TS デジカル情報部

2014/09/18

快眠度を採点してアドバイスしてくれる、トラッキングガジェット「Sense」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

睡眠時の自分は、どのように寝ているのか、快眠できているのか、気になる人は少なくないはず。そんな人のために、睡眠の様子を監視するガジェット「Sense」を紹介しよう。

「Sense」本体は、デザイン性の高い球形のガジェット。本体以外に、枕に取り付ける「Sleep Pill」と、モバイルアプリが必要となる。

まず、アプリをダウンロードし、「Sense」本体を室内に置いて、枕に「Sleep Pill」を装着すれば準備は完了。これで毎日、利用者の眠り始めた時間や起床時間の記録をしてくれる。また、寝息や寝返りも記録し、睡眠を妨害した音、寝ている間の部屋の空気の微粒子なども測定するなど、睡眠環境を徹底的にデータ化する。

さらに、「Sense」は記録を取るだけでなく、就寝時に快適に眠れるようにLEDライトで室内の明るさを調節したり、心地良い音楽を流したりもする。アラーム付きの目覚まし時計としても使え、取得した睡眠情報から、快適に起きられる時間を自動計測してアラームを鳴らしてくれるので、より良い目覚めが約束されるはずだ。

加えて、アプリでは「Sence」本体が撮影した映像を再生することができ、自分の寝ている様子を確認することもできる。ほかにも、快適に睡眠が取れたかどうか100満点で採点してくれたり、睡眠改善のアドバイスもしてくれる。

一般発売は11月予定。価格は129ドル(約1万3,000円)。睡眠の質に不安のある人にお薦めしたいアイテムだ。

文:山田滝音

CLOSE

さん