2015/01/14

夜空がきれいな今こそ、天体観測アプリで星空を堪能

気候的な要因から、日本で星がきれいに見えるシーズンは冬であることをご存じだろうか? 理由は、空気が乾燥しているため、空を遮る水蒸気やちりが少なく、また、1等星の数も多いので夜空が明るく見えるからだ。

せっかく星がきれいに見える季節なのだから、じっくりと天体観測したいところ。だが、天体や星座についての知識がまったくない、という人も少なくないはず。

そこで紹介したいのが、auスマートパスで提供されているアプリ「スマートステラ・天体観測ナビ」。スマートフォンを空にかざすだけで、その方角の星空を再現してくれる。これなら天体観測の経験がない人でも、今、見えている星はどういう星座を構成しているのかが、すぐに把握することができる。

また、このアプリが持つ機能は、リアルタイムで見えている星を教えてくれるだけにとどまらない。

例えば、設定によってさまざまな場所、時間の星空をシミュレーションできる。時間については1900年~2099年まで検索できるので、「自分が生まれた日、世界各地はどんな星空だったか?」といった使い方もできるというわけだ。

また、このアプリでは、アナログな星座早見盤では記載されていない惑星や流星群の位置・方角が画面上で再現される。そのため、コンパスを持っていなくても、流星群はどの方向で降っているかを確認することも可能だ。

山など星をよく望める場所へ赴く際には、このアプリをインストールしておくと、夜空を一層楽しめそうだ。

文:藤麻 迪

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。