2022/10/20

24時間365日通信を守る 東日本大震災での復旧対応

日本における国際通信は1871年(明治4年)に開始され、2021年は150年目の節目となった。今では海外との電話やメールはもちろん、映像中継やインターネット、SNSのやり取りも気軽に行えるようになったが、その国際通信の99%は、海底を走る光ケーブルにより伝送されている。

光海底ケーブルは、漁業活動や船舶による投錨、地震や地滑り、海底面での摩擦などが原因で、一部故障する場合がある。

壊れた光海底ケーブル

その場合の修理方法は、ケーブルシップで障害海域に急行し、ケーブルを釣り上げ、修理を行うというものだ。

次のイラストのように、ケーブルシップからケーブル切断装備を取り付けたロープを海中に投入し、一度ケーブルを切断。切断したケーブルを引き揚げて光学的・電気的試験を行い、正常性を確認。続いて、切断された反対側の光海底ケーブルを引き揚げて正常性確認試験を行い、障害点を除去。予備ケーブルの割入れを行い、最後にケーブルシップ上で両側の光海底ケーブルを接続。

光海底ケーブルの修理法

図にすると簡単に見えるかもしれないが、場所によってはケーブルの位置自体を特定するのが難しく、特に富士山の高さより深い水深8,000mもの深海に探線機を投入してケーブルを引き揚げる場合は、まる一日以上かかることもあり、容易な作業ではない。

さらに引き上げたあとも、揺れる船の上で、髪の毛の細さほどのファイバを多数つなぐのは、訓練を受けた技能士にしかできない作業だ。

光ファイバの修理

このように想像以上に大掛かりで緻密な作業であるケーブル補修作業だが、2011年の東日本大震災では、日本とアメリカを結ぶ海底ケーブルが20カ所以上も切断され、KDDIだけでなく、各国のケーブルシップが出動し、国際通信の復旧に全力であたった。

KDDIオーシャンリンク

切断されたケーブルを探して船に引き揚げ、接続して埋設。このような修復作業を24時間体制で行っても作業日数は150日間を超え、KDDIオーシャンリンクが港に帰港したのは、5ヶ月後となる2011年8月6日だった。

光海底ケーブルは普段目にする機会がないものだが、国際通信には欠かせない生活インフラだ。KDDI千倉海底線中継所では光海底ケーブルの安定した品質を保つため、24時間365日体制で稼働し、通信を守り続ける。

※この記事は2022年1月11日の記事(https://time-space.kddi.com/au-kddi/20220111/3241)を再編集したものです。

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。