2022/09/07

Androidスマホ「Googleバックアップ」で復元できないデータとは?対処法や注意点を解説

スマホを使用するうえで欠かせないのが、データのバックアップだ。バックアップを取っておけば、機種変更や万一の紛失、故障時など、スマホのデータを復元したいときに役立つ。Androidユーザーなら、標準搭載されている「Google Oneバックアップ(以下、Googleバックアップ)」の機能を設定している人も多いだろう。

Googleバックアップ

この機能でバックアップを取ったデータはGoogleのサーバーに保存され、新しいスマホなどにGoogleアカウントを追加すると、自動的に復元される仕組みとなっている。

とはいえ、すべてのデータがGoogleバックアップで保存できるわけではない。なかには復元できないデータもあるので、Googleバックアップから復元できるデータとできないデータを解説し、復元できない場合の対処法についても紹介する。
※Galaxy S21(バージョンはAndroidOS 11)を使用

【目次】

最初に知っておきたい3つの注意点

Googleバックアップで復元できるデータと復元できないデータを紹介する前に、確認しておきたい注意点が3つある。

①OSのバージョン

Googleバックアップでは、バックアップを作成したときよりも古いバージョンのAndroid OSを搭載したスマホには、データを復元することができない。データを復元するスマホのOSバージョンをあらかじめ確認し、必要に応じてOSをアップデートしてから復元するようにしよう。

OSのバージョンは「設定」から[端末情報]▶[ソフトウェア情報]▶[Androidバージョン]で確認できる。

Googleバックアップの注意点

②データ容量

無料のGoogleアカウントで保存できるデータの容量は、1アカウントあたり最大15GB。当然ながら、本体内のデータが15GBを超えていると、バックアップを取ることができない。その場合は有料プランに加入するなど、あらかじめ本体内のデータ以上の容量を確保しておくことが必要だ。

Googleバックアップに保存したデータの容量は、「設定」から▶[アカウントとバックアップ]▶[データをバックアップ]▶[アカウントストレージ]で確認できる。

Googleバックアップの注意点

また、スマホ本体の内部ストレージ容量は、「設定」から[バッテリーとデバイスケア]で確認できる。

Googleバックアップの注意点

③データの保存期間

Googleバックアップをオンにした状態で、スマホを57日間使用しなかった場合と、Googleバックアップを無効にした場合、バックアップしたデータは消去されてしまうので注意が必要だ。

Googleバックアップの注意点

この3点を確認したうえで、次はGoogleバックアップで復元できるデータと復元できないデータを紹介しよう。

Googleバックアップで復元できるデータ

まずはGoogleバックアップで「復元できるデータ」を紹介する。

・電話帳

連絡先アプリに登録しているデータ。

・通話履歴

発信履歴と着信履歴。

・SMS、MMS履歴

SMS、MMS(キャリアメール)でやり取りしたメッセージ。

・一部の写真と動画

スマホのカメラで撮影したもののみ復元可能。

・一部のアプリのデータ

インストール済みのアプリは、有料無料を問わずにすべて復元される。ただし、アプリ内のデータに関しては、アプリ側がGoogleバックアップに対応している場合のみ復元できるので、あらかじめ各アプリの公式サイトなどで規約を確認しておこう。ちなみに、Google Playのポイント、クレジット残高、購入履歴は復元できる。

・スマホに保存しているWi-Fiのパスワード

Wi-Fiのパスワードも復元できるため、登録したWi-Fiが届く範囲内に入れば、古いスマホを使用していたときと同様に自動接続される。

・Bluetoothでのペアリング設定

Bluetoothでスマホと機器をペアリングしている場合、その設定も復元される。

・壁紙

壁紙は復元できるが、アプリの配置は復元できない。

・各種設定

アクセシビリティやブックマーク(標準ブラウザであるChrome)、日付と時刻、言語と入力設定など、各種設定も復元できる。

・Googleサービスのデータ(Gmail、Googleカレンダー、Googleドライブ、Googleフォトなど)

GmailやGoogleカレンダーといったGoogleサービスのデータは、もともとスマホ本体ではなくGoogleのサーバーに保存されている。アカウントにログインすればデータは自動的に同期されるため、バックアップを取る必要はない。ただし、Google Payに登録した電子マネーやクレジットカード情報は、個別に引き継ぎ作業が必要なので気をつけよう。

