2014/02/21

ウエアラブルデバイスで姿勢を直して積極的に

  • 12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カリフォルニア州Palo Altoのスタートアップ、Lumo Body Tech社は、昨年、腰に巻くバンド型の姿勢モニター機器「LUMOback」を発売した(『ハイテク猫背矯正バンド』を参照)。スマートフォン用アプリと連動して、装着した人の姿勢をベルトの傾きなどから割り出して表示する。画面からのフィードバックだけでは仕事中に常にスマートフォンを見ていなければならないが、LUMObackは、姿勢が悪くなると、4秒後、11秒後に振動で知らせてくれる。価格は約150ドルだ。

発売後に集めたユーザーの声から同社が開発した新製品が「Lumo Lift」だ。小型軽量で、マグネットで上半身の衣類(シャツや上着など)に装着し、前屈みになっていることを検出すると振動で知らせてくれる。歩数や消費カロリーなどを計測するトラッカー(運動量計)としても機能し、計測結果をスマートフォンに表示できる。発売時期は今春で、予約注文価格は79ドルだ。

そもそも同社の最初の製品であるLUMObackは、腰痛や首の痛みを姿勢矯正で緩和するために開発された。創業者が腰痛持ちだったそうである。正しい姿勢を保ちたいというニーズはほかにもあって、いわゆるフィットネスの効果を高める上でも有効だし、メンタル面での効果もあるそうだ。背筋を伸ばし顔を上げると見栄えが良くなるので、商談や就職にも有利だし、ホルモン分泌にも影響して、自信が出てきて明るく積極的になれるのだそうだ。

同社製品はFDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を得ることを狙っている。将来的に医療機器として腰痛治療に使ってもらいたいからだ。すでに同社は医療機関との提携に着手しているとのことである。

著者:信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発にあたる。現在はビジネスアーキテクツ社にてモバイルヘルス分野の新事業立ち上げに従事。同志社大学ビジネススクール嘱託教員として「技術開発と事業化戦略」を担当している。

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん