2014/06/06

ワイヤレスのさらに上? 空中で操作が可能なエアーマウスが登場

デスクトップ型のPCに欠かせないのがマウスの存在。一番多く見られるのは有線のもので、ほかに、ワイヤレスマウスやトラックボールなどがあるが、どれも卓上に置いて使用する。これは当然といえば当然だが、卓上型マウスはある程度の操作スペースを必要とするし、使う際に姿勢が限定される。

そうした従来の常識の上をいくマウスが登場した。エアーマウス「DN-10725」である。株式会社ドスパラが開発し、通販サイト「上海問屋」から購入することができる。価格は2,999円(税込)。

エアーマウス「DN-10725」は、空中での操作が可能なマウスだ。ジャイロセンサーを搭載しており、リモコン本体に単四電池を二本、パソコン側にUSBレシーバーをセットして使用する。

本体の形はテレビのリモコンに近い。付いているボタンは、クリック/決定ボタンはもちろん、音量ボタンやカーソルキーなどがある。ちょうど、Wiiリモコンの操作感をイメージしてもらえれば分かりやすいかもしれない。ポインタの位置の調整は「エアーマウス機能」ボタンを押してマウスの動作を停止する、などして簡単に行える。

なにしろマウスを「どこかに置いて使う」という制約から解放されるのが最大のメリットだ。リラックスした姿勢でPCを操作したい際や、職業柄PCに向き合う時間が長く人差し指が腱鞘炎気味になっている人、PCのディスプレイをテレビに設定している人などに、特に重宝するアイテムだ。

文:武藤弘樹

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook