2014/05/29

「置くだけで充電できる」 ワイヤレス給電規格『Qi(チー)』

今、「Qi(チー)」と呼ばれる無線給電規格が話題だ。無線給電規格とは、ワイヤレスで充電ができる規格で、最近ではスマートフォンでも対象機種が登場した。

2008年から本格開発が始まった「Qi」規格は、Wireless Power Consortium(WPS)が普及を目指している無接点充電技術のことで、国際標準化が進められている。「Qi」規格の充電器を持っていれば、この規格のアイテムをケーブルなしで充電することができるのだ。

このワイヤレス充電「Qi」は、「電磁誘導型」と呼ばれる技術を取り入れている。簡単に説明すると、充電器側から磁界を発生させると機器と共振し、そこに電力が発生して充電ができる仕組み。では、この技術ではどんなものが充電できるのだろうか。

現在「Qi」規格は、5W以下の低電力のみの規格となっており、電池、バッテリー、ワイヤレスマウス、スマートフォンなどで充電可能な機器が出ている。将来的には15Wから120Wまでの給電が可能になると予想されており、ノートPCの充電もできるようになるかもしれない。

また、この「Qi」以外にも「電磁誘導型」の技術を応用したものは既に登場している。 例えば、韓国では「オンライン電気自動車」がその技術を応用している。「オンライン電気自動車」とは、道路に埋められた架線から、電磁誘導によって無線で電力の供給を受けて走る自動車である。架線のない区間はバッテリーで走行する。日本でも同じように、決められた場所に7分間車を止めておくと5km走行できる、といった技術が既に開発されている。また、宇宙空間にある太陽発電所から地球上に電気を送るという研究も、その技術の応用である。

今後、この技術の進歩によって、スマートフォンやマウスだけでなく、身の回りのあらゆるものをワイヤレスで充電することが当たり前、という時代がくるかもしれない。

文:山田滝音

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook