2014/06/09

【まるで魔法】iPhone/iPadを触れずに操作する『iRing』が発売

iPhone、iPadなどに代表されるあの独特の操作感。今は慣れた人も多いだろうが、発売当時はとても近未来的な感じがしたものだ。今回登場した「iRing」は、その近未来感をさらに加速させるアイテムだ。

IK Multimediaが開発した「iRing」は、iPhoneやiPadなどの画面に触れることなく、各種音楽アプリを手の動きでコントロールできるようになるというもの。本体はリング状で、これを二つ、指に装着して使用する。iPhone、iPadのカメラが「iRing」の動きを最先端のモーション・トラッキング技術によって3Dで認識し、動きのパターンに応じて各コマンドが実行されるという仕組みだ。なお、「iRing」は電源を必要としない。

「iRing」は、指輪型コントローラーに加えて、「iRing Music Maker」「iRing FX/Control」という二つのアプリによって構成されている。「iRing Music Maker」はグルーブ、メロディー、エフェクトを、「iRing FX/Control」はディレイ、フェイザー、ファズといった全16種類のエフェクトを操作するためのアプリ。

利用法として真っ先に浮かぶのは、DJやギタリスト、ボーカリストといったパフォーマーのステージにおいてだろう。手をかざしたり、動かしたりするだけで操作ができるため、そうしたパフォーマーのステージングの幅を広げるであろうことに間違いはないが、何より操作感が極めて単純なため、音楽アプリの初心者でも簡単に楽しむことができる。

まるで、魔法のような操作を可能にした「iRing」で、SFの世界を先取りするのも面白いかもしれない。

文:武藤弘樹

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook