KDDI NEWS

2016/01/07

2016年、au三太郎の新CMに隠されたナゾ。いくつわかる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

松田翔太さん、桐谷健太さん、濱田岳さんが演じる桃太郎、浦島太郎、金太郎というおとぎ話の英雄たちによる、au「三太郎」CMシリーズ。3人の軽妙な会話のやり取りの面白さもさることながら、昨年7月に放送された「海の声」篇では、浦ちゃんがオリジナル曲「海の声」を披露し、その動画がYouTubeで1,300万回以上再生されるなど、この1年、話題には事欠かなかった。

さて、そんな三太郎CMだが、2016年の1月1日から始まった新CMでも"仕掛けて"きている。「みんながみんな英雄」をテーマに、古今東西のさまざまな昔話の要素が、これでもかというくらいにねじ込まれているのだ。キャストも三太郎に加えて、かぐや姫(有村架純さん)、乙姫(菜々緒さん)、鬼ちゃん(菅田将暉さん)が総出演。2016年の幕開けを華やかに演出している。

ちなみにCM中のおとぎ話の数は8作品とのこと。冒頭の「おむすびころりん」「ツルの恩返し」のほかに、どんなおとぎ話がモチーフになっているのかぜひ当ててみてほしい。

冒頭、初日の出を眺めながらおむずびを食べている3人。しかし、その手からポロリとおむすびが転がり落ちて......

ツルが機織りしている様子を、こっそり見に行く三太郎

さて、もうひとつの仕掛け。新CMでは「オクラホマミキサー」をアレンジしたオリジナルソングが独特の世界観を引き立てている。歌っているのは日本屈指のR&B、ヒップホップ女性シンガーとして有名なAIさん。ソウルフルかつ壮大な歌声はCMの明るくポジティブな印象を強めている。

こちらの『みんながみんな英雄』は1月17日(日)まで、auの定額制音楽配信サービス「うたパス」および「LISMO Store」にて、独占先行配信中。新年からポジティブな気持ちでスタートダッシュしたい人は、「うたパス」か「LISMO Store」でぜひチェックしてみてほしい。

AI「みんながみんな英雄」特設サイト

■「うたパス」について
「うたパス」は、2012年6月から開始したauの定額制音楽配信サービスです。
月額300円(税抜)で最新のJ-POPからアニメソング・カラオケ定番曲まで、200万曲以上の楽曲を、600以上の多彩なチャンネルから選び、楽しむことができます。
また、「App Store」から「うたパス」アプリをダウンロードし、会員登録することで、auをご利用のお客さま以外の方でも「うたパス」を使うことができ、2015年8月17日からは、月額360円(税込)でご利用できるようになりました。
さらに、「うたパス」の月額情報料を「auかんたん決済」でお支払の場合は、初回登録時に限り月額料が30日間無料となり、「App Store」で「うたパス」アプリをダウンロードし、会員登録をされた場合は初回登録時に限り、月額料が1カ月無料となります。※1

■「LISMO Store」について
豊富な洋楽・邦楽ラインアップから、好きな楽曲を1曲ごとに購入できる音楽ダウンロードサービスです。特集や、ランキングなどから、新しい楽曲やアーティストに出会うことができ、最大320kbpsの高品質の音楽をお楽しみいただけます。 ※1 無料期間終了後は自動的に日割でのご請求となります。無料期間中に退会した場合は月額情報料はかかりません。また2回目以降の加入は、加入当日から月額情報料がかかります。

文:T&S編集部

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

CLOSE

さん