2014/03/04

謎の人気で在庫切れ! 誰得なスマホより小さいミニ自作液晶ディスプレイが局地的話題に

ミンティアの空き箱に収めるのが定番

超小型のUSBモノクロ液晶ディスプレイが自作できるキット「ChibiMo Kit 3f(ちびモキット3f)」が秋葉原の三月兎2号店で販売された。

キットには基板とコンデンサー、抵抗などのパーツがセットになっていて、パーツを基板へハンダ付けし、別途用意した液晶モジュールをつなげると、2.7インチのUSBモノクロ液晶ディスプレイができあがる。

対応するシャープ製の液晶モジュールは小型、超薄型なので、完成した液晶ディスプレイは、「ミンティア」の空箱にすべて収めることが可能。使い道はさまざまだが、ノートPCとともに常にサブディスプレイをポケットに入れて持ち歩くこともできる。

バックライトが無いため、目が疲れにくいという特徴があり、極小の電子書籍リーダーとして使うことも可能だ。文字はかなり小さくなるが......。

基板が小さいためハンダ付けの難易度は高いが、昔、電子工作で鳴らしたことのあるミドルエイジや、現役で電子工作を趣味としている人にとっては興味深い代物。

なお、人気のため現在は在庫切れ、基板の次回入荷は3月上旬となっている。ネット上には、ユーザーによる製作動画が上がっているので、製作にチャレンジする人は予習してみてはいかが?

文:七ケ島喬介

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook