2020/04/17

au三太郎がなぜ現代に!? 3人が『au 5Gの世界』を体感する新CMを紹介

  • 65
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月30日から、auの新しいCMがオンエアされています。みなさん、もうご覧いただけましたか?

auのCMといえば、2015年元日からスタートした桃太郎、浦島太郎、金太郎の「三太郎シリーズ」がすっかりおなじみですが、今回の最新CMはちょっと様子が違います。

三太郎を演じる松田翔太さん、桐谷健太さん、濱田岳さんが現代の街に、クールでスタイリッシュなファッションに身を包んで登場。しかし、今回のCMでは三太郎ではないのです。

現代に現れたのは、桃太郎ではなく“マツダ”。

現代に現れた桃太郎ではなく“マツダ”

浦島太郎ではなく“キリタニ”。

現代に現れた浦島太郎ではなく“キリタニ”

そして、金太郎ではなく“ハマダ”。

現代に現れた金太郎ではなく“ハマダ”

3人が現代の都市で、まさに始まったばかりの5Gを体感する様子をCMは描いていきます。

マツダはサッカースタジアムのピッチに

大人気4人組バンドのSEKAI NO OWARIがこのCMのために書き下ろした楽曲『Dropout』をバックに姿を現したマツダ。周囲の人波に導かれるようにして向かう先は……

人々とともにサッカースタジアムを目指す松田翔太演じるマツダ

サッカースタジアム。しかしスタンドではなく、みんなピッチに直接入り込んでいきます。

人々とともにサッカースタジアムを目指す松田翔太演じるマツダ

「“5Gが開く未来の夢”なんて言ったのは誰だ?」という、マツダ自身のナレーションとともに、その横を選手たちがすり抜ける。

ピッチ上で半身になってプレーヤーをかわす松田翔太演じるマツダ

マツダは目の前の選手をかわしつつ、自分がピッチの真ん中に立っているその“リアリティ”に驚いている様子。

キリタニは「攻殻機動隊」の世界に

一方、キリタニが現れたのは、大都会の街なか。戦闘機が飛び交い、人々が逃げ惑うなかを周囲に気を配りながら歩いていきます。

auのCMで街なかを飛ぶ戦闘機

そこで姿を現したのは、高速道路を猛スピードで疾走する「タチコマ」。SFアニメ『攻殻機動隊』に登場する、AIを搭載して自ら思考し、会話する多脚戦車です。

高速道路を疾走する『攻殻機動隊』の多脚戦車「タチコマ」

「5Gは今だ」というキリタニの言葉に呼応するように、目の前に飛び込んで向き合う2台のタチコマ。「“4”が“5”に変わるだけでなんて自由なんだ」と、キリタニはタチコマに手をのばします。

タチコマに触れようとする桐谷健太演じるキリタニ

その瞬間、タチコマは身を翻し、姿を消します。

ハマダはSEKAI NO OWARIのライブ会場に

鳴り響く音楽のなか、人々が目指すのはSEKAI NO OWARIのステージ。

au 5GのCMでSEKAI NO OWARIが演奏しているライブ会場

そこではSEKAI NO OWARIが「Dropout」を演奏中。熱狂する観客のなか、ハマダも最前列に陣取り、次第に盛り上がっていきます。

SEKAI NO OWARIライブ会場の最前列の濱田岳演じるハマダ

ハマダのセリフは「au 5Gはすべての制限から自由に。それがUNLIMITED WORLD」。ライブのすごい迫力にテンションMAXとなったハマダ自身も、まるで制限から自由になったかのようにステージに向かってダイブ!

SEKAI NO OWARIのステージに向かってダイブする濱田岳演じるハマダ

でも実は、ハマダはライブ会場にいたわけでも、本当にステージに向かってダイブしたわけでもなかったのです。ハマダ同様、マツダとキリタニの体験も現実ではなく、3人とも、5G技術を駆使した映像を体感していました。

実はすべては5G それはもうみんなの手の中に

このCMが伝えるのは、5Gによるこれまでにない体験を、今やみんなが自分のものにすることができるようになった、ということ。

ハマダがいたのは自宅のリビングのソファ。5Gによる高精細な映像と迫力のサウンドで、ライブを体験していました。

5Gによって音楽ライブを楽しむ濱田岳演じるハマダ

キリタニが体験していた「攻殻機動隊」の世界は、実はVR。超軽量なVRグラスを装着し、5Gが伝送する膨大なデータによる未来的SFの仮想現実に没入していたのです。

5GによるVR世界に没入した桐谷健太演じるキリタニ

マツダはサッカースタジアムのスタンド上から、あたかもピッチにいるかのような感覚で観戦していました。5Gでは、今後ピッチでプレーしている選手と同じ目線からサッカーを観戦することも可能になり、これまでにない臨場感あふれる体験ができるようになるのです。

スタンド上からスポーツ観戦体験をする松田翔太演じるマツダ

2020年春、ついに現実にスタートした5G。この技術は、これからスマホをさらに便利に、エンターテインメントをさらに面白く変えていきます。

CMは最後にマツダのこんなひと言で終わります。

「もう僕の手の中にある
あなたの手の中にある
5Gを未来とか言ったのは誰だ」

au 5Gはもう始まっています。

マツダ、キリタニ、ハマダのスリーショット

文:TIME & SPACE編集部

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 65
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん