2014/02/26

アジアのファーストランナーが連携してNFCのグローバル展開を推進

NFC(Near Field Communication:近距離無線通信技術)は、モバイル分野で今後さまざまな展開が期待されている技術。携帯通信事業者の業界団体「GSM Association」も、NFCを今後の通信事業ビジネスにおける中核技術と位置付けている。

NFCは、
・ICカード機能:スマートフォンをICカードとして利用できる機能
・リーダーライター機能:NFCタグの情報を読み取る機能
・Peer to Peer機能:NFC対応機器の間で情報をやり取りする機能
の3つの機能を備えている。

現状、日本において、非接触型のICカードでは、JR東日本のSUICAなどに使われている「FeliCa」が主流となっているが、NFCは国際標準規格として定められ、世界各国のサービスで採用されている。

スマートフォンをクレジットカードや電子マネー、交通チケットとして利用したり(ICカード機能)、NFCタグが付けられたポスターなどにスマートフォンをかざすだけで情報を表示したり(リーダーライター機能)、同じくスマートフォンをNFC対応機器にかざすだけで機器を設定して、機器同士をつなげる(Peer to Peer機能)ことができる。スマートフォンの使い方をいろいろな領域に広げることができるのが、NFCだ。

これまでKDDIは、2012年1月に日本で初めてNFCに対応した端末を発売、同年10月には日本航空(JAL)と協力して、世界で初めてNFCを活用した航空チケット「JALタッチ&ゴー」を全国の航空で開始するなど、「NFCといえばKDDI」といわれるくらいに積極的な展開を行ってきた。

もちろん、KDDIのみが独自にNFCサービスを展開しているわけではなく、NTTドコモ、ソフトバンクと「モバイル非接触ICサービス普及協議会」を設立。国際標準規格であるNFCの国内での普及と展開を推進している。

そして今回、こうしたNFCへの積極的な取り組みを海外にも拡大。「アジアNFCアライアンス」を、韓国、香港、台湾の通信事業者と連携してスタートさせた。

KDDIも含め、アジアの通信事業者が結集したのは、NFCサービスにおいてはアジアが世界のトップランナーであるため。日本人渡航者が多く、NFCサービスの導入が進んでいるアジア諸国を中心に、仕様の共通化と利用場所の拡大を図っていく予定だ。

NFCサービスの普及と拡大を目指して、国内・国外を問わず先進的な取り組みを進めているKDDI。今回、話を聞いたのは、サービス企画本部ライフデザインサービス企画部(左から)の角田大輔、八島利浩、阪東謙一

そしてもう一つ、「アジアNFCアライアンス」は重要な意味を持っている。それは、NFCの「ファーストランナー」が集まって、NFCを強力に推進しようとしている点にある。

NFCは、国際標準規格だが、国際標準としては大きな枠組みが決められているのみで、実際にサービス展開していく際には細かい取り決めが必要になる。技術的な課題はもちろん、例えばサービスを表す統一マークの策定など、具体的かつ実務的なことを、NFCへの情熱が高い事業者、NFCへのリテラシーが高い事業者が集まって策定し、世界を引っ張っていこうというのが、「アジアNFCアライアンス」なのだ。

お客さまには、さまざまなNFCサービスを国内外を問わず、気軽に使っていただけるように。サービス提供者には、NFCを活用して、低コストでサービスが提供できるように。ベンダーには、標準化を進めることで、低コストでNFC機器を開発・提供できるように。そして、通信事業者はNFCによって新しいビジネスモデルを構築できるように――アジアNFCアライアンスは、NFCのエコシステムを実現し、NFCサービスを拡大するための、強力なエンジンであり、跳躍台といえる。

そして、国内での取り組みと同様、「アジアNFCアライアンス」は極めてオープンな取り組みだ。今はファーストランナーたちが結集して、スタートダッシュをしようというフェーズだが、今後、世界各国の他のキャリアを巻き込んでいく見通しだ。

文:増田隆幸

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

presented by KDDI

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook