2018/12/03

| 更新

2020/01/06

iPhoneに機種変更時の『LINE引き継ぎ』を解説 バックアップや復元の方法、注意点など

  • 179
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホの機種変更をするとき、多くの人が行うのがLINEの引き継ぎ。この記事では、LINEに引き継げるデータの種類や、iPhone・Android各スマホからの引き継ぎ方法を紹介します。

2019年2月に引き継ぎ方法がリニューアルされ、LINEアプリのバージョンが9.2.0以上であることが必須となっています。まずは古いスマホでLINEアプリのバージョンを確認し、バージョンが満たない場合はLINEアプリのアップデートをしておきましょう。

【目次】

引き継げるデータの種類は?

iPhoneLINE引き継ぎ

【iPhoneからiPhoneへ引き継ぎ】

引き継げるデータは以下のとおりです。通知音の設定とトークルームごとの通知設定は引き継ぐことができないので、データの引き継ぎ作業後にそれぞれ設定しましょう。

・友だちリスト(グループを含む)
・プロフィール設定(名前、LINE ID、プロフィール画像、ステータスメッセージなど)
・スタンプ、着せかえ(無料の再ダウンロードが必要)
・アルバム、ノートに投稿した内容
・タイムラインの内容
・Keepに保存したデータ(画像や動画、テキスト、ファイル)
・課金アイテムの購入履歴やコイン、LINE ポイント、LINE Pay残高(iPhone→iPhoneの場合のみ)
・LINE関連アプリ連動に関するデータ(GAME、マンガ、占いなど)
・LINE Outのチャージ済みコールクレジット
・トーク履歴(バックアップが必要)

【AndroidからiPhoneへ引き継ぎ】

OSをまたいだ機種変更では、引き継げるデータの内容が少し変わってきます。引き継げるデータは以下のとおりです。

・友だちリスト(グループを含む)
・プロフィール設定(名前、LINE ID、プロフィール画像、ステータスメッセージなど)
・スタンプ、着せかえ(無料の再ダウンロードが必要)
・アルバム、ノートに投稿した内容
・タイムラインの内容
・Keepに保存したデータ(画像や動画、テキスト、ファイル)
・LINE Pay、LINEポイント残高

コイン残高とトーク履歴は引き継ぐことができません。残高は使い切り、必要なトークはのちほど紹介するテキストファイルでの保存、Keepへの保存などで対応しましょう。

引き継ぎ作業を行うには、しっかりと前準備を

まずは引き継ぎの準備からです。古いiPhoneで電話番号、メールアドレス、パスワードがきちんと登録されているかの確認と、トークのバックアップをします。この準備をしっかりと行っておくことで、引き継ぎの失敗を防げます。OS別に手順を紹介しているので、該当の項目を参考にしてください。

【iPhoneからiPhoneへ引き継ぎ】

1. 古いiPhoneで電話番号、メールアドレス、パスワードがきちんと登録されているかの確認を行います。メールアドレスは機種変更後のiPhoneでも使用できるものを、パスワードはのちほど入力を求められるので、登録内容を把握していない場合は再登録しておきましょう。

・古いiPhoneでLINEアプリを立ち上げる。
・[ホーム]タブ ▶ 左上にある歯車の[設定]をタップ。
・[アカウント]から[電話番号]/[メールアドレス]/[パスワード]を選択し、内容を確認。

LINE 電話番号、メールアドレス、パスワードの確認

2. 続いて、古いiPhoneでiCloudにトーク履歴をバックアップしておきます。トーク履歴を残したい場合は必ず行わなければならない作業です。なお、iPhoneのiCloudをONにしておく必要があります。[設定]アプリ ▶最上部の[自身のアイコンと名前]▶[iCloud]▶[iCloud Drive]がONになっているか確認しておきましょう。

・[ホーム]タブ ▶[設定]▶︎[トーク]▶︎[トークのバックアップ]▶︎「今すぐバックアップ」(iCloudへログインがされていることが前提)をタップ。

LINE トークのバックアップ

これで、古いiPhoneのトーク履歴のバックアップは完了です。

3. 前準備の最後に、アカウント引き継ぎ設定をONにしておきます。ONにすると、36時間以内の引き継ぎを促すカウントダウンが始まりますが、もし時間が過ぎてしまってもデータが消えることはありません。同じ手順をたどれば再び引き継ぎ作業が行えます。

