2021/05/12

iPhoneとMacをつなぐ『連係機能』が便利!写真の共有、自動ロック解除法などを解説

iPhoneやiPad、Apple WatchやMacBookなど、Apple製品を複数所有しているユーザーも多いだろう。同じApple IDで使うことで、データの移行や遠隔操作など「連係機能」が使えるようになる。

そのなかでも知っていると役に立つ、iPhoneやMacなどのさまざまな「連係機能」について紹介しよう。

【目次】

撮影した写真をすぐにMacに保存したいときに便利「連係カメラ」

まずは、iPhoneやiPadで撮影した画像が、即座にMac側にも表示される「連係カメラ」機能。iPhoneやiPadで撮影した写真や書類をMacの作業ですぐに使いたいときはこの機能が便利だ。

iPhoneとMacの連係カメラ

【対応デバイス】
・iPhone(iPad)→ Mac

【対応アプリ】※2021年4月現時点ではApple純正アプリのみ対応 ・Finder
・Keynote(8.2以降)
・メール
・メッセージ
・メモ
・Numbers(5.2以降)
・Pages(7.2以降)
・テキストエディット

具体的な使い方について、今回は文書作成アプリ「Pages」を例に紹介しよう。まず、Macで「Pages」を起動。文章中の写真を表示したい位置にカーソルを持っていき、[control]キーを押しながらクリックするか、[挿入]メニューを選択。[iPhoneまたはiPadから読み込む]または[iPhoneまたはiPadから挿入]▶[写真を撮る]の順に選択すると、iPhoneやiPadでカメラAppが自動的に開く。

iPhoneとMacの連係カメラ

そのままiPhoneやiPadで写真を撮り、[写真を使用]をタップすれば、撮影した写真がPagesに表示される。

iPhoneとMacの連係カメラ

iPhoneですぐにテザリングしたいときは「Instant Hotspot」

すぐにテザリングしたいときには「Instant Hotspot」が便利だ。通常、テザリングしたいときにはiPhoneで[インターネット共有]をオンにし、PC側で接続先のiPhoneを選ぶ必要がある。しかし、同じApple IDを利用するMacなら、ツールバーのネットワークマークをクリックすると、いちばん上に同じApple IDで連携したiPhone名が表示されるので、クリックするだけで接続できる。

【対応デバイス】
・iPhone → Mac or iPad
・iPad(Cellularモデル)→ Mac or iPad

iPhoneだけでなく、iPad(Cellularモデル)からのテザリングにも対応。面倒なパスワードの入力も省くことができるほか、一度接続してしまえば近くにiPhoneがあるときにテザリングを促してくれる。

ただし、前提として「iPhoneまたはiPad(Cellularモデル)で、インターネット共有サービスに対応した通信事業者のプランに契約している」必要がある点だけ注意しておこう。

Macでは、メニューバーのWi-Fiステータスメニューの[Wi-Fiアイコン]をクリックし、インターネット共有を設定しているiPhoneまたはiPadの名前を選択。

「Instant Hotspot」機能でMacとiPhoneを即座にテザリング こちらはMacの画面。「Instant Hotspot」機能でインターネット共有の箇所にiPhone 12 Proが表示されている

Apple WatchでMacのロックを解除できる「自動ロック解除」

「自動ロック解除」機能は、Apple WatchをつけていればMacのログイン時など、自動でロック解除でき、パスワードを入力する手間が省けるというもの。

Apple WatchでMacのロックを解除

【対応デバイス】
・Apple Watch → Mac
・iPad(Cellularモデル)→ Mac or iPad

利用するには、Macの「システム環境設定」▶[セキュリティとプライバシー]で[Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除]を選択するだけ。

ちなみに、パスワードが必要なほかの作業もApple Watchで承認できる。手首のApple Watchが震えたら、ロック解除の合図だ。

なお、「自動ロック解除」はApple Watchのロックが解除されていて、Macの至近距離にあるときにのみ適用されるため、離席中に勝手にロック解除されて誰かにMacを操作されるといった心配はなく、安心感がある。ただしMacの再起動時など、初回ログイン時に必ず一度は管理者パスワードの入力を求められる点は注意しておきたい。

iPadをサブディスプレイとして使える「Sidecar」

「Sidecar」はiPadを2台目のディスプレイとして使い、Macのサブディスプレイとしてデスクトップを拡張またはミラーリングできる機能だ。

「Sidecar」機能は同一ネットワーク上にあるiPadをMacのサブディスプレイとして利用できるうえ、タブレット入力デバイスとして、Mac上のアプリに Apple Pencilで書き込むことも可能。自宅ではサブディスプレイ、外出先ではタブレットとしてなど、iPadをさまざまなスタイルで活用できる。

iPadをMacのサブディスプレイにする「Sidecar」機能

【対応デバイス】
・Mac → iPad

macOS「Big Sur」の場合は、コントロールセンターまたはメニューバーで[ディスプレイ]メニューをクリックし、メニューから[iPad]を選択。

macOS「Catalina」の場合は、メニューバーの[AirPlay]アイコンをクリックし、メニューから[iPad]を選択しよう。

また、デフォルトでは、iPadにはMacのデスクトップの拡張部分が表示されるが、画面ミラーリングに切り替えもできる。操作方法は、[ディスプレイ]メニューまたは[AirPlay]メニューから、「Sidecar」の使用中を示す青いiPadアイコン確認し、ディスプレイをミラーリングするオプションを選択。

Sidecarの設定 こちらはmacOS「Big Sur」の画面に表示されたもの

ただし、「Sidecar」を利用できる端末はmacOS「Catalina」以降のMacと、iPadOS 13以降のiPadとなっている。また、Sidecarはワイヤレスでも使えるが、常時稼働するためバッテリーの減少が早くなる傾向がある。バッテリーの残量に注意しよう。

iPadをMacのサブディスプレイにする「Sidecar」機能

近くにあるほかのデバイスに作業を引き継げる「Handoff」

「Handoff」機能は、たとえばWebや動画を見ているMacやiPhone、iPadといったApple製デバイスから、近くにある別のApple製デバイスに切り替えても、中断したところから継続できるというもの。

これはiPadのSafariのアイコンだが、このように右上にMacの形状の「Handoff」アイコンが表示されれば、Macで中断したWebブラウジングが引き継がれた状態だ。

iPadに表示された「Handoff」アイコン こちらはiPadのDock部分。Safariのアイコンの右上に「Handoff」のアイコンが表示されている

【対応デバイス】
・Mac ⇔ iPhone ⇔ iPad・Mac → iPad

ほかにも、たとえば「帰宅中にiPhoneで見ていたWebサイトを、自宅にあるMacの画面で見たい」「Macで書いたメールを、移動中にiPhoneから送信したい」というときなどに役立つ。

「Handoff」の対応アプリはメール、マップ、Safari、リマインダー、カレンダー、連絡先、Pages、Numbers、Keynoteなどがある。iPhoneのSafariでWebサイトを見たり、メールを書いたりしていると、iPadの下部にあるDockに「Handoff」アイコンが自動で表示される。アプリアイコンをクリックするとそのまま作業を引き継げる。

「Handoff」の設定はデフォルトではオンになっているが、もしうまく引き継げないときはそれぞれの端末で「設定」▶[一般]から[この Mac と iCloud デバイス間での Handoff を許可]を選択し、[Handoff]がオンになっているか確認しよう。

デバイス間でファイルをコピー&ペーストできる「ユニバーサルクリップボード」

iPhoneでコピーした内容を、そのままMacにペーストできたら……と考えたことはないだろうか。MacやiPhone、iPadといったApple製デバイス間でテキスト、画像、写真、ビデオなどのコンテンツをコピーして、別のデバイスにペーストできるのが、「ユニバーサルクリップボード」機能だ。

デバイス間でコピー&ペーストできる「ユニバーサルクリップボード」

【対応デバイス】
・Mac ⇔ iPhone ⇔ iPad

たとえば、iPhoneで見つけた写真をMac上でも開きたいときなど、最短でデータのやり取りができる。写真やファイル、動画などをデバイス間でコピー&ペーストしたいときに便利だ。

iPadなど使用しているデバイスで、テキスト、画像、その他のコンテンツを通常の方法でコピーすると、コピーしたコンテンツが自動的に近くにあるデバイスのクリップボードに追加される。

ユニバーサルクリップボード こちらはiPadの画面。SafariでTIME&SPACEの画像をコピーすると、近くにあるデバイスのクリップボードに追加される

しばらくの時間、もしくはいずれかのデバイスでほかのデータがコピーされるまで、クリップボードに残っているのでペーストして保存するだけでいい。とくに設定は必要ない。

ユニバーサルクリップボード こちらは上のiPadの近くにあるMacの画像。「Pages」を開いてペーストすると、先ほどiPadでコピーした画像が表示された

Macなどで電話に出たり、かけたりできる「iPhoneセルラー通話」

「iPhoneセルラー通話」はMac、iPad、iPod touchでも、iPhoneと同じネットワーク上にあれば、電話をかけたり、電話に出たりすることができる機能だ。たとえiPhoneがバッグに入っていたとしても、作業中のMacで通話することが可能だ。

iPhoneセルラー通話 iPhoneに電話がかかってくると、同じネットワーク上にあるMacやiPad、Apple Watchにも着信の表示があり、通話をすることもできる

【対応デバイス】
・iPhone → Mac・iPad・iPod touch

iPhoneで「設定」▶[電話]▶[ほかのデバイスでの通話]の順に選択し、[ほかのデバイスでの通話を許可]をオンにする。

iPhoneセルラー通話の設定 iPhoneの設定画面

Macでは「FaceTime」アプリを開いて、メニューの[FaceTime]▶[環境設定]の順に選択。[設定]をクリックし、[iPhoneから通話]を選択。

iPhoneセルラー通話の設定 Macの設定画面

iPadまたはiPod touchでは「設定」▶[FaceTime]の順に選択し、[iPhoneから通話]をオンにする。

iPhoneセルラー通話の設定 iPadの設定画面

・Macで電話をかける場合

連絡先やSafariなどで、電話番号の上にポインタを移動。電話番号を囲むボックスからプルダウン選択し、[iPhoneで電話番号に発信]を選択。

iPhoneセルラー通話

もしくは「Face Time」を開いて、検索フィールドに電話番号を入力し、[オーディオ]をクリック。

iPhoneセルラー通話

・iPadまたはiPod touchで電話をかける場合

連絡先、カレンダー、Safari、電話番号などを自動検出するアプリで、電話番号をタップ。あるいは「Face Time」を開いて、検索フィールドに電話番号を入力し、[オーディオ]をタップ。

・電話に出る場合

Macの場合、iPhoneに電話がかかってくるとデスクトップ右上に通知が表示され、メッセージに従ってクリックすれば、電話に出たり、留守番電話に送ったり、発信者にメッセージを送ったりすることが可能だ。また、iPadまたはiPod touchでも同様に通知が表示されるため、スライドして操作しよう。

iPhone宛のメッセージを他デバイスで送受信できる「SMS/MMS転送」

iPhone宛てに送られたSMS/MMSメッセージはMac、iPad、iPod touchでも送受信できる。

【対応デバイス】
・iPhone → Mac・iPad・iPod touch

たとえば、電話にSMS送信される2ファクタ認証のロック解除コードをMacで即座に受信・入力可能だ。SMS/MMSメッセージは緑の吹き出しで表示され、iMessageは青い吹き出しで表示される。

iPhone宛のメッセージをMacで送受信できるSMS/MMS転送

・SMS/MMS 転送を設定

iPhone、iPad、iPod touchで「設定」▶[メッセージ]▶[送受信]の順に選択。また Macでは、「メッセージ」を開いて[メッセージ]▶[環境設定]を選択し、[iMessage]をクリック。

SMS/MMS転送の設定方法 iPhoneの設定画面

iPhoneで「設定」▶[メッセージ]▶[SMS/MMS 転送]の順に選択し、iPhoneからテキストメッセージを送受信できるようにするデバイスを選択。

SMS/MMS転送の設定方法 iPhoneの設定画面

ビジネスやプライベートでデータの受け渡しができる「AirDrop」

難しい設定なしに利用できることから、多くの人が使っているであろう「AirDrop」も連係機能のひとつだ。写真や書類などのコンテンツを、近くのApple製デバイスに送ることができる機能。同一のApple IDを利用していなくとも、BluetoothとWi-Fiをオンにしている近くのApple製デバイスと送りあうことができる。

注意点や制約もあるが、一度設定しておくととても便利

このように、連係機能は実に豊富だ。しかし、これらを活用するためには、連係させたいApple製デバイスで以下のポイントを押さえておく必要がある。

・Wi-FiとBluetoothを“オン”にしておく。
・2ファクタ認証を有効にしたApple IDでサインインしておく。
・同一ネットワークに接続し、デバイス同士が近くに置いておく。

連係機能を使えば、iPhoneやMacの操作がよりスムーズになる。AppleがOSからデバイスまでを一元的にリリースしているからこそ実現できたこれらの技術は、一度使うとそのメリットを存分に体験できるはずだ。そして、多くの機能は一度設定してしまえば手間はかからない。時間があるときに、ぜひ試してみてほしい。

文:吉州正行

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook