2020/06/23

災害時にも役立つ! 大容量モバイルバッテリーの選び方、規格の知識、おすすめを紹介

近年、大雨や大型台風、地震などの自然災害が増えており、同時にその影響による停電も頻繁に報告されている。そういった場合でも、回線さえ切れていなければ、スマホは家族との連絡や情報収集といった場面で非常に役に立つ。そのためにもいざというときの充電手段は、常に備えておきたい。そこでおすすめなのが、大容量バッテリーだ。

大容量モバイルバッテリー

最近ではスマホ以外にもモバイルバッテリーで充電できる機器も増えており、平時であれば外出先でタブレットやノートPCを使う際や、キャンプなどのレジャーシーンなどで大いに活躍してくれるだろう。

そこで本記事では、大容量モバイルバッテリーの選び方や、容量以外に考慮すべき点、おすすめのモバイルバッテリーを紹介する。

モバイルバッテリーの容量

まずは、容量の基礎知識。バッテリーの容量は「mAh」という単位で表される。最近のスマホの内蔵バッテリーは概ね3,000~4,000mAhで、たとえば「Xperia 1 II」と「Galaxy S20 5G」は4,000mAh、「AQUOS R5G」は3,730mAh、「TORQUE G04」は2,940mAhだ。

バッテリー容量を示すmAhの図版

モバイルバッテリーについても同様に、容量はmAhで表されている。この数値を目安に自分に合ったモバイルバッテリーを選ぶことになるが、モバイルバッテリーの容量は、そのままスマホに充電できる容量ではない。充電時に損失するエネルギーがあるので、実際に利用できるのは規格の数字そのままとはせず、少なめに見ておくと良いだろう。

また、容量はそのままバッテリーの大きさにも比例する。同じバッテリーであれば、大容量のものほど製品も大きくなるため、普段から持ち運ぶのか、もしものときに家に置いておくのか、使い方によって容量を選ぶと良い。

容量以外に着目すべき点

モバイルバッテリーを選ぶうえで容量はもっとも重視すべき項目だが、それ以外にも気をつけておきたい点がいくつかある。ここではその項目について紹介する。

①充電規格(速度)

充電端子をつなぐUSBには短時間で充電できる急速充電の規格がいくつかあるが、利用するには充電する側(モバイルバッテリー)と、される側(スマホなど)の双方が同じ規格に対応している必要がある。代表的なところでは、「USB PD(Power Delivery)」や「Quick Charge(QC)」があるので、自分の機器が対応しているか、商品説明書などで確認しておくと良い。

■USB PD(Power Delivery)

・USB Type-Cの充電規格。
・W(ワット)数が高いほど高速に充電。
・USB PDに対応したケーブルが必要。
・ケーブルは3A対応と5A対応の2種類あり、PD60W以上では5Aケーブルが必要。

USB PD(Power Delivery)のポート

■Quick Charge(QC)

・Qualcomm(クアルコム)社が策定した充電規格で、充電される側がQualcomm製のチップを採用していないと利用できない。
・Qualcomm社のSnapdragonを搭載しているAndroidで広く普及している。
・USB Type-AでもType-Cでもどちらでも使える。
・Quick Chargeに対応したケーブルが必要。

Quick Charge(QC)のポート

②充電ポートの種類と数

もうひとつ確認しておきたいのが、モバイルバッテリーが搭載している充電ポートの種類と数だ。大容量モバイルバッテリーは同時に複数機器への充電が可能で、複数のポートを搭載していることが多い。ただし、普段自分が利用している機器に合ったポートを備えていないと、充電ケーブルを差し込めないので注意したい。

モバイルバッテリーの充電ポート

たとえば、モバイルバッテリーに搭載されているUSB Type-Cポートは、規格上、USB Type-CポートあるいはLightningポートを備えている機器にのみ充電できる。そのため、手持ちのスマホがmicroUSBの場合は差込口の形状も違うため、モバイルバッテリーにUSB Type-Cポートがあっても充電することができない。

スマホだけでなく、もしものときに充電するノートPCやタブレットなど、できるだけ自分が利用している機器の数に近いポート数があるバッテリーを選ぼう。

おすすめ大容量モバイルバッテリー

ここからは、おすすめの大容量モバイルバッテリーを紹介する。容量重視のものから持ち運び可能なタイプまで紹介するので、モバイルバッテリー選びの参考にしてほしい。

・120,600mAhの超大容量と3種類の出力方法で災害時にも役立つ「Anker PowerHouse」

Anker PowerHouse

合計で最大30W出力が可能(1ポート最大2.4A)なUSB Type-Aポートを4つ搭載。USB Type-Cポートは非搭載だが、代わりに120W(110V=1.09A)に対応したACコンセントと12Vのシガーソケットを備えている。ACコンセントにUSB PD出力に対応した充電器を接続することも可能だ。

Anker PowerHouse

小型のラジカセほどのサイズで重さも4.2kgあるので、さすがに普段持ち歩く「モバイルバッテリー」とはいえないが、万が一のときに1台あれば、スマホや携帯ゲーム機、PCの充電だけでなく、照明器具やサーキュレーターや小型冷蔵庫などにも利用できる。キャンプなどレジャー時の携帯品としても十分な性能だ。なお、スマホなら約40回のフル充電が可能となっている。

商品名/Anker PowerHouse
発売元/アンカー・ジャパン
バッテリー容量/120,600mAh
価格/49,800円(税込)
重量/約4.2kg

・iPhone 11を10回以上フル充電可能! おにぎり型モバイルバッテリー「cheero Power Mountain 50000mAh」

cheero Power Mountain 50000mAh

「おにぎり型」というユニークな形状が目を引くが、50,000mAhと大容量でiPhone 11の場合、10回以上のフル充電が可能。USB PD 45Wに対応したUSB Type-Cポート1つと、12W(5V/2.4A)に対応したUSB Type-Aポートを2つ備え、複数台のスマホやタブレットを充電できる優れものだ。

cheero Power Mountain 50000mAh

三角型の形状を活かし、タブレットなどを立てかけて使用できるので、普段はスタンドとしてデスクに置いておける。また、衝撃に強いアルミケースと強力なLEDライト、簡易の防滴カバーがついているので災害時やアウトドアにも役立つ。

商品名/cheero Power Mountain 50000mAh
発売元/ティ・アール・エイ株式会社
バッテリー容量/50,000mAh
価格/14,500円(税込)
重量/約860g

・手のひらサイズで出力100Wの充電モンスター ZENDURE「Supertank」

Zendure Supertank

スーツケースのようなデザインで、やや厚みのあるiPhoneほどのサイズながら、27,000mAhという大容量。スマホを7〜10回充電できるほか、USB PDの最大出力である100Wにも対応し、ハイスペックなノートPCなども充電可能だ。

Zendure Supertank

出力ポートはUSB Type-Aポートが2つ(18W出力と15W出力に対応)とUSB Type-Cポートを2つ(100W出力と60W出力に対応)搭載し、最大4台のデバイスに電力を供給できる。また、あらかじめフル充電しておけば、半年間利用しなかったとしても95%の電力を維持できるので、災害対応としてもおすすめ。

商品名/Supertank
輸入:ゼンデュア・ジャパン株式会社
開発元:Zendure USA Inc.
バッテリー容量/27,000mAh
価格/19,800円(税込)
重量/約500g

・持ち歩きが可能なサイズで2台同時に充電!「Anker PowerCore Essential 20000」

Anker PowerCore Essential 20000

持ち歩きが可能なサイズでありながら20,000mAhの超大容量。USB PDおよびQuick Chargeには非対応だが、Ankerの独自技術であるPowerIQとVoltageBoostによって、ほとんどのUSB機器で最適な速度での充電が可能。

Anker PowerCore Essential 20000

出力ポートはUSB Type-Aポートが2つ(各ポート最大2.4A、2ポート合計で5V=3A)。入力ポートとしてUSB Type-CポートとMicro USBポートを備えており、ケーブルに合わせ て選べる点が便利だ。急速充電には対応していないが、スマホの充電がメインであれば、十分な性能といえる。

商品名/Anker PowerCore Essential 20000
発売元/アンカー・ジャパン
バッテリー容量/20,000mAh
価格/3,999円(税込)
重量/約343g

・USB PD対応で大容量・高出力!「ELECOM PD20000mAh 50W出力 モバイルバッテリー DE-C19L-20000BK」

ELECOM PD20000mAh 50W出力 モバイルバッテリー DE-C19L-20000BK

USB Type-CポートとUSB Type-Aポートを備えており、最大出力は12W。2ポート同時使用時の最大出力は50Wとなる。

ELECOM PD20000mAh 50W出力 モバイルバッテリー DE-C19L-20000BK

USB PD 45W出力にも対応し、容量は20,000mAh。iPhone 11なら4回はフル充電できる。

商品名/DE-C19L-20000BK
発売元/ELECOM
バッテリー容量/20,000mAh
価格/23,826円(税込)
重量/約385g

大容量モバイルバッテリーは普段使いはもちろんのこと、もしものときのためにも備えておきたい。容量の大きさは安心につながり、複数の充電ポートは自分だけではなく、家族や友人などの助けにもなる。電池の容量と大きさ、重さ、価格だけではなく、自身の生活にいかに活用できるかを考え、最適なものを選択したいところだ。本記事を参考に、ぜひ試してみてほしい。

文:山本竜也

この記事は役に立ちましたか?
ご回答ありがとうございました。よろしければ評価の理由を教えてください。
※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。
  • 78

おすすめキーワード

最新情報はこちらでチェック
CLOSE

さん