・[ホーム]タブ ▶[設定]▶[アカウント引き継ぎ]▶[アカウントを引き継ぐ]をONに。

LINEアカウント引き継ぎ設定

以上で古いiPhoneでの前準備は完了です。次項の引き継ぎ方法へと進んでください。

【AndroidからiPhoneへ引き継ぎ】

1. 古いAndroidスマホで電話番号、メールアドレス、パスワードがきちんと登録されているかの確認を行います。メールアドレスは機種変更後のiPhoneでも使用できるものを、パスワードはのちほど入力を求められるので、登録内容を把握していない場合は再登録しておきましょう。

・古いAndroidスマホでLINEアプリを立ち上げる。
・[ホーム]タブ ▶ 右上にある歯車の[設定]をタップ。
・[アカウント]から[電話番号]/[メールアドレス]/[パスワード]を選択し、内容を確認。

LINE アカウント情報の確認

2. トーク履歴のバックアップを行いますが、AndroidスマホからiPhoneに機種変更をした場合、LINEのトーク履歴を引き継ぐ(移行する)ことはできません。しかし、トーク履歴をテキストとして保存することは可能です。ここではAndroidスマホからiPhoneへの機種変更時に行うLINEのトーク履歴の保存方法を2通り解説します。

▼個別のトークごとにバックアップ

iPhoneへの機種変更後も大事な人とのトーク履歴を確認したいなら、個別のトークごとにバックアップを行うとよいでしょう。

・保存したい友だちとのトーク画面を開き、右上のタブをタップ。

LINEトーク履歴を個別にバックアップ

・[設定]▶[トーク履歴を送信]▶ 任意の共有先を選択すれば、バックアップ完了。

LINE 個別のトークごとにバックアップ

保存したバックアップデータは保存した場所からいつでも確認できます。ここでは異なるOSでも引き継ぎができるLINE Keepに保存しました。下のスクリーンショットのようにテキストデータとして保存されるので、スタンプや画像などは表示されません。

LINE 個別のトークごとにバックアップ
▼メッセージや画像だけバックアップ

すべてのトークはいらないけれど、特定のメッセージや画像だけ保存したい場合は「LINE Keep」を活用しましょう。保存したいデータ(画像など)を長押しして表示されるメニューの[Keepに保存]があるので選択すれば1GB分まで(ほかのファイルなどと合算して)保存でき、引き継ぎ後もプロフィールから閲覧できます。

LINE Keepにメッセージや画像だけバックアップ

LINE Keepにメッセージや画像だけバックアップ

3. 前準備の最後に、アカウント引き継ぎ設定をONにしておきます。ONにすると、36時間以内の引き継ぎを促すカウントダウンが始まりますが、もし時間が過ぎてしまってもデータが消えることはありません。同じ手順をたどれば再び引き継ぎ作業が行えます。

・[ホーム]タブ ▶[設定]▶[アカウント引き継ぎ]▶[アカウントを引き継ぐ]をONに。

LINE アカウント引き継ぎ設定

以上で古いAndroidスマホでの前準備は完了です。次項の引き継ぎ方法へと進んでください。

iPhoneへの引き継ぎ方法

以下の3パターンの引き継ぎ方法が用意されているので、自身の状況にあてはまるパターンにしたがって引き継ぎを行ってください。古いスマホがiPhoneでもAndroidでも、新しいiPhoneで行う作業は共通です。

① 機種変更後、電話番号の変更がない場合

機種変更をして、新しいiPhoneでも電話番号が変わらない場合はこの内容にしたがって引き継ぎを行ってください。トーク履歴を引き継ぐ場合、新しいiPhoneでもiCloud内の[iCloud Drive]がONになっているか確認しておきましょう。

・新しいiPhoneでLINEを起動し、[はじめる]をタップ。
・「この端末の電話番号を入力」の画面で電話番号を入力し[→]をタップ。
・SMSで6桁の認証番号が送られてくるので、「認証番号を入力」の画面で入力する。

LINE アカウント引き継ぎ

・「おかえりなさい、〇〇(名前)!」の画面が表示され、自身のアカウント名で間違いない場合は[はい、私のアカウントです]をタップ。
・「パスワードを入力」の画面が表示されたら、古いスマホで設定したパスワードを入力し、[→]をタップ。

LINE アカウント引き継ぎ

・「友だち追加設定」は任意でチェックを入れ、「年齢確認」も指示に従って行う。古いスマホがiPhoneの場合、iCloudにバックアップしたデータを復元するには「トーク履歴を復元」の画面で[トーク履歴を復元]をタップする。古いスマホがAndroidの場合は、[トーク履歴を復元せずに続行]をタップ。

LINE アカウント引き継ぎ

iCloudにバックアップデータがある場合、トーク履歴の復元はこのタイミングでしか行えないので、必要であれば必ず復元しましょう。 これでLINEアカウントの引き継ぎは完了です。スタンプや着せかえは手動で復元しなければならないので、後述の「スタンプや着せかえの復元方法」を参考に行ってください。

② 機種変更後、電話番号の変更がある場合

機種変更をして、新しいiPhoneで電話番号が変わる場合はこの内容にしたがって引き継ぎを行ってください。トーク履歴を引き継ぐ場合、新しいiPhoneでもiCloud内の[iCloud Drive]がONになっているか確認しておきましょう。

・新iPhoneでLINEアプリをダウンロードし、起動する。
・「LINEへようこそ」の画面で[はじめる]をタップ。
・「この端末の電話番号を入力」の画面で新しいiPhoneの電話番号を入力。
・新しいiPhoneのSMSに6桁の認証番号が届くので、「認証番号を入力」の画面で入力する。

LINE iPhoneからiPhoneのアカウント引き継ぎ

・まれに「おかえりなさい、〇〇(名前)!」という画面が表示されることがあるので、自身のアカウントである場合は[はい、私のアカウントです]を選択。過去に同じ電話番号を使用していた人の情報が出てくる可能性もあるので、その場合は[いいえ違います]を選択する。

LINE iPhoneからiPhoneのアカウント引き継ぎ

・「アカウントを引き継ぎますか?」の画面で[アカウントを引き継ぐ]をタップ。
・「ログイン方法を選択」の画面で、[以前の電話番号でログイン]をタップし、古いスマホの電話番号を入力し[→]をタップ。

LINE iPhoneからiPhoneのアカウント引き継ぎ

・続いて、古いスマホで設定していたパスワードを入力し[→]をタップ。
・「〇〇としてログイン」と自分の名前が出てきたら[ログイン]をタップ。

ここから先に進むと古いスマホのLINEデータが消去されます。トーク履歴のバックアップが取れていない場合は、データが消えてしまうので気を付けましょう。

LINE iPhoneからiPhoneのアカウント引き継ぎ

・「友だち追加設定」は任意でチェックを入れる。古いスマホがiPhoneの場合、iCloudにバックアップしたデータを復元するには「トーク履歴を復元」の画面で[トーク履歴を復元]をタップする。古いスマホがAndroidの場合は、[トーク履歴を復元せずに続行]をタップ。

iCloudにバックアップデータがある場合、トーク履歴の復元はこのタイミングでしか行えないので、必要であれば必ず復元しましょう。

LINE iPhoneからiPhoneのアカウント引き継ぎ

これでLINEアカウントの引き継ぎは完了です。なお、スタンプや着せかえは手動で復元しなければならないので、後述の「スタンプや着せかえの復元方法」を参考に行ってください。

③ Facebookと連携させる場合

FacebookアカウントとLINEを連携させて引き継ぎを行う方法を解説します。この方法を使えば、電話番号やLINEのパスワードが必要ありません。電話番号が割り当てられていないスマホでLINEを使用したいなど、SMSを受け取ることのできない場合でも有効な方法です。引き継げる情報は、冒頭の「引き継げるデータの種類は?」の章で解説した内容と同様になります。

トーク履歴のバックアップを取ること、アカウント引き継ぎ設定をONにすることは忘れずに行っておきましょう。

1. 古いスマホでFacebook連携の設定を行います。
【iPhone、Android共通】
・[ホーム]タブ ▶[設定]▶[アカウント]▶ Facebookの[連携する]をタップ。

LINE Facebookで引き継ぎ

・「“LINE”がサインインのために“facebook.com”を使用しようとしています。」のポップアップが表示されるので、[続ける]をタップ。(iPhoneのみ)
・自身のFacebookアカウントのメールアドレス(もしくは電話番号)、Facebookのパスワードを入力し、[ログイン]をタップ。
・氏名とプロフィール写真の提供を確認する画面が表示されるので、自身の名前で間違いない場合は[○○としてログイン]をタップ。

LINE Facebookで引き継ぎ

連携が完了すれば、LINEの設定のFacebook欄に「連携解除」と表示されます。

LINE Facebookで引き継ぎ

2. 新しいiPhoneでアカウントの引き継ぎ作業を行います。
・LINEアプリをインストールし、「LINEへようこそ」の画面で[はじめる]をタップ。
・「この端末の電話番号を入力」の画面で[Facebookログイン]をタップ。
・「Facebookログイン」の画面で[Facebookログイン]をタップし、「“LINE”がサインインのために……」のポップアップで[続ける]をタップ。

 LINE Facebookで引き継ぎ

・自身のFacebookアカウントのメールアドレス(もしくは電話番号)、Facebookのパスワードを入力し、[ログイン]をタップ。
・「すでにLINEにFacebookを使用してログインしたことがあります。」の画面で[次へ]をタップ。

LINE Facebookで引き継ぎ

・LINEの画面で「○○(名前)としてログイン」の画面で、自身のアカウントで間違いなければ[ログイン]をタップ。
・トーク履歴の復元、年齢確認を行う。

LINE Facebookで引き継ぎ

引き継ぎ先がiPhoneの場合、このタイミングでしかトーク履歴の復元ができないので、必要であれば必ず行ってください。古いスマホがiPhoneの場合、iCloudにバックアップしたデータを復元するには「トーク履歴を復元」の画面で[トーク履歴を復元]をタップ。古いスマホがAndroidの場合は、[トーク履歴を復元せずに続行]をタップする。

引き継ぎが完了したら、電話番号の登録・認証を求められるので、登録しておきましょう。

LINE Facebookで引き継ぎ

スタンプや着せかえの復元方法

アカウントの引き継ぎが完了し、iCloud上のバックアップデータを復元してもスタンプや着せかえのデータは復元されていません。下記の手順で復元作業を行う必要があります。

・スタンプの復元

[ホーム]▶[設定]▶[スタンプ]▶[マイスタンプ]から購入済のスタンプ一覧が見られるので、[すべてダウンロード]もしくは個別に手動でダウンロードを行います。有料のスタンプなども、再ダウンロードは無料です。

LINE アカウント引き継ぎ スタンプの復元

・着せかえの復元

最後に着せ替えの復元を解説します。こちらも[ホーム]▶[設定]から、[着せかえ]▶[マイ着せかえ]▶ 購入済の着せかえ一覧を見られるので、[ダウンロード]▶[適用する]をタップ。

LINE アカウント引き継ぎ 着せかえの復元
LINE アカウント引き継ぎ 着せかえの復元

以上ですべての引き継ぎ作業は完了です。

きちんと手順を踏めば、難しくはないLINEの引き継ぎ

2019年2月のリニューアルで、引き継ぎの方法はより簡単になりました。今回の記事を参考にきちんと正しい手順を踏めば、iPhoneに機種変更した時のLINE引き継ぎに困ることもなくなるはず。いまやコミュニケーションツールとして多くの人が利用しているLINE。機種変更後も今までどおり使えるよう、スムーズなデータ移行にお役立てください。

※2019年12月時点の情報をもとに執筆しております。アプリのアップデートなどにより、解説の内容が適用されなくなる可能性もございます。

文:TIME & SPACE編集部

  • 179
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん