2012/12/28

就活生と社員が本音でおしゃべり。新卒採用で「LINE交流会」を開催

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活生と社員が本音でおしゃべり。新卒採用で「LINE交流会」を開催

就活生の最も身近なコミュニケーションツール「LINE」を活用

学生から寄せられた質問に社員が答える。ときにはスタンプを送ることも

「母として働くことで、不安や困難に感じたことは何ですか。また、どう解決しましたか」
学生からの鋭い質問がリアルタイムでパソコンの画面に上がってくる。

直後に、育児と仕事を両立させてきたKDDI女性社員がキーボードに向かって回答する。
「子供の成長に影響がないか不安はありましたが、家族や地域の友人に助けられました。また、職場では先輩ママのアドバイスが大きかったです。子供も応援してくれました」

このやりとりは、KDDIが今年から始めた就活生とKDDI社員による「LINE交流会」での1コマだ。採用選考に先立って、KDDIについての情報を提供する手段の一つとして開催されている。就職活動での企業研究といえば、パンフレットやウェブサイトなどから情報を得ることが多く、企業から学生への一方通行になりがちだった。会社説明会も、開催する場所や日時が限られているため、参加したくても参加できない学生も多い。

KDDIでは昨年より、就活生との双方向コミュニケーション手段としてfacebookを利用しているが、KDDI人事部・荒木良太さんは、「社内の雰囲気やどんな社員がいるのか、どんな生活をしているのかが、学生の志望企業選択の重要な要素になっていることもあり、これらをありのままに伝えるにはどうすればいいか検討していました」という。

そこで着目したのがLINEだった。LINEは、スマートフォン、パソコン向けのコミュニケーションサービスで、複数の利用者でリアルタイムのチャット(テキストメッセージによる“おしゃべり”)を利用できる。就活生の80%以上が利用しているが(メンター・ダイヤモンド調べ)、LINEで就活生向けの説明会を実施している企業はまだほとんどなく、通信事業者としては初の試みだ。

会社説明会では取り上げられないテーマを設定

「LINE交流会」は5回開催予定。「新入社員」「ワーキングマザー」「イクメン」「外国籍社員」「ベンチャー」と、回ごとにテーマが設けられており、それに対応した社員が参加する。

「会社説明会ではあまり取り上げられない“とがった”テーマを取り上げることで、『KDDIにはこんな一面もあるんだよ』という情報を発信することも、LINE交流会の狙いのひとつです」と荒木さん。

「ワーキングマザー」をテーマに、12月17日に開催された第2回「LINE交流会」には、FacebookのKDDI新卒採用ページで応募した20人から抽選で選ばれた学生4人が参加した。女子大学生にとって、仕事と育児・家事の両立は関心の深い問題だろう。会社説明会が開催されない地域からの参加もあり、参加者の1人は男性だ。

KDDIからはワーキングマザーである社員2人が参加。LINEを通して、「仕事に復帰しようと思った原動力は?」「役に立った福利厚生制度は?」といった質問が積極的に寄せられた。

育児休暇に関する質問には、実際に同休暇を利用し、職場に復帰した社員が「KDDIでは女性の育児休暇取得は当たり前。男性の取得者もいる」と回答。男性の育児休暇について質問が出ると、同席していたイクメン人事部員・平岡貴志さんも回答に参加するなど、社員が自分の経験に基づいて本音で回答した。

社員との交流で会社の雰囲気を伝える

社内の一室に集まり、就活生とLINEで交流するKDDI社員たち

1時間に渡った交流会は、終始、なごやかな雰囲気で進み、素早いレスポンスの交換によって、密度の濃い交流が行なわれた。参加した学生たちとKDDI社員との距離もぐっと近づいたようで、最後はスタンプ(気持ちを伝えるイラスト)の送り合いで名残り惜しくも終了した。

荒木さんは、「社員の仕事に対するリアルな思いと、KDDIの社内の雰囲気を直に感じてもらえたのではないでしょうか。企業説明会に参加しにくい地方の就活生に対しても、当社のことを知ってもらえる機会になれば」と話す。

平岡さんも、「入社前から社員と交流していれば、抱いているイメージとのギャップも小さくなり、入社してから、こんなはずじゃなかったと思うことも減らせるでしょう。学生の皆さんには、KDDIのことをよく知って応募してもらいたいですね」と話す。

交流会は今後も開催され、その記録は、facebookの新卒採用ページで順次、公開される予定だ。ちなみに、KDDIの2014年新卒採用のテーマは「挑み、戦え。大志を抱け。」

採用する側も、KDDIへの理解を深めてもらうために、さまざまな方法にチャレンジしている。

取材・撮影:メンター・ダイヤモンド 児玉和樹

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

presented by KDDI

おすすめ記事

おすすめキーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん