TS デジカル情報部

2014/08/20

居眠り防止に役立つ! 眠くなると起こしてくれる腕時計「Spark」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大切な会議や試験など、寝てはいけない場面で眠たくなってしまう経験は誰にでもあるはず。そんな時に役立つアイテムが、居眠りをすると振動で起こしてくれる腕時計「Spark」だ。

Sparkは、装着した人の疲労をモニタリングし、振動で覚醒させる腕時計。まずはじめに、Sparkを装着して自分の運動速度と運動頻度を記憶させる。続いて、会議などの直前に、時計の横についているボタンを押してセットすれば準備完了だ。

セット完了後、例えば会議中、使用者の運動速度が遅くなったり、運動頻度が減ると、「眠りそうだ」とSparkが判断し、振動を与えて覚醒させる仕組み。振動の強さは、あらかじめ設定することができる。

Sparkは、リチウムイオン電池で駆動しており、1回の充電で5~7日間ほど持つ仕様となっている。また充電は、時計の側面についているUSBソケットから行う。

同商品は、現在、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で39ドル(約4,000円)から購入可能。発送は2014年11月を予定しているとのこと。なお、新しい機能として、電気ショックで覚醒させる新商品も現在開発しているそうだ。

毎日遅くまで仕事や勉強をしている人にとっては、手助けになる?

文:山田滝音

CLOSE

さん