Googleバックアップで復元できないデータ

次にGoogleバックアップで「復元できないデータ」を紹介する。

・スマホで撮影していない画像と動画

デフォルトの設定のままだと、スクリーンショット、ウェブサイトからダウンロードした画像・動画、LINEからダウンロードした写真などは復元できない。これらのデータのバックアップを取る方法は後述する。

・オーディオファイル

MP3やWAVなどの音楽ファイル。

・文書ファイル

WordやExcel、PowerPointなど、Microsoft Officeで作成したり閲覧したりするファイル。PDFファイルも含まれる。

・LINEのトーク履歴

LINEのトーク履歴も復元できないため、あらかじめLINEアプリを操作してバックアップを取ることが必要になる。方法は後述する。

・電子決済アプリの情報

キャッシュレス化が進みつつある昨今、Google Payやおサイフケータイ®アプリといった電子決済アプリを使っている人も多いが、アプリの残高や登録した電子マネー、クレジットカードなどの情報はGoogleバックアップでは復元できない。引き継ぎの手順に関しては、電子マネーの種類やクレジットカード会社によって異なるため、事前に必ず調べてほしい。

・その他、Googleバックアップに対応してないアプリのデータ

ゲームアプリなど。こちらもアプリによって引き継ぎ方法が異なるため、あらかじめ各アプリのヘルプや公式サイトなどで確認しておこう。

復元できないデータはどうする?バックアップを取る別の方法

Googleバックアップで復元できないデータは、別の方法でバックアップを取ることが必要になる。それぞれの手順を紹介する。

・スマホで撮影していない画像と動画

前述の通り、スクリーンショット、ウェブサイトからダウンロードした画像・動画、LINEからダウンロードした写真などは復元できないため、設定を変更する必要がある。「Googleフォト」アプリの[フォトの設定]から[バックアップと同期]をタップ。

バックアップを取る方法

[デバイスのフォルダのバックアップ]をタップし、オフになっているスイッチをすべてオンにする。

バックアップを取る方法

・オーディオ(音楽)ファイルと文書ファイル

スマホ内のファイルを管理できるファイラーアプリ(「Files by Google」など)を使ってバックアップを取る。「Files by Google」アプリの場合、[音声][ドキュメント]などファイルをすべて選択し、右上の[メニューボタン]から[Googleドライブにバックアップ]を選択し、[OK]をタップして保存しよう。

バックアップを取る方法

・LINEトーク履歴

LINEのトーク履歴は前述のとおり、「LINE」アプリを操作してバックアップを取っておくことが必要になる。
※この章のみGalaxy A53(バージョンはAndroidOS 12)を使用

「LINE」アプリを起動し、ホーム画面の[設定アイコン]▶[トーク]をタップする。

LINEのバックアップ

[トーク履歴のバックアップ・復元]をタップし、Googleのアカウントを登録したら[Googleドライブにバックアップする]をタップ。

LINEのバックアップ

なお、[自動バックアップ]をオンにしておけば、自動的にバックアップができるので便利だ。

LINEのバックアップ

・その他、Googleバックアップに対応してないアプリのデータ

まずはアプリごとにバックアップ方法を確認しよう。たとえば、Googleバックアップに対応していなくても、自分の決めたID・パスワードさえ控えておけば、違うスマホからでもログインできるアプリは多い。TwitterなどのSNSが代表的だ。また、なかには事前に引き継ぎ用のIDや番号を発行するなど、独自の方法でデータを引き継げるアプリもある。こちらはゲームアプリなどに多い。

復元できないデータはmicroSDなど外部ストレージに保存する手も

Googleバックアップだけで復元できないデータは意外と多い。復元できないデータは、写真や動画ならGoogleフォト、音声や文書ならGoogleドライブで管理し、アプリのデータの引き継ぎについてはアプリごとに確認するのがおすすめだ。

また、バックアップの方法については、自動バックアップにこだわらなければ、手動でmicroSDなど外部ストレージに保存することもできる。Googleストレージが容量不足の場合や、二重バックアップを取りたい場合、クラウド以外の記憶媒体にも保存したい場合などは、microSDによるバックアップも活用しよう。

ファイルやアプリ、設定などが適切に保存されていれば、機種変更や紛失などでスマホを新しくしても、快適に使いはじめることができる。本記事を参考に、復元できるデータ・できないデータを整理し、データやファイルを大切に管理しておこう。

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook