2021/10/19

「Apple Watch Series 7」はどう進化した?「Series 6」「SE」と比較して特長を深掘り

2021年10月15日に発売された「Apple Watch Series 7」。モデル名のとおり、Series 7(第7世代)となるApple Watchは、はたしてどのような進化を遂げたのだろうか。

Apple Watch Series 7

昨年発売された「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」と比較を交えながら、「Series 7」の特長を紹介しよう。

【目次】

“フェイス”が変わり、さらに進化した「Series 7」

「Series 7」で大きく変わったのは、ケースとディスプレイサイズだ。時計のキャラクターを決める“フェイス”が変わったのは、「Series 3」以来、今回で2回目となる。ディスプレイは大きく、ケースの外枠は薄くなり、表示領域が大きくなった。これにより視認性の向上とともに、操作性が飛躍的に高くなった。目に見えるフルモデルチェンジを果たしたのである。

最大のトピックは、ディスプレイサイズの拡大

ここからは項目ごとに比較していこう。まずは、ケースとディスプレイサイズについて。

最初に紹介したとおり、「Series 7」の最大のトピックは、ケースとディスプレイサイズの変更だ。まず、ケースサイズは「Series 6」「SE」では44mm / 40mmだったが、「Series 7」では45mm / 41mmと1mmずつ大きくなった。

一方、ケースの外枠は40%縮小し、表示領域は20%拡大、「Series 3」からは50%以上も拡大した。

Apple Watch Series 7のサイズ比較

ケースの黒い外枠がグッと細くなり、ディスプレイのギリギリまで文字盤やコンテンツが表示されるようになった。ちなみに本体のサイズは変更されたが、これまでのバンドも引き続き使えるのがうれしい。

Apple Watch Series 7は画面ギリギリまで表示

また表示サイズの拡大により、画面内のボタンサイズが大きくなり、操作性は大きく向上。新たにソフトウェアキーボードが利用できるようになり、AIによる単語予測などをサポート。Apple Watchでもテキスト入力ができるようになった。

Apple Watch Series 7のキーボード

耐久性とディスプレイ輝度が向上

「Series 7」はデザイン面の変更だけでなく、耐久性も向上している。ディスプレイを覆う前面クリスタルが最大50%厚くなり、「Series 6」の2倍以上の強度を誇るとされ、亀裂への耐久性も改良している。

さらに、常時表示Retinaディスプレイがさらに明るくなった。手首の上げ下げで輝度が調整されるが、手首を下げている低輝度時でも、「Series 6」と比べて屋内で70%以上も明るく見えるようになった。

バッテリー性能と防水性能もさらに高まり、安心感がアップ

「Series 7」のバッテリー駆動時間は「Series 6」「SE」と同じく、1回の充電で最大18時間だが、充電速度が33%の高速化を果たしている。充電システムが刷新されており、同梱の高速充電に対応したUSB-Cケーブルを使うことで、約45分でバッテリーを0%から80%まで充電できるようになった。たとえば、8時間の睡眠の計測を行うために必要な充電時間はわずか8分で済むという。

さらに、Apple Watchとして初めてIP6X等級の防塵性能に対応したほか、「Series 6」「SE」から引き続き水深50mもの耐水性能を実現。全方位的に頼もしさが増している印象だ。

評価の高いヘルスケアとワークアウト機能も強化

ヘルスケア機能では、「Series 6」から引き続き、血中酸素の測定や心電図の計測に対応。定常的に身体機能をモニタリングしてくれることは、未病の観点からも心強い存在といえるだろう。

Apple Watch Series 7の血中酸素測定

ワークアウトでは、自転車の運動測定が大幅に強化された。ペダルを漕ぎ出すと自動的に自転車のワークアウトが起動するほか、自転車の転倒も検知してくれる。電動自転車を利用している場合でも、正確なカロリー計測を実現した。

Apple Watch Series 7は自転車の運動測定が強化

素材とカラーバリエーションは豊富にラインナップ

そして、Apple Watchを選ぶ際に悩ましいのが、ケースの素材とカラーバリエーションだ。「Series 7」にはアルミニウム、ステンレススチール、チタニウムの3種類のケースが用意されている。カラーバリエーションは下記のとおり。

アルミニウム:ミッドナイト、スターライト、グリーン、ブルー、(PRODUCT)レッド

Apple Watch Series 7のアルミニウムのカラーバリエーション

ステンレススチール:シルバー、グラファイト、ゴールド

Apple Watch Series 7のステンレススチールのカラーバリエーション

チタニウム:チタニウム、スペースブラックチタニウム

Apple Watch Series 7のチタニウムのカラーバリエーション

このほかにも、すっかり定番となったNikeやエルメスによるコラボモデルもラインナップ。バンドとのマッチングもあわせて検討したい。

スペック比較

最後に、「Series 7」「Series 6」「SE」それぞれの主なスペックを確認しておこう。

モデル名 発売年月 ディスプレイサイズ ディスプレイ常時表示 重量
(GPSモデル・アルミニウム)
厚さ チップ デジタルクラウン 転倒検出 心拍センサー 心電図機能 血中酸素濃度センサー 位置情報 バッテリー駆動時間 ストレージ容量 ケースの素材 防水
Series 7 2021年 10月 45/41mm 45mm:約38.8g
41mm:約32.0g
約10.7mm デュアルコアS7 SiP 触覚的なクリック感に対応 第3世代の光学式心拍センサー GPS、コンパス 最大18時間 32GB アルミニウム/ステンレススチール/
チタニウム
水深50mの耐水性能
Series 6 2020年 9月 44/40mm 44mm:約36.5g
40mm:約30.5g
約10.7mm デュアルコアS6 SiP 触覚的なクリック感に対応 第3世代の光学式心拍センサー GPS、コンパス 最大18時間 32GB アルミニウム/ステンレススチール/
チタニウム
水深50mの耐水性能
SE 2020年 9月 44/40mm × 44mm:約36.2g
40mm:約30.5g
約10.7mm デュアルコアS5 SiP 触覚的なクリック感に対応 第2世代の光学式心拍センサー × × GPS、コンパス 最大18時間 32GB アルミニウム 水深50mの耐水性能
※Internet Explorer ブラウザでは、スクロールが機能しない場合がございます。

ディスプレイサイズ同様、存在感を増したApple Watch

これまでもApple Watchは持ち主に寄り添ってくれる頼もしい存在だったが、「Series 7」は力強さと美しさがより増した印象だ。ディスプレイサイズが大きくなるなどデザインのリニューアルに加え、耐久性が増し、充電速度が向上したほか、さまざまな機能がアップデートされている。数世代前のモデルを使用している人はもちろん、Apple Watchの購入で悩んでいた人も、この機会にその実力を体感してみてほしい。

文:吉州正行

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook