2014/05/12

部屋の空間を3Dデータ化する『Tango』プロジェクト始動

Googleが新たな野心的プロジェクト「Project Tango」を発表した。Project Tangoは、3Dビジョン技術を搭載したスマートフォンのプロジェクトで、センサー、カメラ、高度なソフトウェアの組み合わせにより、屋内のナビゲーションやVRゲームなど、これまでにない全く新しい応用方法を研究するという。

Tangoは、赤外線センサーとカメラを搭載した専用のAndroid端末を使って、リアルタイムで3Dモデリングを行う。普通のカメラは現実世界を平面で捉えるが、Tangoは現実世界を3次元で捉える。スマホサイズのボディに収められた4台のカメラが、空間をスキャニングして認識する。プロトタイプのデバイスは、スマホ向けのコンピュータービジョン用に開発された新しい電力映像チップ2個を搭載した5インチのAndroidフォン。背面に4メガピクセルのカメラ、奥行きセンサー、そして動きを追跡する第2のカメラを備えている。これらの装置により、「3D測定を毎秒25万回以上行って、位置と向きの情報をリアルタイムで更新し、そのデータを周囲の3Dモデルに統合できる」と、Googleは説明する。

この技術を利用することで、例えば、家具を購入する時に、自分の部屋をスキャンしておいて家具のデータと組み合わせれば、部屋に置いた時のイメージを検討できる。また、迷子になりやすい大きな建物やアトラクションでも、道案内の役割として活躍しそうだ。

現在、Googleにはストリートビューがあるが、この技術と連動してストリートビューが3D化したら、より楽しく利用できそうだ。今まで平面だけだった世界が立体化されるので、風景写真だけでも楽しめるのかもしれない。今後、どのような形でTangoと他の技術が組み合わさってくるのか要注目だ。

文:山田滝音

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook