2020/10/30

最新『iPad Air』『iPad』の特長を紹介!『iPad Pro』など各モデルと比較して解説

2020年3月に発売された「iPad Pro」から約半年、日本時間の9月16日に「iPad Air(第4世代)」と「iPad(第8世代)」が発表された。

iPad Air(第4世代)、iPad(第8世代)

本記事では、ハイエンドモデルの「11インチiPad Pro(第2世代)」との違いや前モデルからの進化ポイント、サイズやスペックなどを比較する。

「iPad Air」「iPad」「iPad Pro」を比較

まずは、「iPad Air(第4世代)」「iPad Air(第3世代)」と「iPad(第8世代)」「iPad(第7世代)」、「11インチiPad Pro(第2世代)」のスペックを比較しよう。

モデル名 発売年月 画面サイズ ディスプレイ 本体サイズ 厚さ カメラ Wi-Fi 重量(Wi-Fiモデル) チップ スピーカー数 Apple Pencil iPadキーボード 認証方式 端子 センサー
iPad Air
(第4世代)
2020
2020年 10月 10.9インチ Liquid Retinaディスプレイ
True Tone
247.6 × 178.5 mm 6.1 mm 12MP広角 Wi‑Fi 6
(802.11a/b/g/n/ac/ax)
458 g A14 Bionic 2(横向き) 第2世代 Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Touch ID USB-C 3軸ジャイロ/気圧計
加速度/環境光センサー
iPad Air
(第3世代)
2019
2019年 3月 10.5インチ Retinaディスプレイ
True Tone
250.6 × 174.1 mm 6.1 mm 8MP広角
Wi‑Fi
(802.11a/b/g/n/ac)
456 g A12 Bionic 2 第1世代 Smart Keyboard Touch ID Lightning 3軸ジャイロ/気圧計
加速度/環境光センサー
iPad
(第8世代)
2020
2020年 9月 10.2インチ Retinaディスプレイ 250.6 × 174.1 mm 7.5 mm 8MP広角
Wi‑Fi
(802.11a/b/g/n/ac)
490 g A12 Bionic 2 第1世代 Smart Keyboard Touch ID Lightning 3軸ジャイロ/気圧計
加速度/環境光センサー
iPad
(第7世代)
2019
2019年 9月 10.2インチ Retinaディスプレイ 250.6 × 174.1 mm 7.5 mm 8MP広角
Wi‑Fi
(802.11a/b/g/n/ac)
483 g A10 Fusion 2 第1世代 Smart Keyboard Touch ID Lightning 3軸ジャイロ/気圧計
加速度/環境光センサー
iPad Pro 11
(第2世代)
2020
2020年 3月 11インチ Liquid Retinaディスプレイ
True Tone
ProMotionテクノロジー
247.6 × 178.5 mm 5.9 mm 12MP広角/10MP超広角
True Toneフラッシュ
ポートレートモード
Wi‑Fi 6
(802.11a/b/g/n/ac/ax)
471 g A12Z Bionic 4 第2世代 Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Face ID USB-C LiDARスキャナ
3軸ジャイロ/気圧計
加速度/環境光センサー
※Internet Explorer ブラウザでは、スクロールが機能しない場合がございます。

今回のアップデートにおける最大のトピックは、「iPad Air(第4世代)」と言ってもいいだろう。ホームボタンがなくなり、ベゼル幅が狭い「iPad Pro」シリーズに近いデザインを採用している。また、液晶が進化しているほか、認証方式もTouch IDによる指紋認証になるなど、大幅な進化を遂げている。「iPad(第8世代)」はサイズなどで大きな変更はないが、チップセットが「A12 Bionic」になり、着実にアップデートされている。

本体サイズ・カラーバリエーション比較

iPadサイズ比較

「iPad Air(第4世代)」のサイズは10.9インチで247.6×178.5×6.1mmと、「11インチiPad Pro(第2世代)」より厚みが0.2mm厚いだけで、ほぼ近いサイズになっている。10.5インチだった「iPad Air(第3世代)」と比べると、ベゼル幅が狭くなったことにより縦が少し短くなり、横幅が約4mm増したが、ほぼ同様のサイズだ。

「iPad(第8世代)」のサイズは250.6×174.1×7.5mmと、「iPad(第7世代)」から変更はない。

続いて、外見上の進化を詳しく見ていこう。「iPad Air(第4世代)」はシルバー、スペースグレー、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色展開。

iPad Air(第4世代)のカラーバリエーション

3色展開だった「iPad Air(第3世代)」から2色増え、シルバーとスペースグレーの2色展開の「11インチiPad Pro(第2世代)」と比べても選択肢が多く、選ぶ楽しみが増えた。

「iPad(第8世代)」は「iPad(第7世代)」と同じシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色展開となっている。

各モデルの違いのひとつが、ディスプレイのスペック

iPad液晶サイズ比較

液晶のスペックも機種ごとの違いが大きい。「iPad(第8世代)」は10.2インチのRetinaディスプレイを搭載。これだけでも美しいディスプレイだが、10.9インチの「iPad Air(第4世代)」は、より美しいLiquid Retinaディスプレイに加え、「11インチiPad Pro(第2世代)」と同じく環境光に応じて最適な色合いを表示する「True Tone」を搭載している。

今回発売の「iPad Air(第4世代)」と「11インチiPad Pro(第2世代)」との違いは、最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる「ProMotionテクノロジー」の対応可否だ。「Apple Pencil」の画面応答速度が上がり、よりスムーズな書き心地を実現する。このPencilの使い心地が、AirとProのどっちを選ぶかのひとつの基準になりそうだ。

認証方法にも大きな違いが

iPad液晶サイズ比較

「11インチiPad Pro(第2世代)」は現行のiPhoneシリーズ同様、顔認証によるFace IDを採用しているが、同様のデザインとなった「iPad Air(第4世代)」はFace IDを採用していない。ホームボタンはなくなったものの、本体上部にあるロックボタンに内蔵されたTouch IDによる指紋認証が採用されたのだ。

iPad Air(第4世代)のTouch ID

「iPad(第8世代)」では従来通りのホームボタンに内蔵されたTouch IDを搭載している。コロナ禍によりマスクの着用が新しい日常となったなかで、Touch IDが見直されているという捉え方もできそうだ。

カメラスペック比較

iPad Air(第4世代)のカメラ

今回の「iPad Air(第4世代)」のカメラはシングルカメラだ。1,200万画素の広角レンズ(F1.8)を採用し、自動手ブレ補正のほか、最大4K/60fpsのビデオ撮影、さらに最大240fpsのスローモーション撮影などに対応する。前面カメラは有効700万画素(F2.2)で、最大フルHD/60fpsのビデオ撮影、手ブレ補正などに対応している。

iPad Air(第4世代)のカメラ iPad Air(第4世代)のカメラ

「iPad(第8世代)」は800万画素の広角レンズ(F2.4)のシングルカメラなので、画素数だけ見ても「iPad Air(第4世代)」のほうが良い。一方で、ハイエンドモデルである「11インチiPad Pro(第2世代)」は1,200万画素の広角レンズ(F1.8)に加え、1,000万画素の超広角カメラ(F2.4)も搭載。周辺環境の詳細な3Dスキャンデータを取得できるLiDAR(ライダー)スキャナまで備えているため、超広角カメラやLiDAR機能の有無も選ぶ際の基準になりそうだ。

最新世代のチップセットを搭載した「iPad Air(第4世代)」

最新世代のチップセットを搭載した「iPad Air(第4世代)

「iPad Air(第4世代)」の内蔵ハードウェアは、最新の「A14 Bionic」チップを採用。「iPad Air(第3世代)」や「iPad(第8世代)」が搭載する「A12 Bionic」チップに比べて、40%の処理速度高速化を実現している。

「11インチiPad Pro(第2世代)」が搭載しているものが「A12Z Bionic」なので、「iPad Air(第4世代)」はより新しいチップセットを採用しているということだ。コア数の違いがあるので「iPad Air(第4世代)」のスペックが高いとは言い切れないが、「iPad Air(第4世代)」は惜しげもなく新技術が投入されたモデルだという見方ができる。

ストレージは3モデルそれぞれ、バッテリー性能は横ばい

128GB/256GB/512GB/1TBまで選べる「11インチiPad Pro(第2世代)」に対し、「iPad Air(第4世代)」は64GB/256GBの2グレード設定。「iPad(第8世代)」は32GB/128GBから選べる。

明確に分かれたストレージに対し、バッテリー性能については、「11インチiPad Pro(第2世代)」「iPad Air(第4世代)」「iPad(第8世代)」いずれも大きな変更はない。Wi-Fiでのインターネット利用やビデオ再生で最大10時間、携帯電話データネットワークでのインターネット利用は最大9時間となっている。

違いがあるのは充電コネクタだ。「11インチiPad Pro(第2世代)」「iPad Air(第4世代)」がUSB-Cを採用し、「iPad(第8世代)」がLightningコネクタを採用している。購入を検討しているなら注意しておきたいポイントだ。

Smart KeyboardとApple Pencilの対応は?

トラックパッドを備えた外付けキーボード「Magic Keyboard」と「Smart Keyboard Folio」、そしてタッチペン(スタイラスペン)「Apple Pencil」の対応については、「11インチiPad Pro(第2世代)」に続き今回の「iPad Air(第4世代)」も対応するようになった。

Smart Keyboard Folio、Magic Keyboard、Apple Pencil 左上/Smart Keyboard Folio 右上/Magic Keyboard 下/Apple Pencil

これまで「Magic Keyboard」と「Smart Keyboard Folio」の両方に対応するのは「iPad Pro(第2世代)」だけだったが、今回登場した「iPad Air(第4世代)」も対応する。また、「iPad Pro(第2世代)」「iPad Air(第4世代)」ともに「Apple Pencil(第2世代)」にも対応し、「iPad Air(第4世代)」はビジネスやクリエイティブユースにおいても「iPad Pro(第2世代)」に匹敵する実力を備えたといえるだろう。

また、「iPad(第8世代)」は「Smart Keyboard」と「Apple Pencil(第1世代)」のみに対応する。“iPadでどんな使い方をしたいか”の差が出る部分なので、周辺機器の対応状況はしっかり見極めておきたい。

各モデルの特徴が明確化され、選びやすくなったiPadシリーズ

今回の「iPad Air(第4世代)」は、Airモデルのフルモデルチェンジだといえる。デザインから内蔵ハードウェアまで大幅な進化を遂げている。一方の「iPad(第8世代)」もエントリーモデルとして着実にレベルアップを遂げた。

圧倒的なスペックを有するプロユースの「iPad Pro」、ハイエンドモデルから魅力的なエッセンスを引き継いだ「iPad Air」、エントリーモデルとして順当にスペックアップを遂げた「iPad」、そして今回は言及していないが、手帖サイズのコンパクトさが魅力の「iPad mini」と、iPadシリーズには各モデルの特徴が棲みわけされ、スペックの面でも幅広いニーズに細かく対応したラインアップとなった。ぜひこの機会に、用途などにあわせて自分にあったモデルを選んでほしい。

文:吉州正行

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 21

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん