2014/07/04

どっちがオマケか分からない! 手のひらであのキャラクターが立体的に浮かび上がる『ハコビジョン』

手のひらであのキャラクターが動く......。3Dプロジェクションマッピングの進化により、ワンコインで夢のような近未来体験ができる時代になった。

「ハコビジョン」は、バンダイが独自に開発した「ハコビジョン技術」(日本特許出願中)により、約8.5センチ四方の箱の中で、映像とフィギュアが織りなす美しい世界観を再現する商品。まずは、開封したパッケージにフィギュアとクリアプレートをセット。パッケージに記載されている二次元コードをスマホで読み取り、スマホで再生した映像をフィギュアに向けて下方向にセットしよう。これで準備完了。場所や時間を問うことなく、さまざまな立体映像を疑似的に体感することができる。

現在発表されているコラボ商品は、第1弾の東京ミチテラス2012「TOKYO HIKARI VISION」と 東京国立博物館「KARAKURI」、第2弾の「MOBILE SUIT GUNDAM」。8月11日には第3段コラボとして、世界中で爆発的な人気を誇る女性バーチャルアイドルの初音ミクが登場する。収録されるのは「Tell Your World / 二次元ドリームフィーバー」の全2種・各2曲。

子供だけではなく、大人も夢中になること間違いなしのこのアイテム。ただし、「ハコビジョン」はオモチャではなく、食玩と呼ばれるオマケ付きのお菓子。付属しているガムもおいしく食べて楽しもう。

文:大川竜弥

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。