2021/11/24

「+81」が付いた電話番号ってなに?着信やSMSが届いたときの対処法も解説

スマホを使っていると、ときおり「+81」が頭に付いた電話番号から着信やSMSが届くことがある。一般的な電話番号であれば「090」や「03」などからはじまるうえ、電話のプッシュボタンに「+」はないため、迷惑電話や迷惑メッセージではないかと不審に思う人もいるだろう。

「+81」が頭に付いた電話番号からの着信

本記事では、「+81」がどういったものなのか、危険性はないのかを解説。さらには着信やSMSが届いたときの対処法も紹介する。

「+81」からはじまる電話番号とは

「+81」は、国際電話における「国際電話識別番号」と日本の「国番号」を組み合わせた番号だ。

あまり聞き馴染みのない言葉かもしれないが、国際電話をかける際には、「090」や「03」などの最初の「0」の代わりに国際電話識別番号と相手先の国番号を入力することが、世界共通のルールとなっている。

国際電話における国際電話識別番号と国番号

国際電話識別番号は「+」で、スマホの場合は「0」を長押しするか、「*」を素早く2回プッシュすると表示される。一方で国番号とは、「ITU(国際電気通信連合)」が各国に割り当てた番号のこと。日本の国番号は「81」だ。

そのため、海外から日本に国際電話をかける場合、最初の「0」の代わりに「+81」を付けてダイヤルすることが必要になる。たとえば、「090-1234-xxxx」に国際電話をかけるのであれば、「+81 90-1234-xxxx」と入力するということだ。

なお、日本から日本に電話をかける場合も、「+81」を付けて電話することができる。その場合、国際電話扱いにはならず、通話料金も国内通話時と変わらない。これといったメリットはないため、国内にいる相手には通常の手順で電話をかけよう。

着信が「+81」付きで表示されるケースとは

「+81」が国際電話の形式だとすると、「+81」の付いた電話番号から着信やSMSが届いた場合、それらはすべて国際電話ということになるのだろうか。

結論から書くと、そうとは限らない。電話番号が「+81」付きで表示されるケースは、大きく3つに分けられる。

①日本の通信会社と契約しているスマホで、海外から電話をかけてきている

もっとも代表的なのは、日本の通信会社と契約しているスマホで、海外から電話をかけてきているケースだ。

電話しているビジネスマン

国際電話がかかってきた際には、電話番号の最初に「+」と、相手の契約している通信会社の国番号が表示される。そのため、日本で契約したスマホから国際電話を着信すると、電話番号には「+81」が付くことになるのだ。たとえば、海外旅行中の知り合いから着信した場合などが挙げられる。

逆に自分が海外にいるときなら、日本からの着信に「+81」が付く。着信だけでなくSMSも同様だ。

②「国際ダイヤルアシスト」が設定されている

一方で、スマホの「国際ダイヤルアシスト」機能がオンになっている場合、国際電話以外の着信に「+81」が付くケースも存在する。

国際ダイヤルアシストとは、海外から国内に国際電話をかける際、電話番号の「0」を自動的に「+81」へと置き換えてくれる機能だ。しかし、国内から国内に発信したときにも、誤作動などでダイヤルアシストが働くことが稀にある。そうなると国際電話ではないにもかかわらず、着信番号には「+81」が付いてしまう。

ちなみに、①と②のケースが発生するのは、いずれもアドレス帳に未登録の相手から着信した場合のみ。アドレス帳に相手の連絡先が登録されていれば、国際電話であっても「+81」が付く電話番号ではなく、登録名で表示される。

③Twitterなどの認証コードをSMSで受け取るとき

また、WebサービスやSNSなどに会員登録を行う際、SMSに「+81」付きの番号から本人確認の認証コードが届くこともある。これはTwitterやYouTubeなど、主に海外発のサービスに多く見られる傾向といえる。会員登録だけでなく、他デバイスからのログインやアカウントの権限を他人に付与する場合なども同様だ。

「+81」からの電話は安全?かけ直し電話を狙った「国際ワン切り詐欺」に注意

上記のとおり、「+81」が付く電話番号から着信したら、海外にいる知り合いが国際電話をかけてきているケースが一般的だ。しかし、必ずしも安全とは限らない。最近では「海外の知らない番号(+○○)から電話がかかってきて、すぐに切れる」という「国際ワン切り詐欺」の被害が増えている。

この国際ワン切り詐欺は、国際通話料金を詐取しようとする詐欺で、ワン切りをする目的は折り返し電話をかけさせることだ。折り返し電話をかけてしまった発信者には、高額な通話料金の請求が届く仕組みになっている。

さらには「+81」という日本の国番号だけでなく、「+83」「+422」といった存在しない国番号からかかってくるケースもある。これは番号の偽装で、通話先のディスプレイに偽の番号を表示するソフトウェアの利用が疑われている。

また、電話だけでなく、SMSで「+81」付きの電話番号から詐欺メールが届くこともある。文面としては宅配業者を装ったものが多いので、間違って連絡したり、SMSにあるURLをクリックしたりしないよう注意してほしい。

「+81」付きの電話番号にかけ直すときはどうすればいい?

では、「+81」付きの電話番号から着信があったとき、安全確認をするにはどうすればいいのだろうか。

まずは、「+81」を「0」に置き換えて、知り合いの電話番号かどうかを確認しよう。知り合いの電話番号だとわかったら、かけ直しても問題ない。ただし、相手が海外にいる場合、通話料金も高くなるため気をつけよう。

スマホで着信を確認

また、電話番号をネットで検索するのも有効な手段のひとつ。一見心当たりのない番号が、実は利用したことのあるホテルや飲食店、公共施設などからの着信という可能性もある。詐欺電話の被害を受けた人が、電話番号の情報を公開しているケースも少なくないので、それらも参考にしよう。なお、ネットで検索する際には「+81」でも違う国の番号でも、国番号を「0」に置き換えることを忘れずに。

「+81」付きの電話番号から着信があったら、必ず知り合いかどうか確認を

単なる知り合いからの国際電話のみならず、悪質な詐欺電話の危険性もある「+81」付きの電話番号。もし着信があった場合には、焦らずに「+81」を「0」に置き換えて、知り合いの電話番号かどうか確認してみよう。万が一、詐欺電話が疑われたら無視を貫き、折り返しの連絡をしないことが大切だ。

文:佐藤宇紘

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook