2017/09/12

| 更新

2022/07/19

iPhoneで撮影した「.heic」が開けないときの対処法 jpgへの変換や「HEIF」の特長など解説

普段、iPhoneを使っていてもあまり意識している人は多くないかもしれないが、2017年にリリースされたiOS 11以降(モデルではiPhone 8、iPhone Xのころ)、iPhoneで撮影する写真データは「.heic(ヘイク)」、動画データは「.hevc(エイチイーブイシー)」が標準となっている。

よく目にする画像形式としては「.jpeg(jpg)(ジェイペグ)」「.png(ピング)」「.tif(ティフ)」などがあるが、「.heic」もそういった画像形式の一種だ。なお、「.heic」というのはファイル名の末尾に付く拡張子の名称で、画像形式としては「HEIF(ヒーフ)」が正式名称だ。

「.heic」は画像形式の一つ

この「HEIF」という画像形式は、画像容量を大幅に圧縮できるのが特長だが、まれに、一部のAndroidスマホや、標準サポートされていないWindows PCではiPhoneで撮影した「HEIF」の写真を開けないことがある。

そこで「HEIF(.heic)」の特長とともに、「.jpeg」など別の画像形式に変換する方法などを紹介する。

【目次】

iPhoneの標準データ形式「HEIF」「HEVC」とは

「HEIF」は、「High Efficiency Image File Format」を略したもので、直訳すると「高効率画像ファイルフォーマット」となる。動画の「HEVC」は「High Efficiency Video Coding」の略で、効率よく高画質のまま動画を圧縮することができる技術だ。ちなみに、「HEVC」の正式名称が「H.265/MPEG-H HEVC」であるため「H.265」と呼ばれることもある。

iPhoneの標準データ形式「HEIF」「HEVC」とは

いずれもApple製品以外ではあまり見かけないが、Appleの独自規格というわけではなく国際標準化機構(ISO)で定められた標準規格だ。

では、「HEIF(.heic)」がどれくらい容量を圧縮できるかというと、たとえばiPhoneで撮影した2.5MBの画像が、「HEIF(.heic)」なら1.25MBまで圧縮される。「.jpeg」でこれだけ画像を圧縮してしまうと被写体がギザギザになったり、色の境界線が滲んでしまったりと劣化してしまうが、「HEIF(.heic)」ならその心配は限りなく少ない。

また、もうひとつの特長として10bit画像のサポートが挙げられる。「.jpeg」で表現できる色はRGBの各色8bitで最大24bit(約1,677万色)が上限となっているが、「HEIF(.heic)」では各色10bit、計30bitで最大約10億6,433万色を表現できる。

画質の劣化が少なく、高効率な圧縮でファイルサイズを小さくできるなど、いいことずくめの「HEIF(.heic)」だが、当初はAppleデバイス以外では普及があまり進まず、AndroidやWindowsで画像が見られないという問題も多かった。しかし最近では、ほかの人との画像共有で良く利用されるLINEやTwitter、そしてGmailなどではHEIFを自動でJPEGに変換してくれるようになっている。

AndroidでもHEIFを見ることができる

そのため、iPhoneとAndroid間での写真の共有については、ほぼ問題なくなっているのだが、iPhoneで撮影した写真データをそのままWindows PCに転送して加工したい場合などに、その写真データを開けないこともある。そのような場合には、「.heic」を「.jpeg」に変換したり、拡張機能を使ったりすることで解決できる。方法は、以下から説明する。

AndroidスマホやWindows PCで「.heic」を「.jpeg」に変換する方法

受け取った「.heic」のデータがAndroidスマホやWindowsで開けなかった場合、「.jpeg」に変換したり、開くための方法がいくつかある。

手軽なのは、Googleフォトを利用する方法だ。Googleフォトは「.heic」ファイルをアップロード・表示が可能で、アップロード後にブラウザ経由でダウンロードを行うと、「.jpeg」に変換されたものをダウンロードできる。もちろん、「.heic」に対応したiPhoneなどでは、「.heic」のままダウンロード可能だ。

また、Windowsの標準機能で「.heic」ファイルを表示したい場合、Microsoftでは「Windowsフォト」を「.heic」対応にする「HEIF 画像拡張機能」を、Microsoft Storeにて無料で配布している。ただし、これを利用するには、別途120円で販売されている「HEVC ビデオ拡張機能」が必要だ。

AndroidスマホやWindows PCで「.heic」を「.jpeg」に変換する方法

iPhoneで撮影する写真を「.jpeg」にする方法

そもそもiOS 11以降のiPhoneでは、標準で高効率な「.heic」で記録されるが、設定から「.jpeg」での記録に変更することができる。設定後、画像は常に「.jpeg」で保存されるので互換性を心配する必要はない。

ただし、「.jpeg」はファイルサイズが「.heic」の約2倍となる。単純計算では、iPhoneのストレージに保存できる写真の枚数が半分になってしまう。

頻繁に写真を共有する相手が「.heic」を開けない、あるいはWindowsで写真を保存・加工することが多いが自分の環境では「.heic」を開けないという場合は、「.jpeg」にしておくメリットもある。自分の使い方にあわせて判断してほしい。

設定の方法は下記の通り。

「設定」から[カメラ]▶[フォーマット]をタップ。

iPhoneで撮影する写真を「.jpeg」にする方法

[互換性優先]を選択すると、以降の写真は「.jpeg」、動画は「H.264」で保存される。「H.264」は、「.heic」と「.jpeg」同様に、前述の「HEVC(H.265)」よりも圧縮率が低く、ファイルサイズは大きくなる。

iPhoneで撮影する写真を「.jpeg」にする方法

iPhone単独で「.heic」を「.jpeg」にする方法

撮影自体は「.heic」で行うが、必要な場合のみ写真を「.jpeg」に変換することもできる。利用するのは、iPhoneの「写真」アプリと「ファイル」アプリだ。

撮影した写真を開き、[共有アイコン]から[写真をコピー]をタップ。

iPhone単独で「.heic」を「.jpeg」にする方法

「ファイル」アプリを開き、[このiPhone内]など好きな場所で空いたスペースを長押しする。

iPhone単独で「.heic」を「.jpeg」にする方法

[ペースト]を選択すると、JPEG形式で写真がコピーされる。

iPhone単独で「.heic」を「.jpeg」にする方法

コピーした「.jpeg」画像を「写真」アプリで表示したい場合には、「ファイル」アプリで画像を開き、[共有アイコン]から[画像を保存]をタップする。これで「写真」アプリに、「.jpeg」画像に変換された画像が追加される。

iPhone単独で「.heic」を「.jpeg」にする方法

iPhoneからPCに転送する際に自動で「.jpeg」に変換

あらかじめ設定しておくと、「.heic」や「.hevc」を自動的に互換性のあるフォーマットでMacまたはWindows PCに転送することもできる。ただし、ここでいう「転送」は有線接続した場合のみなので注意してほしい。

「設定」▶[写真]をタップ。下部までスクロールし、[MACまたはPCに転送]で[自動]をタップする。

iPhoneからPCに転送する際に自動で「.jpeg」に変換

なお、アプリを使って共有する場合、「.heic」のままか「.jpeg」になるかは、この設定に関わらず利用するアプリによって変わってくる。LINEやGmailの場合には、アプリ側で自動的に「.jpeg」に変換を行ってくれるが、AirDropで共有する場合は「.heic」のままといった具合だ。

ほかにもクラウドストレージでは、Dropboxは共有時に「.jpeg」への変換を選択できるが、GoogleフォトやOneDriveは「.heic」のままとなっている。

「.heic」が開けないときは変換してみよう

劣化することなく、容量が少なく保存できるHEIF形式。だが、新しい技術には付きものと言えるが、互換性などの問題で共有する際にやや不便なこともある。対応するサービスも増えてきてはいるが、共有する頻度や環境にあわせてスムーズな方法を試してみてほしい。

文:山本竜也

この記事の評価をお願いします

ご回答ありがとうございました。
よろしければ評価の理由を教えてください。

※300文字以内でご入力下さい。
※ご入力いただいた内容については今後の改善に利用させていただきます。
※返信は行っておりませんので、個人情報のご入力はご遠慮下さい。

最新情報はこちらでもチェック

  • メール
  • LINE
  • twitter
  • facebook