2019/12/13

2020年版スマホで簡単『年賀状アプリ&サービス』5選 コンビニ印刷から当日出荷まで

  • 9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

令和元年も12月に入り、なにかと忙しい時期だが、忘れてはいけないのが「年賀状」の送付だ。最近はネットやアプリでデザインから投函まで済ませられるサービスが増えており、より手軽に作成できるようになった。

今回は、「時間があるから、ある程度こだわってつくりたい」という人から「忙しいから発送まですぐに済ませたい」という人まで必見の、スマホアプリ&サービスを5つ紹介する。

ポストにハガキを投函

年賀状はいつまでに出せは元旦に届く? マナーは?

郵便局のHPによれば、年賀状を元旦に届けるには12月25日までに投函するとよいとのこと。なお、2019年の年賀状投函受付は12月15日から。これより前に投函すると通常配達となり、年内の到着となってしまうので気をつけよう。

ちなみに、年賀状は元日(1月1日)から松の内(一般的に1月7日まで)に着くように出すのがマナー。これを過ぎた場合には「寒中見舞い」となり、年賀はがきで出すことはできないので注意が必要だ。

時間がない場合は、即日発送してくれるサービスや、SNSで挨拶を済ませるという方法もあるので、のちほど紹介する。

スマホでつくれる年賀状にもサービス内容に違いがある

年賀状アプリ&サービスにもいくつか種類があるが、「数あるテンプレートから好きなデザインを選んで、写真などを差し替えてオリジナルの年賀状をつくる」という部分ではおおむね同じといえる。

あとは印刷や投函まで依頼するかに違いがあるので、目的や時間的な余裕の有り無しで選ぼう。おおむね記事後半で紹介するサービスの方が手間と時間を短縮でき、当然だがSNSは当日でも間に合う。

【年賀状アプリ&サービスの種類】

①スマホでデザインした年賀状を郵送で受け取って自分で発送するタイプ
印刷された年賀状が手元に届くので、「ひと言書き添えたい」「宛名くらいは自分で書きたい」という人はこのタイプを選ぼう。

②スマホでデザインした年賀状を投函までおまかせできるタイプ
とにかく手軽に済ませるために、業者にまるっとお任せしたいならこちらのタイプ。送付先をまとめて送れば投函まで済ませてくれる。

③スマホでデザインした年賀状をコンビニで印刷するタイプ
発送枚数が少ない場合は、コンビニで印刷できるタイプが早い。

④画像や動画を使って新年の挨拶をSNSで送るタイプ
印刷や発送する時間と手間がかからないので、当日でも間に合う。友人など親しい人への挨拶はこのタイプを選ぶ人も増えている。

①デザインした年賀状を郵送で受け取って自分で発送するタイプ

■デザインや品質にしっかりこだわるなら。
10万種類のバリエーションから選べる「年賀家族」

家族年賀 トップ画面

まずは、「デザインや紙にまでこだわった年賀状をつくりたい」「時間に多少の余裕がある」という人におすすめのWEBサービス「年賀家族」。

最大の特徴は、1,345種類ものテンプレートのなかから気に入ったデザインを選べること。しかも、色や写真枚数が変更できたり、印刷する用紙を3種類から選べたりと、自由度が非常に高い。そのバリエーションは、なんと10万通り

年賀家族で作成した年賀状 「年賀家族」のデザインサンプル

まずは数あるデザインのカテゴリから気に入ったデザインを選ぶ。たとえば上のサンプルでは左から「和風モダン」「ペット向け」「マガジン風」と、おしゃれなデザインばかりなので、この時点で迷ってしまいそう。

基本のデザインが決まったら、写真枚数、カラー、賀詞を好みに合わせて選択。次にスマホ内にある自分の写真を配置する。

年賀家族で年賀状を作成

自由に使えるイラストや写真の素材が充実しているので、自分の写真と組み合わせてオリジナリティあるデザインをつくることができる。

年賀家族で年賀状を作成

最後にメッセージ(定型文もあり)や差出人の名前、住所を入力したら完成。注文ボタンを押して、印刷された年賀状が届くのを待とう。通常納期であれば注文日から5営業日、超特急納期なら最短2営業日で出荷される。

また、「年賀家族」はアフターサービスまで充実。印刷された年賀状の品質が気に入らなかった場合には、利用者側のミスが原因でも1回まで無料で再印刷ができる。「入力をミスしてしまい、誤った住所のまま年賀状が印刷されてしまった!」というときも、修正して再度印刷をしてもらえるので安心だ。

印刷する前にはプロによる無料の写真補正が行われ、明るさや色合いを調整してもらえるとのこと。こだわりの1枚がつくれそうだ。

【年賀状が届くまで】
通常納期:注文日から5営業日目で出荷
特急納期:注文日から3営業日目で出荷(+980円)
超特急納期:注文日から2営業日目で出荷(+1,480円)
※宛名印刷サービス利用の場合は、各納期+1営業日

【投函代行】
なし

WEBサイト

運営会社/株式会社ソルトワークス

②投函までおまかせできるタイプ

■宛名なしなら翌日に出荷。
みてねアプリを利用しているパパママに便利な「みてね年賀状」

みてね年賀状 トップ画面、アプリアイコン

家族写真の整理や共有に便利なサービス家族アルバム「みてね」から誕生した年賀状アプリが「みてね年賀状」。

「みてね」アプリと連携すれば、すでにアップされている写真を利用して年賀状のデザインをつくることができるので、写真選びに悩むパパママにもおすすめだ。もちろん、「みてね」以外に保存されているスマホの写真を使うこともできる。

「みてね年賀状」のデザインサンプル 「みてね年賀状」のデザインサンプル

デザインを決めて写真を選ぶだけで自動配置されるため、作成はとても簡単だ。「みてね」アプリとの連携もワンタップ。ディズニーをはじめ、ムーミンやスヌーピー、トムとジェリーやミニオンなどのキャラクターデザインも充実しているため、子どもたちも喜ぶだろう。

さらにスタンプやテキスト追加、背景変更といった編集も可能。ほかの人と被ることのない自分だけのオリジナル年賀状を作成することができる。

みてね年賀状 ハガキ作成画面

画像の解像度が低い場合には、画像を貼った際に「!」マークで教えてくれる仕様もありがたい。もしマークが出たら、解像度の高い画像に差し換えよう。より高画質での印刷が可能になる。

みてね年賀状 解像度不足で!アイコンが表示されているようす

品質にもこだわっており、印刷の際には写真の美しさを最大限に引き出す「銀塩プリント(富士フイルム)」を選択することができる。最短翌日出荷で高画質の写真付き年賀状をつくれるため、子育てに忙しいパパママ世代にぜひおすすめしたい。

【年賀状が届くまで】
・銀塩タイプ(写真仕上げ)
宛名なし:翌日出荷
宛名あり:翌々日出荷
・印刷タイプ
宛名の有無に関わらず翌日出荷

【投函代行】
無料:12月24日より前の注文で元日に届く

WEBサイト

運営会社/株式会社ミクシィ

■昼12時までの注文で当日出荷。
低価格も嬉しい「おたより本舗 2020」

おたより本舗 2020トップ画面、アプリアイコン

WEBサービスの「おたより本舗」から、アプリが登場した。年賀状の作成から注文まで20分ほどででき、宛名印刷なしであれば当日出荷が可能。時間がない人にぜひおすすめしたいアプリだ。

「おたより本舗」のデザインサンプル 「おたより本舗」のデザインサンプル

つくり方はほぼ前述の2つのサービスと同じ。まずはデザインを選択し、写真付きデザインの場合には写真を貼り付けていく。その後、差出人の住所や名前、メッセージなど、写真以外の要素を入力すれば完了。

おたより本舗 2020 デザイン作成画面

1,100種類以上から選べるデザインはランク分けされており、ランクによって値段が異なるため、予算に合わせて選びたい。

お年玉付き年賀はがきの料金が安いのも「おたより年賀」の特徴で、通常は1枚63円のところ、5円引きの58円で購入することができる。注文する枚数が多いほどお得になる。そのほか、早期割引や追加注文割引など各種割引も豊富。時期や条件によっては、さらにお得に年賀状をつくることができそうだ。

今回筆者が注文し、送られてきたのがこちら。午前11時ごろに発注したので、翌日には手元に届いた。写真を大きく使うか、控えめに使う、縦か横かなど、数あるデザインテンプレートの中から好みを絞って選べるので、これだけバリエーションがあっても選びやすい。

おたより本舗 2020で作成した年賀状

時間と予算に余裕がある人は、「プレミアム写真仕上げ」や「光沢仕上げ」などのオプションを検討してみるのも良いだろう。

【年賀状が届くまで】
・年賀状印刷のみの場合
直接印刷:昼12時までの注文で当日出荷
プレミアム写真仕上げ/光沢仕上げ:昼12時までの注文で2日後出荷
金箔/特殊箔デザイン:翌日出荷
・年賀状印刷と宛名印刷を注文の場合
直接印刷:昼12時までの注文で2日後出荷
プレミアム写真仕上げ/光沢仕上げ:昼12時までの注文で3日後出荷

【投函代行】
可。無料

WEBサイト

運営会社/株式会社アーツ

③コンビニで印刷するタイプ

■25日ギリになったら、早くてお手軽な「コンビニで年賀状」

コンビニで年賀状トップ画面、アプリアイコン

うっかり25日ギリギリになっちゃったという場合には、アプリ内でデザインしてコンビニ(セブンイレブン)のマルチコピー機で印刷できる「コンビニで年賀状」アプリがおすすめだ。

「コンビニで年賀状」のデザインサンプル 「コンビニで年賀状」のデザインサンプル

費用は、年賀はがき代とコンビニのマルチコピー機で使う80円(1枚につき)のみ。送料や基本料金を支払う必要がなく、1枚から作成できるのも嬉しい。印刷したものをその場で受け取れるのもメリットだ。

テンプレートを使用したデザインはもちろん、イラストやリアルフォトスタンプという実写のスタンプを使って自分で好きなデザインもつくれる。パソコンなどでつくった年賀状も、このアプリを介してコンビニで印刷することができる。

コンビニで年賀状 デザイン作成画面

筆者が実際にスマホでデザインをつくり、コンビニで印刷した年賀状がこちら。

コンビニで年賀状で作成した年賀状

印刷方法も簡単で、一連のデザイン作業が終わったら「コンビニで印刷する」をタップし、「プリント予約番号」を発行。これを保存してコンビニのマルチコピー機に入力すればOK。

コンビニのコピー機の画面から「ネットプリント」を選択し、そこに予約番号を入力。通常マルチコピー機にはハガキ印刷用のはがきがセットされているが、事前に購入しておいた年賀はがきをそこにセットして印刷する。コピー機の説明通りに操作すれば簡単だ。なお、インクジェット用のはがきは使用できないので、注意しよう。

コンビニプリントでどの程度のものができあがるのかが少し心配だったが、にじみなどもなくきれいにプリントされており、年賀状としては十分なクオリティだ。

低価格とスピードを兼ね備えたコンビニ印刷。1日も待てない場合や、少量を印刷したい場合に便利だ。

【その他】
マルチコピー機の設置があるセブンイレブンでのみ利用可。一部店舗では設置がないため、事前確認が必要。

【マルチコピー機印刷の際の留意事項】
・フチなし印刷には対応していない。
・インクジェット用はがき、写真用はがきは使用不可。

WEBサイト

運営会社/株式会社CONNECTIT

④SNSで送るタイプ

■当日でもOK!
SNSでの挨拶にぴったりな動画で挨拶。「ぽすくまガチャ年賀」

ぽすくまガチャ年賀 トップページ

気づけば12月25日を過ぎていた! そんなときは、手軽なSNSでの挨拶がおすすめだ。

しかし、ただ文章を送るだけでは味気ない。せっかくだから、「ぽすくまガチャ年賀」を使ってユニークな動画を使った新年の挨拶をしてみたらどうだろうか。

「ぽすくまガチャ年賀」はLINEで友達登録をしてボタンをタップするだけで、動く年賀状が送られてくる。まずはLINEで「ぽすくま」を検索して友達登録しよう。すぐに「ぽすくまガチャ年賀」の画像が送られてくるので、「はじめてみる」をタップ。

ぽすくまガチャ年賀 LINE画面

さらに「ガチャスタート!」をタップすると、「友達に送るなら」といった送付相手の提案とともに動画年賀状が送られてくる。

ぽすくまガチャ年賀

当たった動画が気に入った場合には動画をスマホに保存して他の人に送ることもできるし、同じデザインが印刷された年賀はがきを購入することも可能だ。購入したはがきは、自宅配送だけでなく、相手に直接投函することもできる。

ぽすくまガチャ年賀の動画

ユルカワな動画年賀状で、送る側ももらう側もワクワク。相手が友人や同僚の場合など、カジュアルな挨拶のシーンで活躍しそうだ。

【動画の保存/転送】
無料

【動画と同デザインの年賀状の注文】
動画のあとに送られてくる「はがきで送る」ボタンをタップすると、専用ページに案内される。

WEBサイト

運営会社/日本郵便株式会社

ハガキとSNSの組み合わせという手も

スマホで年賀状をつくるメリットは、なんといっても「手軽」かつ「スピーディー」であることだが、上記のようなサービスの特長を生かして、相手によって年賀はがきとSNSで使い分けるといった使い方もできるだろう。

令和になって初めての年賀状。無理なく楽しみながら作成し、日頃お世話になっているあの人に、新年の挨拶と感謝の気持ちを伝えてみよう。

文:福田歩惟(ディライトフル)

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん