2020/08/20

iPhoneパスワードは『iCloudキーチェーン』で一括管理&自動入力 設定や注意点を解説

iPhoneのSafariやアプリでパスワードを入力すると、画面に「保存しますか?」と表示されることがある。

iCloudキーチェーン確認画面

これは「iCloudキーチェーン」という機能で、IDやパスワードなどを保存し、次のログインから自動で入力できるというもの。煩わしい入力作業を省略できるだけでなく、複数のパスワードを使い分けていても混乱しなくなる、とても便利なiPhoneの機能だ。

さらには保存したパスワードを複数のAppleデバイスで共有できるなど、iCloudキーチェーンには優秀な機能もある。この記事では、そんなiCloudキーチェーンの機能や使い方、注意点などを解説する。

iCloudキーチェーンを利用するメリット

iCloudキーチェーンを利用するメリットはなんといってもパスワード入力がとても楽になるところにある。

・次回ログイン時に自動入力される

登録した情報は、次回以降のログイン時に自動入力されるため、手動で入力していた手間を大幅に解消してくれる。登録できるのはSNSや会員制サイトのアカウント情報のほか、クレジットカード情報、Wi-Fiネットワーク情報にも対応している。

・ほかのAppleデバイスにも自動的に共有される

また、登録した情報はApple IDと紐づけられ、同じApple IDで利用するほかのAppleデバイスにも共有される。たとえば、iPhoneで登録した会員制サイトのアカウント情報は、Macからログインする際にも自動入力されるというわけだ。複数のデバイスを使い分けているAppleユーザーは重宝するだろう。

IDやパスワードを守る仕組み

気になるセキュリティ面だが、iCloudキーチェーンでは登録したIDやパスワードは暗号化される仕組みなので、iCloudキーチェーンから流出してしまう危険性は低い。また、iCloudキーチェーンを使用できるのは、Face ID(顔認証)やTouch ID(指紋認証)、パスコードロックを設定されたデバイスのみ。そのため、仮にiPhoneを落としたりしても、それらのロックを解除できなければ、iCloudキーチェーンを悪用して他人にアカウントを不正利用される危険性は少ない。

ちなみに、IDやパスワードを保存できるサイトは、アドレスが「https://」から始まるものに限られる。これらのサイトは「SSL」と呼ばれる暗号化技術に対応しており、通信した内容が外部から盗み見されないよう、暗号化される仕組みになっている。この点でも、iCloudキーチェーンの安全性は担保されていると言えるだろう。

また、インターネットを利用するにあたり、複数のサービスで同じパスワードを使い回すのは危険だ。その点、iCloudキーチェーンなら、サービスごとにパスワードを変えてもすべて記憶してくれるため、「覚えきれないから」と同じパスワードを使用する必要はなく、複雑でランダムな英数字で構成されたパスワードを設定できる。

さらにiCloudキーチェーンには、新たにパスワードを設定する際、安全性の高いパスワードを提案してくれる機能もある。いちいちパスワードを考えるのが億劫な人は、これを利用しよう。

iCloudキーチェーンの画面

iCloudキーチェーンを利用する方法

iCloudキーチェーンを利用する方法を解説しよう。

・iPhone、iPad、iPod touch で iCloudキーチェーンを有効にする

iCloudキーチェーンを利用するには、まずは設定で有効になっているか確認しよう。

手順は以下の通り。

1.iPhoneホーム画面の「設定」▶「ユーザー名」から[iCloud]を選択。

iCloudキーチェーンの設定画面

2.[キーチェーン]をタップし、[iCloudキーチェーン]をONにする。

iCloudキーチェーンの設定画面

なお、使用しているデバイスで2ファクタ認証を有効にしていない場合、このあとにApple IDの入力も求められるため、画面の案内に従って操作しよう。

・IDやパスワードを登録する

設定が完了したら、あとは実際にIDやパスワードを記憶させるだけ。情報を登録したいサイトにアクセスし、ログイン画面でIDやパスワードを入力しよう。すると「iCloudキーチェーンに保存しますか?」と表示されるため、「パスワードを保存」をタップする。

iCloudキーチェーンの設定画面

これでそのサイト用のIDとパスワードが保存され、次回以降のログイン時に自動入力される。クレジットカード情報やWi-Fiネットワーク情報も、同じ要領で登録可能だ。

iCloudキーチェーン内の情報を確認・削除する方法

また、操作ミスなどで間違ったIDやパスワードを記憶させてしまうケースもあるだろう。そんなときには、iCloudキーチェーンに保存された情報を確認したり、削除したりすることもできる。

・iOS 11 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch の場合

1.「設定」から[パスワードとアカウント]または[アカウントとパスワード]を選択し、[WebサイトとAppのパスワード]または[AppとWebサイトのパスワード]をタップ。

iCloudキーチェーンの設定画面

2.Face ID、Touch ID、パスコードのいずれかで認証を行い、情報を確認したいサイトを選択。

iCloudキーチェーンの設定画面

これにより各サイトに登録したIDやパスワードを確認することが可能だ。情報を削除したい場合は[編集]をタップし、サイトのアドレスを選択して[削除]をタップする。

iCloudキーチェーンの設定画面

登録した情報を変更したい場合は[Webサイトのパスワードを変更]をタップ。すると各サイトにアクセスするため、それぞれの手順に従ってパスワードを再設定しよう。

iCloudキーチェーンの設定画面

なお、こうして削除・変更した情報は、ほかのAppleデバイスにも共有される。iPhoneだけでiCloudキーチェーンの使用をやめたい場合は、「設定」から[iCloudキーチェーン]をOFFにすればOKだ。

iCloudキーチェーンを使う際の注意点

このように便利なiCloudキーチェーンだが、使用にあたっては注意点もある。

前述の通り、iCloudキーチェーンを使用できるのはFace IDなどの認証をオンにしているデバイスだけなので、紛失してもIDやパスワードなどが流出する心配はあまりない。しかし裏を返せば、これらの認証を突破されると、あらゆるサービスを第三者が容易に利用できてしまうということだ。特にパスコードで認証を行っている人は、他人に番号を知られないように、細心の注意を払ってほしい。

煩わしい入力作業から解放され、セキュリティ面の強化にもつながるiCloudキーチェーン。悪用のリスクには気をつけながら、便利な機能を使いこなしてほしい。

文:佐藤宇紘

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 53

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん