2018/12/27

心配性が集まって語り合う!「不安」座談会

  • 76
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

不安…。

 

生きていると、大きなことから小さなことまでさまざまな不安がありますよね。

 

 

 

今回は「ひそかに不安に思っていること」について不特定多数から集めたアンケートをもとに、自他ともに認める心配性たちが「不安座談会」を行いました。

集まった不安の数は合計200以上。あなたはどれくらい共感できますか?

 

■座談会メンバー

やまぐちしゃん「山口 心配性。」

ぎゃらくしーしゃん「ギャラクシー 心配性。」

恐山しゃん「恐山 心配性。」

かまどしゃん「かまど 心配性。」

 

 

 

やまぐちしゃん「まずはこの不安、どう思う?」

 

 

ぎゃらくしーしゃん「これめっちゃわかる!

恐山しゃん「わかります。」

やまぐちしゃん「子どもの頃はしょっちゅう思ってた。」

かまどしゃん「逆に思ったことない人いるのかな?」

ぎゃらくしーしゃん「「服を着ていると思い込んでいるだけで、俺はずっと全裸なんじゃないか」とかもよく考える。」

恐山しゃん「「すべて仮想現実で、ずっと主人公は騙されてた」みたいなどんでん返しの映画あるじゃないですか。ああいうの見ると「自分もそうなんじゃないか……」ってすごい怖い。」

 

やまぐちしゃん「一番最悪なパターンの物語が頭の中で勝手に再生されるんだよね。」

恐山しゃん「これは「トトロ」のメイがいなくなるシーンの刷り込みもある気がします。」

かまどしゃん「実際は抱っこされている子どもが勝手に脱いで落としてることがほとんどとわかっていても……。」

 

やまぐちしゃん「これも同じパターンよね。でもこれは正しくない? 危険物かもしれんし、駅員にちゃんと言うべき。」

ぎゃらくしーしゃん「「心配しすぎ」って言う人もいるけどさ、生き物として危機管理能力が優れているってことだから。」

恐山しゃん「そう! そうなんですよ!」

 

恐山しゃん「むしろ何も思わない画面の前のあなた、危険かもしれません……。」

かまどしゃん「何かの番組?」

 

 

やまぐちしゃん「わかる。」

ぎゃらくしーしゃん「40歳を超えると、マジで体のいろんな部分が壊れてくるから、病院には行っておくべき。」

かまどしゃん「精巣がんで睾丸を摘出したことのある人の言葉は重い……。」

恐山しゃん「健康系の不安だと、これもありますね。」

 

 

恐山しゃん「歯の何が怖いって、一度永久歯になったら後がないことなんですよ。一点モノの陶器が口の中にビッシリ陳列してあると思うと緊張する。

やまぐちしゃん「サメみたいに、抜けても無限に生えてくる構造ならいいのにね……。」

かまどしゃん「僕、「歯が全部抜ける」という夢を見すぎて、起きてる間も舌で歯をモゴモゴ触っちゃいます。」

やまぐちしゃん「あ、あとこれ、ずーっと気になってることなんだけど……」

 

 

ぎゃらくしーしゃん「ちょっとよくわからない。」

 

やまぐちしゃん「腕も細いし、その先にある指なんかさらに細いじゃないですか。ほんとに無事のまま持ちこたえられるの? って思う。」

恐山しゃん「独特な不安だな。

かまどしゃん「うわ、でも言われたらわかってきた……。やだな~、他人の不安って感染るから。」

 

 

 

ぎゃらくしーしゃん「それは絶対に思う。家に帰る途中とかも、消防車が進行方向へ走っていくと「あ、燃えてる…」と思う。」

かまどしゃん「「気づかないうちに取り返しの付かないことになっている」っていう状況が怖すぎる。」

恐山しゃん「車の中で何気ない会話をしているとき「この何気なさ、絶対に事故の伏線だ」と確信します。」

やまぐちしゃん「「なさ」に怯えだしたら末期。」

 

 

やまぐちしゃん「俺はこれすごいわかる。」

恐山しゃん「知人は全く読まないマンガアプリの有料会員になったまま、毎月500円を10年間払い続けていたそうです……。」

かまどしゃん「そういうのに関してはもう僕は「気がする」じゃなくて「なってる」と思ってます。

ぎゃらくしーしゃん「なってる?」

かまどしゃん「支払は絶対に膨れ上がっているし、いままさに実家は燃えてるし、めちゃくちゃやばい病気が潜伏している、と思って生きてます。発覚したとき、ショックを受けたくないから……。」

やまぐちしゃん「心配性も一定のレベルを過ぎると裏返るんだな。」

ぎゃらくしーしゃん「これはもう絶対に正しくないことを言ってると自覚したうえであえて正直な気持ちを言うと……。」

 

ぎゃらくしーしゃん「病院で検査を受けたら「病気かどうか」が確定してしまうから行きたくないし、曖昧なまま生きたい。

恐山しゃん「明白に間違ってるけど、わかります。」

 

ぎゃらくしーしゃん「LINEの最初のメッセージが「あのさ」だったりすると、もうビクッ!! って。」

やまぐちしゃん「絶対ロクな内容じゃない。「宝くじ当たった!」とか「旅行行こうよ!」につながるわけがないから。」

恐山しゃん「文字だけのやりとりって無機質だから「キレてると思われてるんじゃないか」と不安になって、語尾に「…!」を多用します。「よろしくおねがいします…!」みたいな。恐縮してる感が出るから。」

 

 

やまぐちしゃん「ちょっとこれは考えすぎじゃない?」

かまどしゃん「本当に疑ってるわけじゃないんですよ。万が一裏切られたらショックで死んじゃうから、あらかじめ、いったん保険としてそう思っておく。」

 

 

かまどしゃん「想像っていうか、これは実際「なってる」からね。

ぎゃらくしーしゃん「出た、保険。」

 

かまどしゃん「わかってるぞ…お前らが俺の悪口を言ってるのは……。」

やまぐちしゃん「心配性っていうか怖い人じゃないか。

 

 

やまぐちしゃん「?????」

恐山しゃん「これ私の不安なんですけど「フラグ」という概念が染み付いちゃってるんですよ。たとえばドラマで子どもが「明日はパパと遊園地に行く日だ! 楽しみだね、ママ!」って言うシーンがあったら、どう思いますか?」

ぎゃらくしーしゃん「「絶対に急な商談が入る」って思う……。

恐山しゃん「そうなんですよ! 「上げたら、落とす」が物語の基本じゃないですか。だから人生における「良いこと」は全部伏線だと思っていて。「神よ、その手には乗るか」ということで、喜ぶべき場面はテンション低めにやりすごします。

 

やまぐちしゃん「でもその生き方、人生から楽しいことがなくなるよね。

恐山しゃん「そうなんですよ……。」

 

 

かまどしゃん「これ僕の不安ですね。」

ぎゃらくしーしゃん「どういうこと? 彼女が浮気しないか不安なんじゃなくて?」

かまどしゃん「彼女は浮気するような人間じゃないです! でも、万が一、そういうことがあったとして、後になって恥ずかしくならない対応を取れるかどうか不安なんですよ。

恐山しゃん「めちゃめちゃキレ散らかしたり、逆に泣いちゃったり?」

かまどしゃん「そうそう。ちゃんと冷静に対応できるか不安で、いつも頭の中で修羅場をシミュレーションしてるんです。

やまぐちしゃん「そんな彼氏嫌だ。」

かまどしゃん「こんなこと考えてたら彼女が嫌な気持ちにならないかも気にかかる。

やまぐちしゃん「嫌だよ。」

 

 

やまぐちしゃん「????

恐山しゃん「????

かまどしゃん「????

ぎゃらくしーしゃん「あれ? これわからない!? 僕のやつなんだけど。なんか全体のバランスが偏ってるとすげ~気になるんだよ。

恐山しゃん「なんか今までのと方向性が違うような……。」

かまどしゃん「あ~、でも、言われてみたら分かってきた……。ちょっと、どうしてくれるんですか! 新しい不安ゲットしちゃったじゃないですか!」

恐山しゃん「スポンジみたいに不安を吸収していくな。」

 

やまぐちしゃん「急に普通っぽい不安だ。怖いよね、貯金が足りるのかなとか、介護とか孤独死とか……。」

かまどしゃん「あ、でも僕、ちょっと不安の方向性が違うかも。もちろんお金のことも心配なんですけど、それより「最悪な老人」になる自分が怖いんですよ。

恐山しゃん「あ、わかる!」

かまどしゃん「今、人目を気にして抑圧し続けている僕も、歳をとるほどにどうでもよくなってくると思うんですよね。その結果、プライドのないマジヤバの老人にいずれなるんじゃないかと思うと不安で不安で……。

恐山しゃん「街で短気な老人に怒鳴りつけられても怒りが湧いてこないんですよ。自分もああなるのかなと思うと……。」

 

ぎゃらくしーしゃん「四十代半ばの立場から言わせてもらうけどね、それ、なるよ。

かまどしゃん「なるんだ……。」

ぎゃらくしーしゃん「若い頃のこだわりってどんどんどうでもよくなっていくから。トガってた20代の頃の僕が、川べりでジョギングしてる今の自分を見たら、たぶん泣く。」

恐山しゃん「じゃあもう諦めます。」

やまぐちしゃん「ところで、そんなに不安だらけの毎日を送ってるってことは、貯金とかもちゃんとしてるんよね?」

かまどしゃん「いや、全然……。」

恐山しゃん「なんかそういうリアルな不安はリアリティがないんですよね。

やまぐちしゃん「ちなみに、65歳以降に夫婦でまあまあ裕福な生活を送るには、年金とは別に1500~3000万円くらいの金融資産が必要だそうです。」

ぎゃらくしーしゃん「……。」

恐山しゃん「……。」

かまどしゃん「そんなことより「交番の前を通るときは姿勢よく歩いてしまう」みたいな話をしませんか?」

やまぐちしゃん「本当の不安からは目をそむけて生きているんだな……。」

恐山しゃん「まあ貯金なら多少は……。」

かまどしゃん「僕、貯金してもすぐ使っちゃうんですよね。」

ぎゃらくしーしゃん「それを何よりも不安に思えよ。」

やまぐちしゃん「年金も受給年齢が65歳からに引き上がるし、「将来」が一番デカい不安かもしれん……

 

 

……ということでリアルで重い雰囲気に支配されたまま「不安座談会」は終了しました。

さて、全ての人々に重くのしかかる「将来の不安」解消に役立つiDeCo(イデコ)という制度をご存知でしょうか。

 

iDeCoは20歳以上~60歳未満の人が利用できる私的年金。毎月、一定額を積み立てて、そのお金で資産を運用し、原則60歳から 年金あるいは一時金として受け取れる仕組みです。

 

iDeCoで積立てると所得税や住民税の負担が軽減したり、運用収益や受取金が一定額まで非課税になったりと、3つのタイミングで税制優遇もあります。

 

また、KDDIアセットマネジメントが提供する「auのiDeCo」なら、スマホで年金管理が簡単にできたり、投資信託の運用残高に応じてポイントが還元されるといった特典があります。加入手続手数料と運用中手数料はずっと0円なので、よけいなお金もかかりません。

 

布団の中でモヤモヤとした不安を抱えている人は検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ちなみに、今回紹介しきれなかった「不安」はこんなものも。みなさんはどんな不安を抱えていますか? ツイートするときに教えてください!

 

▼PCのモニターについているカメラは盗撮が怖いのでテープで塞いでいる

▼大学の単位、本当は足りてなくて卒業できていないのではと思う

▼小型犬が近くを通ると踏みそうで怖い

▼寝ている人をまたぐとき、頭を踏んで割りそうで怖い

▼自転車の前輪が何かに引っかかって一回転するかもしれない

▼壁に頭をつけて寝ていると、隣の人が壁に穴開けようとして電動ドリルでチュインってやってるかもと思う

▼標識の下を歩く時に落ちてくるんじゃないかと思って頭がムズムズする

▼Bluetoothのイヤホンは突然接続が切れてアニソンが大音量で流れそうで怖くて使えない

▼ガチャで目当てのキャラを引き当てると、このあとはハズレばかり出るんだろうなと思う

▼新幹線や飛行機など、高速で移動する乗り物に乗っていると「生物は本来こんな速度で移動することを想定して作られていないので、魂を置き去りにしちゃってるんじゃないか」と思う

▼突然、地球が爆発する

 

 

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ記事

関連キーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん