KDDI NEWS

2017/10/23

最新のiPhoneを毎月最安で使う方法。iPhone Xでも通信料込みで月々5,198円から!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhone 8、iPhone Xと、最新のiPhoneが発表され、どちらを購入すべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。さらにiPhone 6sユーザーや、これからiPhoneに乗り換えようという人には、iPhone 7も選択肢に入ってくるという三つどもえの状況。

ちなみにTIME & SPACEが実施したアンケートによると、「iPhone買い換えを考える際に気になるポイントは?」への回答でもっとも多かったのは「月々の支払い料金」で、全体の50%を占めました。やはり毎月の使用料金は、みなさん気になるところですよね。

※「iPhone買い換えに関する意識調査」(KDDI株式会社調べ)2017年10月17日〜2017年10月19日/有効サンプル数500名。

そこで今回は、それぞれのiPhoneがどれだけ安く利用できるか、試しにauの最安パターンで比較してみたいと思います。その結果、高そうなイメージのiPhone Xでも翌月から1年間、月々5,198円からと、auなら意外とお手頃な料金で使えることがわかりました。

史上最高スペックのiPhone Xが、翌月から1年間、月々5,198円から利用できる!

iPhone史上最大の有機ELディスプレイや、顔認証機能、10倍の光学ズームというカメラ機能など、最高のスペックを誇る魅力的なiPhone Xですが、「機種代金が高い」というイメージがあります。そして、気になるのはやはり月々の料金。

細かく調べてみると、auの新料金プラン「auピタットプラン(スーパーカケホ)」(2,138円)と、機種代金(実質2,670円/月)、「アップグレードプログラムEX」(390円)で、月々5,198円からと、お手頃価格で利用することができることがわかります。

<48回払いの場合> 64GB:現金販売価格/支払総額128,160円(分割支払金:2,670円×48カ月)頭金0円 実質年率0% 支払回数48回/支払期間50カ月

※1 KDDI直営店の販売価格です。実際の機種代金のお支払額は店舗により異なる場合があります。 ※2 「LTE NET」+「2年契約(誰でも割)」+「auスマートバリュー」+「ビッグニュースキャンペーン」適用時の合計額です。 ※ その他、記事下の注意事項(★)をご確認ください。

2年間のトータルコストが安くなる理由のひとつが、iPhoneの機種代金が最大半額になるという「アップグレードプログラムEX」です。

※機種変更翌月分以降の分割支払金のお支払いを免除(最大24カ月分)

こちらはスマホの機種代金を48回(4年間)の分割払いにして、25カ月目(2年と1カ月)にauの新たなスマホに機種変更すると、残りの分割支払が不要になるというプラン。機種変更の際は今まで使っていたiPhoneは回収されるという条件があるものの、実質半額でiPhone Xが使えるので、2年間のトータルコストをぐっと抑えることができます

▼アップグレードプログラム EX

そしてもうひとつの理由は、データ定額料が使ったぶんだけ5段階に変動する「auピタットプラン」と、新規契約もしくは機種変更(購入)で1年間1,000円割引が適用される「ビッグニュースキャンペーン※」などの条件にあります。

※受付期間は2017年9月22日から2017年12月31日(日)まで。機種変更(購入)、新規契約(他社からお乗りかえ含む)と同時に「auピタットプラン」もしくは「auフラットプラン」にお申し込みの場合、翌月から1年間割引。

※1 「auピタットプラン」は、データ利用量に応じて自動的に定額料が変動する4G LTEスマートフォン専用プランです。 ※2 「毎月割」は適用外。

上の図の通り、1GBまでの利用ならデータ通信料金は翌月から1年間、月2,138円。しかもこれ、1回5分までの国内通話がかけ放題の「スーパーカケホ」もコミコミの料金です。特に出張などが続いてデータ通信を使いまくる月と、全然使わない月がバラバラという人には「auピタットプラン」はまさにぴったり。

月に1GBだとちょいと少ないかもというイメージですが、移動中のデータ通信が少なかったり、自宅や職場ではWi-Fiを使うという人、そもそも在宅ワーカーでWi-Fiの利用が多いという人は、上手に利用することでデータ通信量を抑えることができそうです。

▼auピタットプラン ▼ビッグニュースキャンペーン ▼auスマートバリュー

iPhone 8は、機種代金込みで月々4,433円から!

美しい背面のガラス処理にワイヤレス充電、基本性能のアップと、iPhone 7からの進化が充実している最新のiPhone 8(64GB)。

こちらもauの新料金プラン「auピタットプラン(スーパーカケホ)」(2,138円)と、機種代金(実質1,905円/月)、アップグレードプログラムEX(390円)で、翌月から1年間、月々4,433円からと、最新のiPhone 8でも月々4,000円台で使えるんです。

<48回払いの場合> 64GB:現金販売価格/支払総額91,440円(分割支払金:1,905円×48カ月)頭金0円 実質年率0% 支払回数48回/支払期間50カ月

※1 KDDI直営店の販売価格です。実際の機種代金のお支払額は店舗により異なる場合があります。 ※2 「LTE NET」+「2年契約(誰でも割)」+「auスマートバリュー」+「ビッグニュースキャンペーン」適用時の合計額です。 ※ その他、記事下の注意事項(★)をご確認ください。

iPhone 7と比べ、かなり充実したスペックアップが図られているiPhone 8が、今お使いのスマホと同等の料金で利用できてしまうかもしれないのです。これまでのiPhoneの使用感に慣れて気に入っている人にとっては、強力な選択肢になりそう。

iPhone 8とiPhone Xのスペック比較については以下の記事をご覧ください。

iPhone 7なら、機種代金込みで月々3,878円から!

iPhoneを買い換えたいけど、最新モデルじゃなくてもいい。そんな方におすすめしたいのがiPhone 7です。

こちらも「auピタットプラン」や「アップグレードプログラムEX」を利用することで、翌月から1年間、月々3,878円で利用可能! なんと4,000円以下で使うことができます。この金額なら、たとえば始めてのiPhoneという人でも気軽に乗り換えできそうです。

<48回払いの場合> 32GB:現金販売価格/支払総額64,800円(分割支払金1,350円×48カ月)頭金0円 実質年率0% 支払回数48回/支払期間50カ月

※1 KDDI直営店の販売価格です。実際の機種代金のお支払額は店舗により異なる場合があります。 ※2 「LTE NET」+「2年契約(誰でも割)」+「auスマートバリュー」+「ビッグニュースキャンペーン」適用時の合計額です。 ※ その他、記事下の注意事項(★)をご確認ください。

iPhone8、iPhone Xのニュースで影が薄くなっていますが、iPhone 7は発売からまだ1年程度。防水防塵性能やFeliCa対応など、性能的にiPhone 6sから大きく進化したiPhone7が3,000円台で使えるとなれば、iPhone史上でも「コスパがとても良い」1台といえそうです。

結論:iPhoneはトータルの月々の料金で選ぶべし

以上、いよいよ揃い踏みしたauのiPhoneシリーズの最安パターン比較でした。もちろん、料金は比較検討するうえでの一要素に過ぎませんが、大事な検討項目であることには違いありません。iPhoneは、キャンペーンなどを上手に利用しながら、使用年数トータルで考えたときの月々の利用料金で選ぶべし、というのが結論といえそうです。

ちなみに、対象機種の他社からお乗りかえ(MNP)の場合には、au WALLET プリペイドカードへ10,000円キャッシュバックされるキャンペーン「auデビュープログラム」も開催されています。au以外のユーザーはこちらも注目です。

それにしても、iPhone 7なら月々3,000円台から、iPhone 8なら月々4,000円台から、そして最高スペックのiPhone Xでも月々5,000円台から使えるとは本当に意外でした!

auホームページ内にある「料金シミュレーター」や、お近くのauショップに相談して、ご自身の利用状況と照らし合わせながら考えてみてはいかがでしょうか?

注)掲出した機種代金はKDDI直営店価格です。実際のお支払いは店舗により異なります。

★「2年契約(誰でも割)」は2年単位で更新となります。途中解約などの場合、契約解除料(9,500円)がかかります(更新期間を除く)。 ★新規契約・機種変更3,000円の契約事務手数料が別途必要です(一部機種からの機種変更は2,000円)。 ★別途、通話・通信料、その他オプション料、ユニバーサルサービス料などがかかります。

文:TIME & SPACE編集部

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

CLOSE

さん