2014/03/24

電池までシェア スマホからスマホに電池を輸血、献血啓発団体が開発した助け合い精神の充電ケーブル

スマホの便利さに慣れてしまうと、コミュニケーションもメールやチャットで済ませがち。スマホばかりでリアルなコミュニケーションが少なくなっている様子に危機感を覚え、スマホからフィーチャーホンに機種変更した社員に手当を支給する、なんて会社もあるほど。

でもスマホの普及は、本当にリアルなコミュニケーションの機会を奪うだけなのだろうか?

ブラジルの献血啓発団体Clube Sanguebomが開発したユニークなiPhone用充電器「The Donor Cable(ドナーケーブル)」が、スマホが生み出すコミュニケーションについて、なにかヒントをくれるかもしれない。

The Donor Cableは、いってみればiPhone同士で電池の"輸血"を行うケーブル。電池がたくさん残っている元気なiPhoneを、電池が切れそうなiPhoneにこのケーブルでつなぐと、電池が切れそうなiPhoneに電池が"輸血"されるのだ。

日本でも、スマホからスマホに充電できるケーブルが登場している。特にスマホ2台持ちや、タブレットとの2台持ちの人が活用しているようだが、他人のスマホから応急処置で電池をもらう場面もあるようだ。

充電をきっかけに生まれている、スマホ同士での新たなコミュニケーション。大人数から1台へ電池をシェアできるような仕組みがあっても、面白いかもしれない。いつかもしかしたら、電池のシェアから恋が生まれる、なんてこともあったりして......。

文:加瀬正清

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook