2020/02/17

スマホでアプリの購入履歴を確認する方法 サブスクリプションから無料アプリまで

  • 20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいアプリが日々リリースされ、無料アプリだけでなく有料アプリを利用したり、アプリ内購入で課金したりしている人は多いだろう。特に最近では、サブスクリプションサービス(定期課金、月額課金)を利用している人も増えていると考えられる。

しかし、実際に自分がなにをどれだけ購入・課金したのかをそもそも忘れてしまっていたり、きちんと把握していなかったりと、不安な人もいるのではないだろうか。そこで、スマホで購入したアプリの履歴を確認する方法を、Android・iPhoneの双方で確認する方法を紹介する。

【目次】

iPhoneでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認する方法

iPhoneでは、App Storeから加入しているサブスクリプションを確認できる。なお、iCloudの利用状況についてはこの方法では表示されないので、下記の「iPhoneでアプリ購入履歴を確認する方法」を参照してほしい。

「App Store」アプリを立ち上げ、右上の[ユーザーアイコン]▶[サブスクリプション]をタップすると、加入しているサービスを確認できる。[サブスクリプション]という項目自体がない場合は、対象アプリがないということだ。

iPhoneでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認

なお、この画面では加入しているサービスとプランがわかるだけで、なににいつ、いくら支払ったかは確認できない。具体的な購入履歴は次の「iPhoneでアプリ購入履歴を確認する方法」を参照してほしい。

iPhoneでアプリ購入履歴を確認する方法

iPhoneでの購入履歴は、Apple IDのアカウント情報から確認できる。この画面は「App Store」アプリのほか、「設定」アプリからも表示できるが、手順が多いのでApp Store経由だけを覚えておけばいいだろう。

「App Store」アプリを立ち上げ、右上の[ユーザーアイコン]▶最上部の[ユーザー名]をタップする。

iPhoneでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認

中段ほどにある[購入履歴] をタップすると、サブスクリプションも含め、Apple IDでの支払い履歴が表示される。標準では過去90日間の履歴が表示されるが、過去にさかのぼって確認することも可能だ。

iPhoneでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認

なお、「設定」アプリから確認する場合は、[ユーザー名]▶[iTunesとApp Store]をタップ。

iPhoneでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認

[Apple ID]▶[Apple ID を表示]をタップすると、購入履歴のメニューがある画面が表示される。

iPhoneでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認

App Storeを経由していない決済は表示されない

当然ながら、App Storeを経由していない決済は上記の履歴で確認できない。そのため、DropboxやNetflix、YouTube Premiumなどのアプリ・サービスを直接契約している場合は、各サイトやクレジットカードの履歴などで確認すると良いだろう。

Androidでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認する方法

Androidスマホでは、「Google Playストア」から加入しているサブスクリプションを確認できる。

メニューから[定期購入]をタップすれば、現在加入しているサブスクリプション型サービスが表示される。

Androidでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認

なお、iPhoneの場合と同様、この画面では加入しているサービスがわかるだけで、実際にいつ支払いを行ったかはわからない。支払い履歴を確認するには、次の「Androidでアプリ購入履歴を確認する方法」を参照してほしい。

Androidでアプリ購入履歴を確認する方法

Androidスマホでのアプリの購入履歴や課金情報は、「Google Play」上で確認できる。

「Google Play」アプリのメニューから[アカウント情報]をタップ。

Androidでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認

続いて、[購入履歴]をタップすると、これまでの履歴を確認できる。

Androidでサブスクリプション型サービスの登録状況を確認

購入履歴では有料アプリだけではなく、課金やサブスクリプション型サービスの決済履歴も確認できる。なお、無料アプリについても「0円で購入した」という扱いで購入履歴に表示される。

なお、Google Playでは、1カ月間でアプリ購入などに利用する予算を設定できる。予算を超過しても制限されることはないが、設定した金額に近づくと通知が届くので、つい使いすぎてしまうという人は設定しておくといいだろう。

Androidでアプリ購入に利用する予算を設定

Google Playを経由していない決済は表示されない

Androidの場合も、Google Playを経由せず、アプリやサービスと直接契約をしているものは、購入履歴に表示されない。そういった場合には、各アプリやサービスの公式サイトなどで購入履歴を確認する必要がある。

日ごろから自身の状況を把握しておこう

しっかり管理できている人は機種変更のときに、不安な人は月に一度など、なるべく日ごろから、自分がどういったアプリ・サービスに課金しているのか把握しておくことが重要だ。ぜひ、ここで紹介した方法を参考に、確認してみてほしい。

文:山本竜也

  • 20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん