2014/11/13

恥ずかしがり屋必見! “ありがとう”をクーポンで伝える『giftee』

ネスレ日本が、2012年に発表した「メッセージ」に関する調査によれば、大切な人への「感謝」の気持ちを3人に1人が「伝えられていない」という。

この調査結果は、情報化社会が加速して、利便性や効率が良くなった反面、コミュニケーション不足が深刻化している状況を明らかにした。コミュニケーションが希薄化する中で、しっかりとしたお礼が"重い"と捉えられる風潮が強くなっているのかもしれない。

株式会社ギフティでは、気軽に"小さなありがとう"を贈ることができるサービス「giftee(ギフティ)」を提供中だ。「giftee」 は、メールや SNS などを通じて、ちょっとしたギフトを友達や家族に贈ることができるサービス。贈り主が、プレゼントクーポン付きのURLを送信し、受け取り主が店でそのクーポンを見せると商品がもらえる仕組みだ。

2011年3月のサービス開始以降、カフェやコンビニなどのコーヒーやデザート、買い物券といった商品を取り扱っており、現在の会員数は約14万人を突破した。KDDIとも連携し、「auスマートパス」会員向けには、「giftee for auスマートパス」を提供中。auスマートパス会員には、毎月変わる特典が用意されている。

活用シーンは、日常の何気ないところに潜んでいる。例えば、家族や友人、恋人はもちろん、仕事関係で他部署の人や取引先などに、ちょっとしたお礼として、コーヒー1杯をクーポンでプレゼントしてみてもいいかもしれない。日頃の感謝を伝えたいけれど、何だか照れくさくてできない人には最適といえそうだ。

メールや、SNSで気軽に感謝の気持ちを込めてプレゼントできる「giftee」。あと1カ月足らずでやってくるクリスマスには、お互いが負担にならないプレゼント交換会を行い、1年の労をねぎらってみてはいかがだろう。

文:山中一生

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook