2014/06/11

PCの中のデータや資料をいつでも取り寄せることができる! 『Chrome リモートデスクトップ』

取引先へ向かう道すがら、商談や打ち合わせで使用する大事なデータを会社のパソコンに置き忘れたことに気付き顔面蒼白......、なんて冷や汗の出るような経験をしたことはないだろうか?

そんなミスをカバーしてくれるアプリがGoogleから登場した。スマホから自宅または会社のパソコンに保存したデータを取り寄せるアプリ「Chrome リモートデスクトップ」だ。

まずはパソコンとスマホの両方にこのアプリをインストールし、それぞれの設定を行う。続いて、パソコン側でアプリを起動し、「リモート接続を有効にする」をクリック。次に認証用のPINコードを入力して準備OK。あとはパソコンがインターネットに接続している状態であれば、いつでもスマホからアクセスができるようになる。

一方、スマホ側の設定もいたって簡単。アプリを起動し、接続可能なパソコンが一覧で表示されるので、該当の機器情報を選んでタップする。次の画面でPINコードを入力して準備は完了だ。

Chromeリモートデスクトップは、もともと2011年にパソコン向けにリリースされており、他のパソコンから自宅パソコンを遠隔操作できるようになっていた。今回、スマートフォンからでも利用可能になり、利便性はますます向上した。現在はAndroidのみの提供だが、年内にはiOS対応のアプリをリリース予定。ビジネスマンの緊急事態を救ってくれるアプリとなりそうだ。

文:山田滝音

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook