MaaSを医療に
誰もが安心・安全・快適
に移動できる
街づくり

ITを活用してあらゆる移動をシームレスにつなげる次世代交通サービスMaaS(マース)は、「持続可能な都市」における交通手段の新しいかたちとして世界中で注目を集めている。

その導入事例として、KDDIはつくば市や筑波大学とともに、2022年1月17日から2月14日まで、オンデマンドタクシーでの病院への移動から顔認証による事前受付、パーソナルモビリティによる病院内の自動走行までをシームレスにつなぐ実証実験を行った。

MaaSはこれまで、旅行や観光における利便性向上を中心にサービス検討されてきたが、医療や介護など、誰もが安心・安全・快適に過ごせる街づくりの観点でも活用できる兆しが見えてきた。

KDDIはこれからも、地域の課題解決や住みやすい街づくりのために先端技術を活用し、さまざまなパートナーとともに安心で安全な暮らしをつないでいく。

01 - 深堀りレポート

つくば市が目指す『誰もが安心・安全・快適に移動できるまち』

記事詳細を読む

02 - 深堀りレポート

AI技術で効率よく運行するオンデマンドタクシー

記事詳細を読む

03 - 深堀りレポート

企業と大学と地域が連携して進めるまちづくり

記事詳細を読む

04 - 深堀りレポート

新しい交通を支える通信とIT技術

記事詳細を読む

DISCOVER