2020/05/25

最新の『Galaxy A41』と『Galaxy A20/A30』を徹底比較! それぞれの特徴を紹介

  • 13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auの2020年夏モデルとして「Galaxy A41(SCV48)」が登場。夏モデルとしてはほかにも、ハイエンドモデルの5G端末「Galaxy S20 5G(SCG01)」と「Galaxy S20+ 5G(SCG02)」が発表されているが、Galaxy A41は5Gには非対応のミドルクラスモデルとなる。

Galaxy A41

同じGalaxy Aシリーズとしては、auの2019年夏モデルの「Galaxy A30(SCV43)」と2019秋冬-2020春モデルの「Galaxy A20(SCV46)」が発売中だ。

Galaxy A30、Galaxy A20

型番からだけではわかりづらいが、Galaxy A20のほうがスペックを抑えたエントリーモデル、Galaxy A30はミドルクラスモデルとなっている。そして、最新のGalaxy A41はA30の後継モデルという立ち位置となる。

Galaxy A41、Galaxy A20、Galaxy A30の比較表

本記事では、このAシリーズ3機種について比較しながら、2020年夏モデルの「Galaxy A41」の特徴を紹介する。手頃で使いやすいスマホを探している人は、ぜひ参考にしてほしい。

まずは本体スペックを比較

最初に、Galaxy A41 / A20 / A30のスペックを比較してみる。

 
機種名 発売年月 画面 ディスプレイ解像度 本体サイズ 重量 カラー メインカメラ
有効画素数
静止画ズーム OS CPU バッテリー容量 電池持ち時間 内蔵メモリ(RAM/ROM) ワイヤレス充電 生体認証 防水 防塵
Galaxy A41 2020年 7月予定 約6.1インチ
Super AMOLED(有機EL)
フルHD+[2,400×1,080] 約70×153×8.1mm(暫定値) 測定中 ブラック
ブルー
ホワイト
約500万画素/約4,800万画素/
約800万画素
8倍 Android 10 MT6768
2.0GHz/2+1.7GHz/6
3,500mAh(暫定値) 測定中 4GB/64GB × 指紋/顔 IPX5/IPX8 IP6X
Galaxy A20 2019年 10月 約5.8インチ
PLS TFT(液晶)
フルHD+[1,560×720] 約71×150×8.1mm 約151g レッド
ホワイト
ブラック
約800万画素 4倍 Android 9 Pie Exynos7884B
1.6GHz/2+1.35GHz/6
3,000mAh 約140時間 3GB/32GB × IPX5/IPX8 IP6X
Galaxy A30 2019年 6月 約6.4インチ
Super AMOLED(有機EL)
フルHD+[2,340×1,080]約75×160×8.2mm 約176g ブルー
ブラック
ホワイト
レッド
約1,300万画素/約500万画素 4倍 Android 9 Pie Exynos7904
1.8GHz/2+1.6GHz/6
3,900mAh 約120時間 4GB/64GB × 指紋/顔 IPX5/IPX8 IP6X
※Internet Explorer ブラウザでは、スクロールが機能しない場合がございます。

まず、RAMはGalaxy A41 / A30が4GB、Galaxy A20は3GBで、ストレージもGalaxy A41 / A30の64GBに対して、Galaxy A20のみ32GBとなっている。

また、Galaxy A41は日本向けに投入されるGalaxyスマホとしては、はじめてMediaTek社製のチップセットを搭載している。MediaTekというと格安スマホに多く採用されているチップセットだが、Galaxy A41が搭載している「MT6768」はGalaxy A30に搭載されている「Exynos7904」と同等性能となっている。

Galaxy A41は、ディスプレイが従来よりも縦長になり、さらにベゼルレス化が進むなど、見た目の印象は、上位のGalaxy Sシリーズに近くなっている。

画面サイズとスペック比較。有機ELを搭載し、高精細を実現したGalaxy A41

Galaxy A41、Galaxy A20、Galaxy A30の画面サイズ比較

画面サイズは、Galaxy A41は6.1インチ、Galaxy A30が6.4インチと、ひと回り小さく持ちやすいサイズだ。何より、画面サイズは小さいが、解像度はGalaxy A30の2,340×1,080ピクセルに対し、Galaxy A41は2,400×1,080ピクセルと高精細になっている。縦横比もGalaxy A30の19.5:9に対して、Galaxy A41は20:9にアップ。Galaxy A20は5.8インチ、1,560×720ピクセルでひと回り小さい。

なお、Galaxy A20のみ液晶ディスプレイで、ほかの2機種は有機ELを搭載している。

また、3モデルともハイエンドなGalaxy Sシリーズとは違い、フロントカメラは水滴型のノッチ「Infinity-U」を採用している。このノッチにより、画面のベゼルレスが図られていることに加え、Galaxy A41は下側部分のベゼルが従来よりも狭くなっており、画面占有率がより一層高まった。

Galaxy 41、Galaxy 20のベゼル

本体サイズと重さ比較。Galaxy A41はコンパクトで持ちやすいサイズ感

Galaxy A41、Galaxy A20、Galaxy A30の本体サイズ・重さ比較

画面サイズの縮小に加え、ベゼルレス化が進んだことで、Galaxy A41はGalaxy A30よりもひと回りコンパクトになり、Galaxy A20に近いサイズになった。横幅に関しては3機種のなかでいちばん細いため、片手で持ちやすいサイズになったといえるだろう。

Galaxy A41はトリプルカメラ搭載で機能も充実

Galaxy A41のトリプルカメラ

Galaxy A41は、4,800万画素の「広角カメラ」に800万画素の「超広角カメラ」、500万画素の「深度測位カメラ」というトリプル構成。フロントカメラも2,500万画素となっている。深度測位カメラを搭載したことにより、一眼レフカメラのような、背景をぼかした写真も簡単に撮影できるようになった。

Galaxy A30は、1,300万画素の広角カメラに、500万画素の超広角カメラという組み合わせのデュアルカメラだ。どちらも超広角は、人間の視野角とほぼ同じ約123°なので、肉眼での見た目に近い、広くダイナミックな写真を撮影可能だ。あわせて、Galaxy A41 / A30ともにAIによるシーン判定や、写真の手ブレ、目が閉じているなどを検知し通知する撮り直しアラートなど、ハイエンドモデルと同等の機能も搭載している。

エントリーモデルのGalaxy A20は、800万画素のシングルカメラとなっており、シーン判別などの機能にも非対応となっている。ただ、800万画素とはいえ、F値は1.9と明るめになっており、同価格帯のエントリーモデルと比べれば、明るくきれいな写真を撮影できるだろう。

Galaxy A41はハイエンドモデルと同じく「画面内指紋センサー」を搭載

Galaxy A41のOn-Display指紋センサー Galaxy A41はOn-Display指紋センサーと顔認証に対応している

紹介している3モデルは、実は指紋センサーの扱いに特徴がある。Galaxy A41では、ハイエンドモデルと同じく「On-Display指紋センサー(画面内指紋センサー)」を採用。Galaxy A30は、背面に指紋センサーを搭載している。

また、Galaxy A41 / A30ともに指紋認証以外に、フロントカメラを使った顔認証にも対応している。普段は指紋ではなく顔認証で済ませるという人もいると思うが、マスクをして顔認証ができない場合でも、指紋を使ってスムーズに認証を行うことができる。

これに対してGalaxy A20は、指紋センサーを搭載せず、顔認証のみ利用できる。

Galaxy Aシリーズはポップなカラーバリエーション

Galaxy A41、Galaxy A20、Galaxy A30のカラーバリエーション

Galaxy Aシリーズのカラーバリエーションは、Galaxy Sシリーズよりもポップなものが多く、Galaxy A41でもそれは変わらず、ブラック、ブルー、ホワイトの3色。Galaxy A20もブラック、ホワイト、レッドの3色だ。そしてGalaxy A30のみブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色を採用している。

そのほかの機能について

・防水防塵

3機種すべて共通のIPX5/IPX8・IP6X相当の防水防塵。

・おサイフケータイ

3機種すべて共通で搭載。

・ワンセグ/フルセグ

3機種すべて非対応となるが、Galaxy A41 / Galaxy A20はFM放送とインターネットラジオが聴ける「ラジスマ」に対応している。災害時には心強い機能となるだろう。

・ハイレゾ再生

Galaxy A30では対応していたハイレゾ再生だが、Galaxy A41では非対応となった。Galaxy A41はDolby Atmosには対応しているが、Galaxy A30と同じくイヤホン利用時のみとなっている。Galaxy A20はハイレゾ、Dolby Atmosともに非対応だ。なお、3機種とも3.5mmイヤホンジャックは搭載している。

コンパクトで手頃なモデルを求めている人におすすめ

Galaxy A30よりもサイズが大幅にコンパクトになったGalaxy A41。スペック的にもGalaxy A30とほぼ変わらないため、コンパクトなスマホがほしかったものの、Galaxy A20では物足りないと感じていた人には、ぜひおすすめしたい。

カメラもトリプルカメラを搭載し、Galaxy A30よりも機能アップするなど、より上位のGalaxy Sシリーズに近づいた印象だ。もし、コンパクトさよりも大画面を重視するなら、引き続きGalaxy A30もおすすめできる。

少しでも価格を抑えたモデルがほしいと考えている人にはGalaxy A20もいいだろう。全体にスペックは抑え気味であるものの、防水やおサイフケータイには対応しており、はじめて使うスマホとしても利用しやすいだろう。

それぞれに特徴がある3機種だが、この記事を参考に、自分にあったモデルを選んでほしい。

文:山本竜也

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん