2014/03/04

テザリングって結局なに? 3種類の機能とiPhone、Android別の設定方法

パソコンやタブレットを持ち歩く人は頻繁に使うであろう「テザリング」。テザリングとは、スマートフォンのモバイルデータ通信機能を使用して、パソコンやタブレットをインターネット利用できるようにする機能だ。スマートフォン1台あればインターネットに接続できるので、利用している人も多いだろう。

そもそもテザリングという言葉は、「連結」「結合」などの意味を持つ英単語で、スマートフォンとノートパソコンなどを通信のために連結させるというイメージだ。

国内で大きなシェアを誇るiPhoneシリーズで、初めてテザリングが行えるようになったのは、auのiPhone 5。他キャリアも追随するかたちで実施し、テザリングという概念が一気に広まった。現在auでは、4G LTEスマートフォン、4G LTEケータイ、4G LTEタブレット、iPhone(iPhone 4S除く)、iPadで、テザリングが利用できる。

テザリングには3種類ある

テザリングはスマートフォンと機器の接続方法によって「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の3種類選択肢があり、それぞれに特徴がある。

■Wi-Fiテザリング

スマホがWi-Fiルーターの役割をするというイメージで、パソコンやタブレット、ゲーム機やカメラなど、Wi-Fiを搭載している製品に広く対応。通信が高速で、しかも複数の機器を同時に接続できる。ただしスマートフォンの消費電力が大きく、充電の減りが早い。また周囲に多くの人がWi-Fiを使っている環境にいる場合、速度が遅くなる場合がある。

■Bluetoothテザリング

Bluetoothでペアリングしたデジタル機器をインターネットに接続する。Wi-Fiテザリングに比べると通信は低速だが、設定が簡単で、消費電流が少なく、スマートフォンのバッテリーの持ちが良い

■USBテザリング

ノートパソコンのUSBポートにスマートフォンを接続して、給電しながらインターネットに接続する。ノートパソコン1台しか接続できないが、スマートフォンのバッテリーを気にせず高速で安定した通信を利用できる。

テザリングの方法は?

テザリングは、Androidの場合「テザリング」を選択して利用する。iPhoneの場合は「インターネット共有」がテザリング機能にあたる。

■Androidの場合

①[設定」→[接続」→[テザリング」
②接続方法を「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」からひとつ選択

画像はGalaxy S6 edge

■iPhoneの場合

①[設定」→「インターネット共有」→オン
②接続方法は、接続する機器側で選択する

Wi-Fiテザリングは名前とパスワードの設定を忘れずに

Wi-Fiテザリング利用時にはアクセスポイント名とパスワード(暗号化キー)を設定する必要がある。Wi-Fiテザリング機能(iPhoneの場合モバイル共有機能)を起動したスマートフォンは、Wi-Fiアクセスポイントとして周囲にいる誰からも見えてしまう

間違いなく自分のスマートフォンに接続するためには、わかりやすい名前をつけた方がいいだろう。また、テザリングのパスワードが他人に知られてしまうと、勝手にテザリング機能を利用されてしまうので、セキュリティの面からも、データ消費量の面からも注意が必要だ。

■Androidの場合

Androidは「アクセスポイント名称」と「パスワード」を任意に設定できる。

画像はGalaxy S6 edge

■iPhoneの場合

[設定]→[一般]→[情報」→[名前]で、設定するiPhoneの名前がアクセスポイント名称として使用される。

なお、Bluetoothテザリングの場合は、パソコンなどのデジタル機器側のBluetooth接続でスマートフォン選択する。USBテザリングの場合は、USBケーブルでノートPCとスマートフォンを接続すればよい。

利用シーンと使いたいデジタル機器にあわせて、上手に3つのテザリング方法を使い分けよう。

文:板垣朝子

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook