2019/09/11

速報『iPhone 11/ 11 Pro/ 11 Pro Max』登場! カメラ・バッテリーなど進化点まとめ

  • 82
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カリフォルニア州クパチーノのApple本社にあるスティーブ・ジョブズ・シアターで、日本時間9月11日午前2時(現地時間9月10日午前10時)から発表会が行われた。世界中からもっとも注目が集まる製品発表会のひとつと言っても過言ではない一大イベントだ。今年は「iPhone 11(イレブン)」「iPhone 11 Pro(イレブン プロ)」「iPhone 11 Pro Max(イレブン プロ マックス)」と名付けられた3種類のiPhoneのほか、Apple Watchの新モデルとなる「Apple Watch Series 5」などが発表された。その最新情報を速報でお伝えしよう。

“X”の次は“11”! 新型iPhoneのネーミングはシンプルに

Appleのイベントで発表された「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」

まず、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機に位置付けられるのが、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Max。そして、「iPhone XR」の後継機がiPhone 11だ。ナンバリングに「Pro」が付けば上位で、さらに「Max」が付けば大画面と、シンプルなネーミングになった印象だ。

iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max

■史上最高の“Pro”スペックを実現

Appleのイベントで発表された「iPhone 11 Pro」

iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxともに新たなSuper Retina(スーパー レティーナ)XDRディスプレイ(=有機EL)を搭載している。画面サイズはiPhone 11 Pro が5.8インチ、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチ。それぞれiPhone XS、iPhone XS Maxよりわずかに大型化し、重量はiPhone 11 Proが188g、iPhone 11 Pro Max は226gに増えている(iPhone XSは177g、iPhone XS Maxは208g)。そしてカラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、ゴールドに加え、今回はミッドナイトグリーンという新カラーが登場した。

さらに、パフォーマンスと省電力性の両立を図ったA13 Bionicチップを搭載したことで、iPhone XSと比較してiPhone 11 Proが4時間、iPhone 11 Pro Maxでは5時間もバッテリー持続時間が向上している。臨場感あふれる音響体験を実現するDolby Atmos(ドルビーアトモス)のサウンドシステムにも対応。

■3眼カメラの搭載で、広角からズームまで美しい写真が撮れる

Appleのイベントで発表された「iPhone 11 Pro」

今回の新型iPhoneにおいて、デザインと機能上でもっとも大きなアップデートとなったのが、背面カメラだ。iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxでは3眼の「トリプルカメラ」が搭載された。

トリプルカメラは、従来モデルより高性能になった「広角カメラ」に加えて、120°の「超広角カメラ」、「望遠」という構成。超広角13mm〜52mm光学ズームでの撮影が可能になり、3つの画角をスムーズに切り替えることもできる。F値1.8からの明るいレンズとAI技術が最適な露出やHDRを組み合わせることで、美しい描画が楽しめる。

Appleのイベントで発表された「iPhone 11 Pro」のトリプルレンズ

そして、従来なら黒くつぶれてしまう暗い室内でも精彩な写真を撮影できる「ナイトモード」が追加されたのも見逃せない。

Appleのイベントで発表された「iPhone 11」の「ナイトモード」

■動画撮影も大幅に進化

さらに、3眼のカメラがそれぞれ60fpsの4K動画撮影をサポートするほか、手ブレ補正機能やインカメラでのスローモーション撮影、4K撮影など、動画機能も大幅に進化を遂げた。

Appleのイベントで発表された「iPhone 11 Pro」の動画撮影

iPhone 11

■iPhone 11はカラフルな6色展開

Appleのイベントで発表された「iPhone 11」

iPhone 11は、Liquid Retina(リキッド レティーナ)ディスプレイ(液晶)を搭載し、画面サイズは6.1インチ、重量もiPhone XRと同じ194gとなっている。カラーバリエーションはパープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッドの6色展開

iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxと同じく、さらにパフォーマンスが向上した新型プロセッサ「A13 Bionic」を搭載しているほか、Dolby Atmos(ドルビーアトモス)のサウンドシステムにも対応。なお、バッテリー持続時間はiPhone XRより1時間長くなっている

■広角カメラと超広角カメラのデュアルカメラを搭載

背面カメラは、これまでより高性能になった広角カメラに加えて、120°の超広角カメラを搭載した2眼の「デュアルカメラ」。風景や人物をより多い情報量で切り取ることができる。また、ペットも認識する AIを搭載し、人物を捉えてスマートな背景処理やオートレタッチも可能。さらにiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxと同様にナイトモードやインカメラでのスローモーション撮影などにも対応している。

「Apple Watch Series 5」も発表! 画面の“常時表示”が実現

Appleのイベントで発表された「Apple Watch Series 5」

さて、今年もiPhoneと同じタイミングで、新型Apple Watchが発表された。「Apple Watch Series 5」と名付けられた新型は、Series 4とはデザインの変更はなかったが、画面がスリープせずに常時表示される仕様となった。「LTPO (Low Temperature Polycrystalline Oxide)」という低消費電力化を達成する新技術やバッテリーコントロールを組み合わせることで、従来モデルと変わらない18時間というバッテリー持続時間を実現している。

Appleのイベントで発表された「Apple Watch Series 5」

また、内蔵コンパスを搭載したほか、今回は新たにチタンモデルが登場。NIKEやエルメスとのコラボモデルも刷新し、新たなベルトが発表された。

Appleのイベントで発表された「Apple Watch Series 5」

画面が大きくなった第7世代「iPad」も登場

Appleのイベントで発表された第7世代「iPad」

そして今回は、第7世代となる「iPad」も発表された。第6世代のiPadから本体サイズがわずかに大きくなり、画面サイズが9.7インチから10.2インチに拡大。さらに、Retinaディスプレイを採用したほか、Smart Keyboardに対応することでパソコンのような操作感も実現している。

Appleのイベントで発表された第7世代「iPad」

今回の目玉はカメラ機能の刷新。さて、どれを選ぶ?

カメラ機能の大幅なアップデートが目立った新型iPhone。いずれのモデルを選んでも、きっと満足できるだろう。なお、auホームページおよびau Online Shopでは2019年9月13日午後9時より、auのiPhone取扱店では2019年9月14日開店時より予約受付を開始し、発売は9月20日を予定している。どれを選ぶか……悩ましい日々が今年もまた始まった。

文:吉州正行

  • 82
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん