2017/09/28

| 更新

2018/08/30

「タロット占い」で人生を完全予想してから保険を組む

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは、フリーライターの砂流です。(すながれって読みます)

保険にお悩みの皆さん、突然ですが僕、
すごいことを思いついてしまいました。

保険って、生命保険や医療保険にがん保険、就業不能保険などなど種類がたくさんあるうえに、どのタイミングでどういう保険に入ればいいのか、正直、悩ましいですよね?しかも、掛け捨てタイプの保険は、将来に備えて入っておいたほうがいい、というのは頭で理解できても、「結局、何もなかったらお金が無駄になるんじゃないか……」とか考えてしまってなかなか踏ん切りがつかなかったりします。

そこで閃きました!

いつ死ぬとか……
どういう病気になるとか……

もし自分の“将来”を知ってたら
掛け捨てが無駄にならず、
最大限保険を活用できるんじゃ!?

というわけで、僕の将来を、美人占い師・まるみさんにお願いして、視てもらうことにしました。

美人占い師・まるみさん

人物紹介:まるみさん(年齢非公開)
プロフィール:都内で活動する美人タロット占い師。
豊富な人生経験を活かして、恋愛や仕事などあらゆるテーマで占ってくれます。

さっそく占ってもらった

砂流

今回は保険に入るために占ってもらうため、事件や、事故、病気、死期など、人生の災難を中心にかなり重たい内容で占ってもらいます。

美人占い師・まるみさん

砂流「「本日はよろしくお願いします。まずは自分の将来を占ってもらう前にですね……、失礼ながらこれだけは聞かせてください。」」

砂流「「タロット占いって……
ぶっちゃけ、当たるんですか?」」

まるみ「「うーん、そうですね……。当たるか当たらないかでいったら、当たると思います。」」

砂流「「おおぉ!」」

まるみ「「けど、解釈ひとつなんで読み手(占い師)が的確に読めていないと、当たらなかったりもします。深読みする力が必要なので、力ある占い師が占うと当たりますよ。」」

砂流「「まるみさんは、深読み力がある占い師さんということで大丈夫ですか?」」

まるみ「「そうですね。」」

砂流「「安心しました! それでは、さっそく占いをお願いします。僕の人生でこれから起こる人生の災難を中心に、30代、40代、と10代刻みで僕が死ぬところまで、占ってもらえますか?」」

まるみ「「わかりました。それでは30代からみていきたいと思うんですけど、ここにあるカードを自分で切ってもらっていいですか?いいな、と思ったら私に返してください。」」

美人占い師・まるみさん

砂流「「カード、切りました。これでよろしくお願いします。」」

美人占い師・まるみさん

▲はじめにでてきた3枚
(カードは僕視点から撮影。占い師さんには逆に見えています)

砂流「「王様とか出てきてるし、いい感じに見えるんですがどうでしょうか?」」

まるみ「「うーん、まずいいことから。砂流さんは今独身ですか?」」

砂流「「はい、彼女もいないです。」」

まるみ「「おそらく、30代のうちに結婚する可能性が非常に高いと思います。」」

砂流「「おおおぉ!」」

まるみ「「なんですけど、結婚する女性がかなり気の強くて、プライドの高い女性で、仕事もできる感じです。性格がかなりきついので、度々衝突することは覚悟しておいた方が良いと思います。」」

砂流「「(良いことと微妙な感じが一度に来たな)」」

まるみ「「たぶん、この方には苦しい思いもさせられることがありそうです。奥さんのあたりが辛いというのは頭の片隅に置いておいてください。」」

砂流「「僕自身に災難みたいなのは起こりますか?」」

まるみ「「新しくカードをめくってみますね。そうですね……。たぶん、傷害事件とかに巻き込まれますね。なにが原因かまではわからないんですけど、結構大きく出ていますね。」」

砂流「「(傷害事件か……)」」

まるみ「「あと、引っ越しをすると思います。」」

砂流「「2年前に引っ越しんだですが、これのことですかね?」」

まるみ「「違いますね。しかもこれ、いい引っ越しではないかもしれません。例えば、盗難被害にあってなくなく引っ越したみたいな可能性が高いです。」」

砂流「「なるほど。」」

僕の30代をまとめるとこういう結果になりました。

・気の強い女性と結婚
・燃費が悪くデザインの凝った車を購入
・親戚の男の子が揉め事を起こす
・傷害事件に巻き込まれる
・盗難などがきっかけで引っ越し

こんな感じで40代、50代……と占ってもらいました。

40代に起こる主な出来事

40代のタロットカード 40代のタロットカード

・子供ができる
・不倫で異性間トラブル✕2回
・海外に行く仕事が増える
・勝手に危ない国へ自ら行って  トラブルに巻き込まれる (自業自得パターン)

50代に起こる主な出来事

50代のタロットカード 50代のタロットカード

・紛争に巻き込まれ、訴訟を起こす
(利を得るが、仲間が減る)

・傷害事件の加害者になる可能性
・病気にかかる(がんの可能性)
・アルコール依存症になる可能性

象徴的だったのが、左上の悪魔とその隣にある月のカード。40代の不倫などで遊んだツケが50代に どちらも不吉な意味を持っていて、傷害事件を起こす側になったり、アルコール依存症や重たい病気(おそらく、がん)になるなど人生の下り坂がはじまるそうです。

そして60代……

50代のタロットカード 60代のタロットカード

そして、60代。

結論から言うと、僕は66歳以降(70歳未満)に死ぬそうです。

剣が刺さってるカード

この、いっぱい剣が刺さってるカードが出たときに、占い師さんが思わず「死……」と言っちゃうくらいハッキリと視えたそうで、「全ての災悪が一気に降りかかってくるって感じで、見方によっては60代で“死ぬ”と言われても仕方がない」とのこと。カードから想像するに、あんまりいい死に方しなさそうですね……。

60代の出来事はこちら。

・離婚をして、再婚をする
・貯蓄はあったが、投資に失敗する
・親族間で悩み抜いて選択した
 病気の治療法で医療ミスが起こる

・66歳以降に病気で死ぬ(多分がん)

砂流

占いの結果……

僕は、結婚、不倫、再婚に、傷害事件に巻き込まれ巻き込み、裁判沙汰、投資の失敗に医療ミス……などなどかなり破天荒というか、ロックな人生を歩むようです。

だいぶ複雑な気分になってきましたが、自分の将来がハッキリとわかったところで、この結果をもってプロの保険屋さんに、保険に入るアドバイスをもらいに行きます。

auの保険担当者にアドバイスいただきました

保険屋さんの今井さん(写真左)と松浦さん(写真右)

こちらが、保険屋さんの今井さん(写真左)と松浦さん(写真右)。

人物紹介:今井康智さん
プロフィール:au損害保険

人物紹介:松浦勉さん
プロフィール:ライフネット生命

お二人には、僕の将来起こるであろう占いの結果を伝えて、保険を選んでもらいました。

砂流「「今井さん、松浦さん、よろしくお願いします。占い結果が確実に当たると仮定して、おすすめの保険を選んでいただけると嬉しいです。」」

今井「「わかりました。ただ、本当にトラブルが起きる直前のタイミングで保険に入ればいいので、保険会社泣かせな話ですね(笑)。」」

松浦「「そうですよね(笑)。極端な話、50代になってがんになるのであれば、50歳になってから「がん保険」に入ればいいわけです。年齢が上がっていくと月々の保険料は高くなるので、月々の負担額でいうと早めに入ったほうがいい。ですが、払込の累計でいうと、今入らずに50歳になってから入ったほうがお得になるので、将来が本当にわかっているならがんや病気になるギリギリのタイミングで入ればいいですからね。」」

「au医療ほけん」はこちらから

砂流「「僕は10年ごとに、傷害事件や病気、不倫、裁判沙汰など色々な出来事が起きる予定なのですが、そもそも保険適用外なものってありますか?」」

松浦「「病気やケガに関してはまず「医療保険」で備えられます。事故や事件による場合、本人の故意であったり重大な過失、犯罪行為などによるものは対象外となります。」」

今井「「ただ、不倫や離婚によって、慰謝料を請求されるといったものなどは自分の行動の結果なので、そういうものは難しいですね。損害保険でそなえられることって、必ずきっかけがいるんですね。例えば、偶然の事故や、台風で家の屋根が壊れるといった外来性などが必要です。補償にはそのような要素が必要なので、それ以外の例えば、自分から訴訟を起こすといった話は対象外になりますね。」」

砂流「「ありがとうございます。僕が絶対に入っておいた方が良い保険はありますか?」」

保険屋さんの今井さん

今井「「自動車を購入されるので「自動車保険」と、盗難の被害にあうとあるので「火災保険」には入っておいた方がいいでしょうね。あと、「傷害保険」にも入っておいた方がいいと思います。」」

今井「「砂流さんの場合、30代で傷害事件に巻き込まれたときに、その事件でケガをして、後遺症が残ってしまうかもしれないので、「au傷害ほけん 日常の事故」などの傷害保険にご加入された方が良いと思います。月々390円と保険料の負担もそれほど大きくないので、備えておいた方が良いかなと思います。」」

「au傷害ほけん 交通事故」はこちらから

「au傷害ほけん 日常の事故」はこちらから

松浦「「あとは、「就業不能保険」もオススメです。」」

砂流「「それはどういう保険なのでしょうか?」」

松浦「「病気とかケガで働けない状態になったときに、給付金をお支払いする保険です。30代の時もですが、がんの治療など病気で入院していて働けないといったときにも、お支払いできます。」」

砂流「「そういう保険があったことを知りませんでした。「就業不能保険」って、収入の何%みたいな形なのでしょうか? それとも、一定金額支払われるものなのでしょうか?」」

松浦「「我々が提供している就業不能保険「au生活ほけん」は一定金額になります。病気で1日休んだといったことでは適用されませんが、所定の就業不能状態で60日以上働けないといった条件はあるんですけど、条件に合致すれば月々10万円からお支払いができます。」」

松浦「「がん保険などで治療費に備えたとしても、家賃などや車のローンみたいなものまで保障されるわけではないので、生活の維持をするためにも「就業不能保険」はオススメです。」」

保険屋さんの今井さん

砂流「「これはすぐ入ろうと思います!ちなみに、金額はおいくらくらいなのでしょうか?」」

au生活保険

松浦「「34歳から、70歳までの期間で、給付金額を20万円にした場合は、月々の支払額は4,702円になります。所定のauの通信契約をお持ちの方は、最大5年間、月々200円保険料が還付されるので、その間は実質負担額は4,502円になりますね。」」

砂流「「ありがとうございます!」」

「au生活ほけん」はこちら

今井「「あとは、海外でトラブルに巻き込まれるとのことなので、「海外旅行保険」もオススメです。「au海外旅行ほけん」であれば、海外で事故にあって入院することになった場合、治療費や入院費は日本と比べるとはるかに高くつきます。そういった場合のサポートや、例えば、カメラが壊れたなどの携行品損害も付いています。」」

砂流「「今まで気にしたことなかったですが、入っておいた方が良さそうですね。」」

今井「「スマホやタブレットから簡単に申し込みできるので次回海外に行くときに試してみてください。あと、「海外旅行保険」って海外渡航中だけ適用されるもの、ってよく勘違いされますが、海外旅行のために家を出てから家に帰ってくるまでの旅行行程の全てに適用されます。ですので、国内でトランジットしている最中にケガをしたという場合も対象です。」」

「au海外旅行ほけん」はこちら

保険屋さんの今井さんと松浦さん

砂流「「「がん保険」は入っておいた方が良いですか?」」

松浦「「「がん保険」に入ったほうがいいのは間違いないのですが、占いの結果を見る限りがんになる可能性が高いだけで確実にがんになるわけではないので、がんに手厚い「医療保険」のほうが良いかなと思います。ただ、「医療保険」に関しては、50歳までに大きな病気がないのであれば50歳をすぎてから入る形で問題ないと思います。」」

松浦「「auの場合は「au医療ほけん」という保険があり、入院したときの1日あたりの入院給付金額が、5,000円から15,000円まで幅があります。入院するときに大部屋ではなく、個室や少人数部屋が良ければ、1日10,000円の保障にするのが良いと思います。この保険の「おすすめコース」には、がんになった場合、1日当たりの給付金とは別に入院給付金日額の100倍で、100万円をお支払いするという保障もあります。」」

au医療保険

砂流「「金額っていくらくらいになりますか?」」

松浦「「仮に今から入った場合だと、34歳男性、「おすすめコース」、入院給付金日額10,000円、保険料払込期間終身で、月々5,929円です。50歳から入った場合は、同じ保障で、月々10,478円になりますね。」」

砂流「「僕は66歳以降に死ぬわけなので、残った親族のために「死亡保険」にも入っておきたいなぁと思うのですが、どれくらいの金額で入れば良いですか?」」

松浦「「66歳くらいにお亡くなりになるのであれば、お子さんも成人しているので再婚された奥さまにいくらか残すとしても1,000万円くらいあれば十分かなと思います。「au定期ほけん」に50歳から入って20年間かけるのであれば、月々8,021円です。」」

砂流「「月々1万円行かないのであれば、現実的でいいですね。お二人とも、保険の相談にのっていただき、ありがとうございました。」」

「au医療ほけん」はこちらから

今回のまとめ

自分の“将来”がわかっていれば、掛け捨てが無駄にならず最大限保険を活用できるんじゃないか、というひらめきから占い師のもとに相談に行って、保険のプロに保険をオススメしてもらいました。

あくまでも占いが当たることが前提ではありますが、判断材料が何もないよりは将来に対してキチンと備えられそうな気がしました。取り急ぎ、事故や病気で自分が働けないときに給付金がもらえる「就業不能保険」はすぐに入ろうと思います。

今回の保険の支払い金額はあくまで僕の金額ですが、「auのほけん」はスマホやPCで簡単に保険料をシミュレーションできます。記事を読んで保険が気になった方はぜひシミュレーションしてみてください。

「保険料シミュレーション」はこちら

それにしても、不倫に傷害事件に裁判沙汰に医療ミスに……波乱万丈な人生だなぁ。でも人生が予測できてるから、お金の心配は一切なくなりました。60後半で死ぬまでに、もっと人生楽しんどこ。

それでは、また。

文:砂流恵介

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ記事

関連キーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん