2014/05/16

クラウドサービスって何? 具体的な使い方や使用時の注意点

■クラウドサービスとは?

日本語で「雲」を意味するクラウド。普段なにげなくクラウドサービスを使っているけれど、仕組みを理解していない人もいるだろう。

クラウドサービスとは、データをネットワーク上に置くことで、複数のデバイスでの共有、ダウンロードを可能にするサービスを指す。もちろん、インターネットに接続できる環境が必要だ。

■クラウドサービスはどうして便利なの?

クラウドサービスは次のような使い方が想定できる。

・PC に保存しているデータをクラウドに移動させて、空き容量を確保する
・万が一、PCが壊れた場合に備えたバックアップとして利用する
・新しいPCに買い替える際の一時的なバックアップとして利用する
・複数のPCから同じデータにアクセスする

例えば、自宅のPC、移動中のスマートフォン、旅先のホテルで使うモバイルPCなど、さまざまな場所から同じデータにアクセスできたり、複数の友人たちと簡単に写真をシェアできたりと、クラウドサービスを上手く活用すれば、より便利になる生活シーンは多い。

■クラウドサービスの使い方

(1)クラウドサービスをネット上で探す
無料で使えるクラウドサービスも多い。自分の使いたいだけの容量があるか確認しよう。

(2)登録する
クラウドサービスの手順に従って登録作業をしよう。数分で終わる簡単な作業であることがほとんどだ。

(3)ファイルをアップしよう
サービスの手順に従って、データをアップしよう。これで、どこからでもデータにアクセス可能だ。

■クラウドサービスを使う時の注意点

下記のようなことに注意が必要だ。

(1)そのクラウドサービスは信用できる企業が運営しているか
大切なデータを預けておく場所だ。万が一の流出や、突然のサービス停止でデータが失われることに備え、事前に評判を調べよう。また、英語が得意でない人は、日本語で利用できるサービスを選んだ方がいいだろう。

(2)パスワードや個人情報、重要なデータをアップするのはなるべく避ける
これも、万が一の流出や消失に備えるため。銀行にお金を預けるのと同じで、確率は低いもののデータ自体が無くなる可能性はゼロではない。いざという時のために、過信し過ぎないことも大切。

最近では、用途に合わせてたくさんのクラウドサービスが提供されている。一度使ってみれば非常に便利なツールであるクラウドサービス。ぜひ使ってみてはいかがだろうか。

文:大川竜弥

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook