2020/05/07

意外と便利! iPhoneアプリ『リマインダー』の使い方やおすすめ機能などを紹介

  • 82
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予定やタスクをリストにして管理できるiPhone純正アプリといえば「リマインダー」だ。そういう機能があるということは知っていても、別のアプリを使っていたり、そもそも用途がイメージできなかったりで、使っていない人も多いのではないだろうか。

iPhoneリマインダーアプリと手帳

だが、実は度重なるアップデートを経たリマインダーは、iPhoneに備わる機能や純正デバイスとの強力な連携機能を手に入れ、使い勝手も非常によく、使いこなせば手放せなくなるくらい便利なアプリに成長を遂げている。本記事では、その使い方やさまざまな機能を紹介しよう。

そもそもリマインダーとはどんなアプリ?

リマインダーは、やるべきことを管理できる、いわゆる「To Do リスト」だ。リマインド、すなわち「思い出させる」エージェント的存在。

iPhoneリマインダー

しかし、ただやるべきことをリスト管理してくれるだけのアプリではない。訪れた場所や指定された時刻と連携してタスクを知らせてくれたり、タスクを仕事仲間や家族と共有することもできる。直感的な使い勝手とスムーズな操作性も相まって、さまざまな状況で役立つはずだ。カレンダーに予定を入れている人もいるが、リマインダーでこそ便利なシーンがあるので、実用例を兼ねていくつか紹介する。

リマインダーの役立つシーン

・細かい作業の進捗管理がスムーズになる

リマインダーを使うことで得られるもっとも基本的なメリットは「やるべきことの“見える化”」だ。案件をリスト化することで効率が上がるほか、作業が完了したら「実行済み」にできるので、スマートに進捗を管理できる。

細かい作業の多いプロジェクトの管理や休日の大掃除など、なにが終わったか、またなにがまだ終わってないかがひと目でわかるため、あとから「やり忘れた!」と慌てふためく事態を未然に防止できる。

・繰り返し機能でルーティンワークのやり忘れを防止

特別な作業のみならず、毎日、あるいは毎月発生するルーティンワークの管理にも便利だ。リマインダーには繰り返し機能があり、定期的な作業も忘れないよう通知できる。

iPhoneリマインダー

会議や外出などの予定はカレンダーを使えばいいが、定期的にやるべきことはリマインダーにまかせると便利だ。週に一度の観葉植物の水やりや、月末の家賃の振り込みなど、週単位や月単位でやるべきことを知らせてくれる。

iPhoneリマインダー

・時間や場所ごとに発生する作業もキチンと管理

また、ただのリスト管理では、やるべきことのヌケモレを防ぎきれない場合もある。たとえば、クルマで通勤する人が「通勤途中でガソリンを入れる」というタスクを入れていても、それに気づいたのが職場に到着したあとなら意味がない。

しかし、リマインダーならAppleの地図アプリ「マップ」と連携できる。知らせるきっかけを「自宅を出る」という地図連動の設定にしておけば、「ガソリンを入れる」というアラートを走り始めたときに通知できるのだ。また場所のみならず時刻にも対応していて、絶対に見逃したくないテレビ番組があるときにアラート通知を設定しておくなど、使い勝手のバリエーションは幅広い。

・カテゴリ分けで家族用・仕事用・プライベート用など複数管理できる

このように作業を細分化していくと、リストは膨大になってしまう。しかし、リマインダーなら複数のリストをまとめて管理できる。仕事とプライベートを分けたり、幅広いプロジェクトを抱えている人ならプロジェクトごとにリストを分けるなどして、分類ができるのだ。

iPhoneリマインダー

リマインダーでできる機能と使い方

・まずはタスクを入力

リマインダーを開くと、上段に[今日][日時指定あり]といった設定ごとにタスクをまとめる「スマートリスト」があり、中断に「マイリスト」が表示される。まず、画面右下の[リストを追加]をタップし、新しいリストを作成する。

iPhoneリマインダー

作成したリストをタップし、左下の[新規リマインダー]をタップするとタスクを入力できる。続けて別のタスクを入力したいときは、キーボードの[改行]をタップすれば、すぐに入力することができて便利だ。

iPhoneリマインダー

時間や繰り返しの指定は、キーボードの上に表示される時計アイコンをタップ。また場所を指定したい場合は、時計アイコンの右側にある矢印マークをタップすると指定できる。ちなみにSiriにも対応しており、タスクを口頭で入力できたり、管理することも可能だ。

iPhoneリマインダー

・タスクをカスタマイズし、管理する

各タスクを選択すると表示される[i]マークをタップすることでフラグ付きにしたり、優先順位をつけるなどカスタマイズが可能だ。

iPhoneリマインダー

重要なものは優先順位を[高]にして目立たせると「!!!」が付き、よりわかりやすくなる。完了したタスクは、左端の[〇]をタップすると色が付き「実行済み」の状態になり、メイン画面の上部のリストに表示されなくなるほか、左側にスワイプすれば削除することができる。

・サブタスクをつくることも可能

また、作成したタスクのなかにサブタスクをつくることも可能。たとえば、「買い出し」リストのなかに、「実際に買うべきもの」のリストをつくることができるといった具合だ。

iPhoneリマインダー

・タスクを共有する

リマインダーでは、タスクをほかのユーザーと共有することも可能だ。

iPhoneリマインダー

参加すれば、誰でもリスト内のタスクの作成や実行済みなどの操作ができる。リマインダーを開き、共有するリストを選択し、メニューアイコンから[参加者を追加]をタップ。メッセージやメール、LINEで参加依頼を送信し、相手が承諾すればOKだ。

・Apple Watchでも利用できる

ちなみに、Apple Watchにもリマインダーが搭載されている。同じApple IDでログインしているiPadやMacとiCloud経由で自動同期され、iCloudのリマインダーか、iPhoneに表示されるリストが分けて表示される。手持ちのデバイスでタスクを共有できるメリットは大きい。

頼れる有能な秘書、ホーム画面でサボらせておくのはもったいない

数あるタスクを完璧にまとめてくれ、かつ時間や場所で的確にアラートを出してくれる。しかも仕事もプライベートも分け隔てなくサポートしてくれ、24時間365日働いてくれる。リマインダーは、使いこなせば有能な秘書ともいうべき頼れる存在になる。あなたのiPhoneもタップするだけで、すぐに仕事に取りかかってくれるはずだ。

文:吉州正行

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 82
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん