2019/04/03

iPhone・AndroidでQRコードを最速で読み取る方法 アプリ不要でLINE登録・決済にも

  • 24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では、飛行機やスポーツ観戦、映画のチケットなどに印刷されているQRコード。LINEの友だち登録やお店のクーポンを取得したいときなど、スマホをコードに「かざすだけ」で目的の情報に直接アクセスでき、URLを入力する手間を省けて便利だ。さらにQRコードによる決済も盛んに導入されている現在、これまで以上に生活のなかで目にする機会が増えてきた。

では、皆さんはこのQRコードをどのような方法で読み取っているだろうか。少し前まではiPhone、AndroidスマホともにQRコードを読み取るための専用アプリが必要だったが、今は標準カメラアプリで読み取ることができるようになった。

そこで、今後QRコード決済の普及など日常のなかでQRコードの利用が増える可能性も考え、できるだけ少ない手順でサッと情報にアクセスできるよう、QRコードを最速で読み取る方法を紹介する。

au WALLETプリペイドカードのQRコードを読み取る
【目次】

iPhoneでQRコードを読み取る方法は?

まずはiPhoneでの読み取り方から紹介する。

▼最速はロック画面からの標準カメラアプリ
QRコードを読み込むのに専用アプリは必要ない。iOS 11以降のiPhoneなら、標準のカメラアプリを立ち上げてQRコードをフレーム内に写すだけで読み取ることができるのだ。さらにそのQRコードがURLであればSafariで、メールアドレスであればメールアプリで開くことを促す表示が現れ、読み取ったコードに応じて最適なアプリが起動するので使いやすい。

iPhone QRコード 左:URLであればSafari 右:メールアドレスであればメールアプリ

さらに最速でQRコードを読み込むなら、ロック画面からカメラを直接立ち上げる方法がある。iPhone Xの場合、ロック画面のカメラアイコンを3Dタッチ(強めに押し込む)、iPhone 8以前ならロック画面を右から左へスワイプするとカメラが起動する。ロック画面を解除しなくて済むぶん、手順が少なく情報へのアクセスが早いというわけだ。

iPhone ロック画面 カメラ起動

▼LINEの友だち、Twitterのフォローを追加する場合
一般にQRコードを読み取る場合は、上記の「ロック画面から直接、標準カメラを呼び出す」方法が最速となる。しかし、アプリによっては、さらに手順が少ない場合がある。たとえば一緒にいる友だちをLINEやTwitterでフォローする場合だ。

・LINEの友だち登録ならLINEのQRコードリーダーが最速
対面でLINEの友だち登録をするときは、標準カメラのQRコードリーダーでも登録はできるが、それよりもLINEのQRコードリーダーを利用する方が早いのをご存じだろうか。実はこの手順、「ふるふる」を使うよりも早い。

通常、LINEで友だち追加するときは「友だち」>「友だち追加アイコン」と進み、「招待」「ふるふる」「QRコード」「検索」のいずれかから追加するという手順だが、以下の方法がもっとも早い。

【読み取ってもらう側】
・ホーム画面でLINEのアプリアイコンを3Dタッチし、「QRコードリーダー」をタップ。
・QRコード読み取り用のカメラが起動するので、右下の「マイQRコード」をタップすると、自分のLINEのQRコードが表示される。

iPhone LINE 3DタッチQRコードリーダー

【読み取る側】
・ホーム画面でLINEのアプリアイコンを3Dタッチし、「QRコードリーダー」をタップ。
・カメラが起動し、読み取り画面が表示されるので、相手のQRコードを読み取り友だち追加。

iPhone LINE 3DタッチQRコードリーダー

なお、意外と知られていないが、このQRコードリーダーは、普通のQRコードも読み取り可能だ。LINEの友だち追加以外のQRコードも読み取ることができるので、読み取ったサイトの右上の共有マークをタップすることでそのページを友だちに送ったり、後で読むためにKeepに保存したりと、LINEをよく使う人には非常に便利な機能だ。

iPhone LINE QRコード読み取り ページへアクセス
iPhone LINE QRコード読み取り ページへアクセス

・Twitterの友だちフォローならTwitterのQRコードリーダーが最速
Twitterにも、LINEと同様の3Dタッチを使った機能がある。相手と対面時に、Twitterのフォローをするときに利用してほしい。

【フォローされる側(読み取ってもらう側)】
・アイコンを3Dタッチすると、開いたメニューの中に「QRコードをスキャン」という項目があるのでタップ。
・QRコード読み取り用のカメラが起動するので、画面下部にあるQRコードマークをタップすると、自分のアカウントのQRコードが表示される。

iPhone Twitter QRコード

【フォローする側(読み取る側)】
・アイコンを3Dタッチすると、開いたメニューの中に「QRコードをスキャン」という項目があるのでタップ。
・カメラが起動し読み取り画面が表示されるので、QRコードを読み取る。

iPhone Twitter QRコード

▼SafariでWeb上のQRコードを読み取りたいときは、長押し
次は、WEBサイト閲覧時のスマートな読み取り方法を紹介する。スマホのカメラをかざして読み取れる場所ではなく、スマホの中、つまりWeb上などに表示されたQRコードを読み取りたい場合は、どうすればよいのだろうか。

そんな時は、画面長押しで解決できる場合がある。Safariに限るが、画面に表示されているQRコードを長押ししてみよう。表示されるメニューのいちばん上にある「“〇〇.jp”を開く」をタップすれば、QRコードを読み取ったことになり、そのページに遷移する。アプリを起動することなくすぐに情報にアクセスできるため、非常に便利だ。

iPhone Safari QRコードの読み取り方

AndroidスマホでQRコードを読み取る方法は?

続いては、Androidスマホで読み取る方法を紹介する。

▼最速はGoogleレンズ
Androidスマホは多くのメーカーから発売されており、カメラアプリもそれぞれのメーカーの独自仕様となっているが、Android OSの共通機能として、もっとも早くQRコードを読み取ることができるのは、ホームボタンを長押しして起動する「Googleアシスタント」のGoogleレンズだ。

・ホームボタンを長押ししてGoogleアシスタントを起動。
・Googleレンズのアイコンをタップするとカメラが起動する。

Galaxy S9 ホーム画面 ホームボタンを長押し

このカメラ自体はQRコードだけでなく、写したものを認識し、そのままその被写体について情報を検索できるものだが、QRコードにも対応している。

Galaxy S9 Google Lens

・QRコードの上にカメラをかざすと○が表示されるので、タップする。
・QRコードの内容がURLならWebサイトを、メールアドレスならメールアプリを開くことを促す表示が出る。

Galaxy S9 Google Lens

この機能は、ほかのアプリを使っている時でもいつでもホームボタンを長押しすれば立ち上げられるので、非常に便利。

▼LINEの友だち、Twitterのフォローを追加する場合
Android7.1以降には、iPhoneの3Dタッチのようにホーム画面上のアイコン長押し(感圧式ではないので強く押す必要はない)でメニューを表示する「アプリショートカット」機能が搭載された。この機能を使うと、SNSの友だち追加などクイックに行うことができる。

・LINEの友だち登録ならLINEのQRコードリーダーが最速
iPhoneと同様、対面でLINEの友だち登録をするときは、QRコードがいちばん早い。通常、LINEで友だち追加するときは「友だち」>「友だち追加アイコン」と進み、「招待」「ふるふる」「QRコード」「検索」のいずれかから追加するため手間がかかるが、以下の方法が手順も少なく早い。

【読み取ってもらう側】
・ホーム画面でLINEのアプリアイコンを長押しして、「QRコードリーダー」をタップ。
・QRコード読み取り用のカメラが起動するので、右下の「マイQRコード」をタップすると、自分のLINEのQRコードが表示される。

Galaxy S9 LINE QRコードリーダー

【読み取る側】
・ホーム画面でLINEのアプリアイコンを長押しして、「QRコードリーダー」をタップ。
・カメラが起動するので、読み取り画面で相手のQRコードを読み取り友だち追加。

Galaxy S9 LINE QRコードリーダー

なお、LINEの友だち追加以外の通常のQRコードも読み取ることが可能だ。上記と同じ方法でQRコードを読み取るとサイトが表示されるので、右上の共有マークをタップして友だちに送ったり、あとで読むためにKeepに保存したりと、LINEをよく使う人には非常に便利な機能だ。

Galaxy S9 LINE QRコードリーダー
Galaxy S9 LINE QRコードリーダー

・Twitterの友だちフォローならTwitterのQRコードリーダーが最速
TwitterにもLINEと同様、クイックにフォローできる機能がある。相手と対面時に、Twitterのフォローをするときに利用してほしい。

【フォローされる側(読み取ってもらう側)】
・ホーム画面でTwitterのアプリアイコンを長押し。
・メニュー内の「QRコードをスキャン」をタップすると、自分のアカウントのQRコードが表示される。

Galaxy S9 Twitter QRコードをスキャン

【フォローする側(読み取る側)】
・ホーム画面でTwitterのアプリアイコンを長押し。
・メニュー内の「QRコードをスキャン」をタップ。
・カメラが起動し読み取り画面が表示されるので、QRコードを読み取り。

Galaxy S9 LINE QRコードリーダー

なおTwitterの場合も、フォロー用のQRコード以外の通常のQRコードを読み取ることができる。上記と同様の方法でQRコードを読み取ると「外部URLを開く」というメッセージが出るので、「OK」をタップすれば、Webサイトに接続する。

Galaxy S9 Twitter QRコードをスキャン
Galaxy S9 Twitter QRコードをスキャン 外部URL

少し前までは読み取りに専用アプリが必要だったQRコードだが、現在では標準カメラアプリはじめ、画面長押しや連携アプリから直接読み取ることができる。愛用のQRコード読み取りアプリや手慣れた手順がある場合は無理に方法を変えることはないが、素早く読み取る方法を知っておいて損はない。

最近ではQRコードを活用した決済システムも普及しており、今後QRコードを利用する機会が増えてくるだろう。この記事を参考に、いちばん使いやすい読み取り方法を検討してみてほしい。

文:奥野大児

おすすめキーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん