的なワイヤレス充電器より約30%低減したことに加え、従来のワイヤレス充電器よりも約10%早いスピード充電を実現。さらに過電圧の保護や温度管理を行いながら安全にスマホを充電することができる。

スマホのワイヤレス充電器 Anker PowerPort Wireless 5 Stand

スマホは縦置き、横置きに対応しているので、いつでもどの角度からでもポンと置けば急速充電が始まるのは大変便利だ。

商品名/Anker PowerPort Wireless 5 Stand
メーカー/アンカー・ジャパン株式会社
価格/2,399円(税込)

◎今すぐできるスマホの熱対策
スマホを長時間使い続けたり、バッテリー消耗の大きいゲームやカメラアプリを頻繁に使用すると、バッテリーに負荷がかかり、熱がスマホにこもってしまうことがある。日頃からバックグラウンドアプリをこまめに消したり、バッテリーの劣化の原因にもなる「ながら充電」を控えよう。Androidのスマホならバッテリーセーバーモードをオンにし、iPhoneなら低電力モードをオンにすれば対策になる。

がっちり守る? 水に浮かべる? 防水対策アイテム2点

写真撮影やSNSへの投稿など、水辺でスマホを取り出す機会は増えている。だが、気をつけたいのは水没や水濡れだ。そこで夏のスマホライフに必須の「防水」アイテムを紹介しよう。

◎厚みが気にならないコンパクトさの完全防水ケース「Extreme for iPhone X」

防水ケース Extreme for iPhone X

近年では防水機能を備えたスマホが増えているが、防水レベルは生活防水対応のものが多い。塩分を含んだ海水や水深の深い場所に対応するには、より高度な防水性能が必要だ。

「Extreme for iPhone X」は、水深2mで1時間耐えうる防水性能を備えた密封型防水ケース。米国軍用規格に準拠しているので耐衝撃性能も優れており、1.2mからの落下からiPhoneを保護してくれる。

iPhoneに装着してみると、側面はバンパー、画面と背面はフィルムでしっかりガードされ、厚みも気にならない。もちろん装着したまま顔認証や操作や通話、カメラ撮影も可能。充電をする際は、コネクタ部分のキャップを外せばOKだ。海やプールはもちろん、普段使いにもおすすめできる製品だ。

砂浜と防水ケース Extreme for iPhone X

商品名/Extreme for iPhone X
メーカー/CROY.LLC
価格/4,500円(税抜)

◎水に浮くから水没しない! 「DIVAID フローティング防水ケース」

DIVAID フローティング防水ケース

海や川などの水は濁っていることも多く、もしスマホを水没させてしまったら、防水対策を行っていても探すことは容易ではないだろう。

そんな場所でおすすめしたいのが「DIVAID」。このケースは水に浮く機能を備えていて、スマホと一緒に500円玉を6枚入れても水に沈むことはない(本体とあわせて300gまでは水に浮く)。

耐水性能も申し分なく、水深20mで30分耐えられるほど。もちろんケースを付けたまま操作、撮影、通話が可能だ。サイズが大きめなのでスマホの種類を選ばないところも嬉しいポイント。

砂浜とDIVAID フローティング防水ケース

商品名/DIVAID フローティング防水ケース
メーカー/Hamee株式会社
価格/1,800円(税抜)

◎今すぐできる防水対策
スマホのケースを用意する時間がない人や、わざわざグッズは購入したくないという人は、ジップロックなどの密閉バッグが防水ケースの代わりになる。タッチパネルの反応はあまりよくないが、即席の防水ケースとして使用できる。ジップロックに穴があるとそこから浸水してしまうので使用前にはよく確認を!

スマホに万一のことがあれば安心のサポートセンターへ!

紹介したグッズや小技で対策しても、過酷な使用や誤った使い方をしてしまうと、うっかり故障させてしまう可能性もある。もし万が一スマホが水没してしまったり、動作がおかしいと感じたら、早めに故障紛失サポートセンターに問い合わせよう。

準備が整えば、あとは楽しむだけ! 楽しい夏のスマホライフを十分に楽しもう。

みんなの「ほしい!」がプレゼントに!?

たくさん集まるとプレゼントになるかも!!

ほしい!
52
PUSH!

文・撮影:鈴木雅矩(スズキガク)

おすすめ記事

関連キーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん