2022/02/02

iOS 15新機能「集中モード」とは?おやすみモードやマナーモードとの違いなど紹介

iOS 15へのアップデートにより、iOS 14まで搭載されていた「おやすみモード」機能にプラスして、新たに「集中モード」機能が追加された。

集中モード

おやすみモードは就寝中の通知のオン/オフをカスタマイズできる機能だったが、集中モードでは就寝中に加えて仕事中、料理中、運転中など、さまざまなシーンにあわせて通知のオン/オフをカスタマイズできる。

マナーモードと似ているように感じるかもしれないが、マナーモードはあくまでも通知を消音し、バイブレーションに変更する機能であるのに対し、集中モードは通知そのものを遮断できるのがポイントだ。

おやすみモード、集中モード、マナーモードの違い

これによりiPhoneの通知によって集中力を削がれたり、プライベートの時間を邪魔されたりすることを防げるようになった。

この記事では、そんな便利な集中モードの各機能と、設定方法について解説する。

【目次】

集中モードとは

集中モードとは、通知のオン/オフをシーンにあわせてカスタマイズできる機能だ。以前からあった「おやすみモード」「睡眠」に加えて、「パーソナル」「仕事」「読書」「運転」など、利用シーンごとに連絡先やアプリの通知・非通知を振り分けられる。また、標準で用意されているシーンだけでなく、任意のシーンを作成し、通知のオン/オフをカスタマイズすることもできる。

たとえば、資格の勉強に集中するために「勉強」というシーンを作成し、ゲームアプリの通知をオフにする……といった使い方も可能だ。ほかにも、自分のライフスタイルに応じて設定をプリセットしておけば、集中したい場面で不要な通知をシャットアウトできるため、タスクもよりはかどるだろう。

勉強の集中モード

なお、iPhoneで集中モードをオンにすると、同じApple IDでログインしているApple WatchやMacなどのデバイスでも自動的に集中モードがオンになる。せっかく集中モードを使っても、iPhone以外のデバイスに通知が届いては元も子もないので、これは非常に助かる機能だ。逆に連携を解除したい場合は、「設定」アプリの[集中モード]内にある[デバイス間で共有]ボタンから、設定のオン/オフを切り替えられる。

集中モードのデバイス間で共有

集中モードの設定方法

ここからは、集中モードの設定方法を紹介しよう。まずは「設定」アプリから[集中モード]をタップ。

集中モードの設定

あとは以下の3つのステップで設定できる。

・集中したい場面を選択する

[集中モード]の画面が表示されたら、[おやすみモード][パーソナル][仕事][睡眠]のなかから、集中モードとして設定したいシーンを選択。その他のシーンを設定したい場合は、[+]マークをタップしよう。[ゲーム][読書][運転]など、さらに豊富な選択肢が一覧される。

集中モードの設定

それでも自分にあった選択肢が見つからない場合は、任意の名前をつけて集中モードを作成することも可能だ。[カスタム]をタップし、[集中モードに名称を付ける]の画面で名前、アイコン、色を決定する。

集中モードの設定

・通知を許可する連絡先

次に表示されるのは[通知を許可する連絡先]の画面だ。集中モードをオンにしているときでも通知を許可したい相手がいる場合は、[追加]をタップし、連絡先に登録してある連絡先にチェックを入れて[完了]をタップしよう。

集中モードの設定

さらに[着信]をタップすれば、電話を受ける相手を設定することもできる。連絡先に登録した相手の着信を許可する場合は[すべての連絡先]を、連絡先に登録していない人も含めた全員の着信を許可する場合は[すべての人]を、誰からの電話も受けたくない場合は[誰も許可しない]をタップ。[よく使う項目]を選択すれば、[連絡先]アプリで[よく使う項目]に追加した相手からの着信だけを許可することも可能だ。

集中モードの設定

ちなみに、[繰り返しの着信を許可]をオンにしておくと、同じ人から3分以内に2度目の着信があった場合のみ、通知が届くように設定できる。[着信を許可]画面での操作が完了したら、[完了]▶[許可]または[誰も許可しない]をタップ。

・通知を許可するApp

[通知を許可するApp]の画面では、インストールしているアプリのなかから通知を許可するアプリを選択できる。[App]または[Appを追加]をタップし、任意のアプリを選択したら「完了」をタップしよう。

集中モードの設定

また、[即時通知]設定しているアプリからの通知のオン/オフも設定できる。[即時通知]とはiOS 15から追加された新機能で、集中モードにおいて特別扱いされる通知のことだ。集中モードの最中であっても、即時通知を設定したアプリはすぐに通知され、ロック画面に約1時間表示され続ける。ただし、即時通知を設定したアプリであっても、[通知を許可するApp]内の[即時通知]をオフにしておけば、その集中モードが適用されているあいだは通知されることはない。

集中モードの設定

集中モードの初期設定は以上で完了。機能がオンになっているかは、コントロールセンターで確認できる。集中モードの適用中であれば、各モードに設定したアイコンが表示されているはずだ。たとえば、おやすみモードがオンなっているなら、三日月のアイコンが表示される。

集中モードの設定

集中モードのオン/オフを切り替えたい場合は、コントロールセンターを開き、集中モードのアイコンをタップするだけでOKだ。

各種オプション機能の設定方法

集中モード機能にはオプションで設定できるものがいくつかある。「設定」アプリから[集中モード]をタップ。任意の集中モードを選択すると、下記のオプション機能を設定できる。

集中モードの設定

・集中モード状況を共有

[集中モード状況を共有]は、周囲の人に自分の集中モードの状況を知らせる機能だ。設定をオンにすると、自分にメッセージを送った人に対して、自動的に「自分が集中モードになっていること(=通知が受け取れないこと)」をお知らせできる。ただし、表示される文面はアプリによって異なり、集中モードに対応していないアプリもある。また、どの集中モードを使っているかまでは送信されないのでご安心を。

集中モードの設定

・ホーム画面

[ホーム画面]を設定すれば、ホーム画面のなかから指定したページだけを表示できる。つまり、集中モードとは関係ないアプリを非表示にし、タスクにより集中する環境を作ることが可能なのだ。

[ホーム画面]をタップし、[ページをカスタマイズ]をオンに。この集中モードのときに表示したいホーム画面のページを選択したら、最後に[完了]をタップしよう。

集中モードの設定

ちなみに、[通知バッジを非表示]をタップすれば、集中モードの最中に通知バッジが表示されないようになる。

・ロック画面

さらに集中モードが適用されているあいだのみ、ロック画面の表示方法を変更することもできる。[ロック画面に表示]をオンにすれば、集中モードによってオフになっている通知を、ロック画面だけに表示することが可能だ。

集中モードの設定

[ロック画面を暗くする]をオンにすれば、日付と時計を除くロック画面の表示が暗くなる。仕事や勉強などに没頭している最中、意識が逸れるのを防ぐことに役立つだろう。

・オートメーション

また、日時や位置情報にもとづいて、自動的に集中モードが起動するように設定できる機能もある。[スケジュールまたはオートメーションを追加]をタップし、[時刻][場所][App][スマートアクティベーション]のなかから適したものを選択しよう。

集中モードの設定

①時刻

指定した曜日と時刻のあいだ、自動的に集中モードが起動するように設定できる。たとえば、夜の21〜23時は勉強に集中したい場合、あらかじめ曜日と時刻を設定しておけば、エンタメ系アプリなどの通知に惑わされなくなるはずだ。

集中モードの設定

②場所

特定の場所にいるあいだ、自動的に集中モードが起動するように設定できる。たとえば、勤務先に着いたタイミングで集中モードをオンにしたい場合、勤務先を検索するか住所を入力し、その場所を指定することで、仕事中に余計なアプリを触ることを防げるだろう。

集中モードの設定

③App

特定のアプリを使用中、自動的に集中モードが起動するように設定できる。たとえば、音楽ゲームをプレイしているあいだに集中モードをオンにすれば、画面を邪魔する通知バーや気が散る通知音がなくなり、スコアを落とすこともなくなるだろう。

集中モードの設定

特定のアクション時に自動でオン

集中モードによっては、特定のアクションを起こしたときに自動でオンになる機能もある。「設定」アプリから[集中モード]をタップし、右上の[+]から追加できる。

集中モードの設定

・ゲーム

ワイヤレスコントローラを接続したときに集中モードがオンになる。

集中モードの設定

・フィットネス

Apple Watchでのワークアウト開始時に集中モードがオンになる。

集中モードの設定

・マインドフルネス

Apple Watchでのマインドフルネスのセッション開始時に集中モードがオンになる。

集中モードの設定

・運転

運転時にiPhoneが動きを検知したり、 車載Bluetoothや「CarPlay」に接続したりすると、自動で集中モードがオンになる。また、運転中にメッセージが届いた場合、運転中である旨を自動返信で送ることもできる。

集中モードの設定

本当に集中力アップに役立つ?集中モードを使ってみた

では、集中モードを活用すると、どれくらい集中力の維持に役立つのだろうか。実際に筆者が使った体験をもとにレポートしたい。

仕事中に通知が届いてiPhoneを開き、そのままSNSやネットサーフィン、別のアプリに脱線してしまうケースには心当たりがある。そこで今回は、仕事中に不要なアプリの通知がオフになるように集中モードを設定した。

集中モードを試してみた

仕事の電話は受けられるように着信は許可しつつ、GmailやChatWorkなどのビジネスツールを除くアプリの通知をすべてオフに。これで作業に取りかかる準備は万端だ。

集中モードを試してみた

いざ作業をはじめてみると、確かにはかどる。特に大きいのは、知人からのLINEやTwitterなどのSNSの通知に気を取られなくなったことだ。iPhoneを開く機会が減った結果、それだけが要因ではないにせよ、iPhoneの閲覧時間を示すスクリーンタイムは前日・前々日と比べて3時間以上も下がっている。

スクリーンタイム画面

仕事中に脱線することはほとんどないと思っていたが、こうして一切の通知をなくしてみると、意外と通知によって集中力を削がれていたことに気づかされた。

集中モードの便利さを実感したため、仕事の稼働時間である10時〜19時は自動的に集中モードがオンになるようにオートメーションを設定。作業効率を高めることに成功した。

集中モードを試してみた

集中モードを活用し、さまざまな場面で集中できる環境づくりを

iOS 14までのおやすみモードからカスタマイズの幅が広がり、自分のライフスタイルにあった設定ができるようになった集中モード。オートメーションなどのオプション機能も駆使しながら、勉強したい時間帯や勤務先などで集中モードをオンにしたり、ゲームアプリと連動させて趣味の時間に没頭したりと、さまざまな場面で集中できる環境づくりに取り組んでみてほしい。

文:佐藤宇紘

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook