2019/05/16

入浴や料理タイムを充実させる『防水スマートスピーカー』をおすすめする3つの理由

  • 9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入浴中や料理中は「耳がヒマ!」

近年、さまざまなメーカーから発売されているスマートスピーカー。

どの部屋に置くかは、使い方や生活スタイルによって人それぞれだが、最近、「風呂場がいちばんフィットする」という意見を聞くようになった。その理由は実際に風呂場に置いてみればすぐにわかる。「入浴中は耳がヒマ」なのだ。

浴室に置くには防水機能が必須ということになるが、実はスマートスピーカーにも防水機能を備えたものが増えていることをご存知だろうか。

そこで今回は水回りでも使用できる「防水スマートスピーカー」に注目。お風呂だけでなくキッチンやアウトドアなど、防水だからこそ活躍するさまざまなシーンごとに、おすすめの防水スマートスピーカーを紹介する。

活用シーン①
お風呂時間を有効活用! 音楽再生はもちろん、情報収集やスケジュール確認も

浴室のフックにかけられている防水スマートスピーカー

お風呂とスマートスピーカーは、実はとても相性がいい。朝風呂派なら、スケジュールを確認したりニュースを流しておけば出勤前の時間を有効に使えるし、夜風呂派なら、音楽につつまれたリラックスタイムを堪能できる。

ほかにも、本を持ち込む代わりに小説を読み上げてもらったり、お風呂を出る前にあらかじめ「リビングのエアコンつけて」と指示しておくなど、家電との連携も非常に便利だ。このようにスマートスピーカーは、入浴時間を実に有効活用してくれる。

活用シーン②
料理のサポートから日用品の購入まで! 台所に立ちながら家事をこなせる

キッチンに置かれたソニー製の防水スマートスピーカー

最近では、スマホでレシピサイトを確認しながら料理をする人も多いだろう。しかし、料理中は手が濡れていたり、汚れていたり、そもそも両手を使っていたりとスマホを操作するのは少し面倒……。

そんなときでもキッチンにスマートスピーカーがあれば、レシピの確認や気になるメールの確認など、ボイスアシスタント機能を利用してさまざまな「ながら操作」ができる。防水仕様なら、水濡れを心配することもない。

さらに、お買いもの前に冷蔵庫を見ながら、買い物リストを音声メモで記録(スマホと共有すれば買い物先で確認可能)できるほか、通販サイトと連携して、そのまま飲み物や調味料、日用品を注文することもできる。

また、料理中に手がふさがっている状態でタイマー設定できるほか、レシピのボイス対応アプリをインストールしておけば、冷蔵庫の中の食材を伝えるだけで献立を教えてくれるのでとても便利だ。

活用シーン③
Wi-Fiがあれば、プールサイドやキャンプなどのアウトドアでも使えて便利

プールサイドに置かれたULTIMATE EARS製の防水スマートスピーカー

近年、流行しているグランピングをはじめ、レジャー施設でもWi-Fi環境が整備された施設が多くなりつつある。そんな環境下であれば、防水スマートスピーカーを使ってみてはいかがだろう。

防水仕様だからキャンプ場やプール、海や川などの屋外レジャーで、突然の雨に降られたり、水しぶきがかかったりしても大丈夫。キャンプ場で火起こしや料理をしているときでも、音声で曲を変更したり、ニュースをチェックすることも可能だ。ジャンルを指定すれば、それに沿った音楽を自動で検索して流してくれるので、さまざまなシーンやタイミングに適した曲を楽しめる。もちろん音量など、周囲に十分配慮して利用しよう。

おすすめの防水スマートスピーカーを紹介

ここからは、おすすめのスマートスピーカーを紹介したい。

実は防水対応のスマートスピーカーは、まだそれほど多くの種類が発売されていない(2019年5月現在)。そんななかでもおすすめの防水スピーカーをいくつかピックアップする。

■Mobvoi「TicHome Mini」(Googleアシスタント対応)
Googleアシスタントを搭載し、直径11cm、276gと小型・軽量のMobvoi(モブボイ)製の「TicHome Mini」。国際電気標準会議で決められた機器の防水性能を表すJIS防水保護等級で「IPX6」の評価を得ているため、バスルームや洗面所などで強いシャワーを当てても問題ないレベルだ。

TicHome Mini

内蔵バッテリーで最大6時間連続使用ができるので、バスルームで安心して使うことが可能。さらに、取り外しできる特徴的なストラップがついており、さまざまな場所に簡単にぶら下げて使うことができる。

TicHome Mini

商品名/TicHome Mini
メーカー/Mobvoi
AIアシスタント/Googleアシスタント
価格/11,999円(税込)

■ソニー「LF-S50G」(Googleアシスタント対応)
Googleアシスタントを搭載し、シンプルなデザインで、丸みのあるフォルムが印象的なソニーの「LF-S50G」。JIS防水保護等級「IPX3」なので、コンセントにつながっていても、キッチンなどで食器を洗っているときに水しぶきがかかる程度ならまったく問題なし。

LF-S50G

上向きのフルレンジスピーカーと、下向きのサブウーファーを向かい合わせにした「対向配置2ウェイスピーカーシステム」を採用しているので、360度どこから聞いても聞こえ方が変わらないという音質へのこだわりがさすがのソニー製。さらに「ジェスチャー機能」を搭載しており、声だけでなく、手の動きで操作することが可能だ。

また、一目で時刻を確認できる時計表示や、スマホとBluetooth接続し、ワイヤレススピーカーとしても使えるなど、さまざまな機能がありとても便利。

LF-S50G

商品名/LF-S50G
メーカー/ソニー
AIアシスタント/Googleアシスタント
価格/オープン価格

■ULTIMATE EARS「BLAST」(Amazon Alexa対応)
日本ではPC用マウスなどでもおなじみのLogicool(ロジクール)社の子会社であるULTIMATE EARS(アルティメットイヤーズ)の「BLAST」。Amazon Alexaを搭載し、防塵性能に加えて30分間の水没に耐えられる防水性能となる「IP67」(※iPhone 7 / 7 Plus以降と同等)を得ている。

BLAST

最大12時間稼働のバッテリー式なので、プールやレジャー施設などでもバッテリー残量を気にせず使うことが可能。さらに、アルティメットイヤーズは音響専門メーカーなので、音質もすばらしい。防水・防塵に加え、ポータブルで使用できるのは心強いかぎりだ。

LF-S50G

商品名/BLAST
メーカー/ULTIMATE EARS
AIアシスタント/Amazon Alexa
価格/19,035円(税込)※Amazon価格(2019年5月13日時点)

お風呂やキッチン、アウトドアでのレジャーなど、手を使わずに操作ができ、音楽やニュースなどを楽しめる防水スマートスピーカー。これまで利用できなかった環境でスマートスピーカーを使うことでさらに充実した時間を過ごすことができるだろう。ぜひ、さまざまなシーンで試しながら、快適な生活を楽しんでほしい。

みんなの「ほしい!」がプレゼントに!?

たくさん集まるとプレゼントになるかも!!

ほしい!
45
PUSH!

文:河野拓実/安東渉(EditReal)

おすすめキーワード

今月のプレゼント

SNSでも最新情報をお知らせ!
CLOSE

さん